トップ > tenki.jpサプリ > トピックス > 記事概要 > うがい・手洗い・マスクは、日本だけの不思議な習慣⁉(2015年3月14日)

トピックス

   2015年3月14日

うがい・手洗い・マスクは、日本だけの不思議な習慣⁉


うがい、手洗い、マスクは、日本だけの独特の習慣であるって知っていましたか?

うがい、手洗い、マスクは、日本だけの独特の習慣であるって知っていましたか?

インフルエンザや胃腸炎などの流行にようやく終わりが見えてきたかなと思ったら、次は花粉症にも悩まされる季節が到来!
この時季、帰宅後の「うがい」と「手洗い」はもちろん、マスクを手放せない人も多いのではないでしょうか。
でも、うがい、手洗い、マスクは、日本だけの独特の習慣であることをご存じですか? 実はこの3つ、「効果がない」という説がある一方、方法を間違っている人が多いというデータもあるんです。本当のところはどうなのでしょうか。

うがいとマスクでウィルス侵入は防げない⁉

感染症予防の3大対策ともいえる「うがい・手洗い・マスク」ですが、これは外国人から見るとかなり珍しい行動様式のよう。
「いったん喉まで入れた水を吐き出すなんて信じられない!」(うがいを目にした、ある外国人の感想)
「日本では危険な病気でもはやっているの?」(花粉症の季節に日本人の多くがマスクを着用する様子を見た、ある外国人の感想)
……といった、驚きの声も多く聞かれます。

古くから定着している「うがい」ですが、近年の研究で体内へのウィルス侵入防止には科学的な効果がないことが明らかになっていて、政府広報のインフルエンザ対策でも、すでに「うがい」は挙げられていません。
また、ウィルスの粒子はとても小さいため、一般的なマスクはウィルスを含んだ咳やくしゃみなどの飛沫と、花粉やハウスダストなど粒子の大きいもの以外には効果なし。このことは、よく見ると市販品のパッケージにも明記されているはずです。中にはウィルスの侵入を防ぐマスクも存在はしますが、高価なので日常的に使うにはちょっと厳しいかもしれません。

どちらも長年習慣にしている人にとってはショッキングな話ですが、「うがい」「マスク」も、世界トップレベルの“きれい好き”の日本人ならではの習慣なのかもしれませんね。

むしろ気をつけたいのは「接触感染」

まず「マスク」ですが、鼻と口をマスクで覆うことによって粒子の大きいものの侵入を防ぐことができますし、風邪やインフルエンザにかかってしまった場合、他人への感染を防ぐ効果があります。さらに、粘膜をしっとりさせることで鼻やのどのトラブルを軽減したり、乾燥を好むウィルスの力を弱めるといったメリットも。
次に「うがい」ですが、口の中やのどを水でゆすぐことで、炎症を起こして熱を持った粘膜をクールダウンしたり、ウィルス以外の細菌や汚れを一掃するという効果があります。

ただし、むしろ気をつけたいのは「接触感染」。
接触感染とは、感染者がくしゃみや咳を抑えた手から広がっていく感染です。具体的にいうと、感染者の手が触れたドアノブやつり革、スイッチなどを通して、ウィルス、細菌が別の人の手から口や鼻の粘膜へ……という流れが、感染経路の一例。手洗いは、こうした感染を防ぐための有効な手立てとなっているのです。

世界に誇れる日本の「手洗い」

前述した「接触感染」防止に効果があるのが「手洗い」ですが、これもうがいやマスクと同じく日本的な習慣とされていますが、正しいやり方で行えば、ウィルス、細菌感染を防ぐ方法としてとても有効です。とはいえ、神経質に洗いすぎることで、本来ヒトが保有すべき菌まで殺してしまうのは考えものですが、正しい方法はぜひ覚えておきたいもの。

手洗いのポイント
●洗うタイミング……トイレのあと・調理の前・食事の前・帰宅時
●鉄則……せっけんを使う・20秒くらいかける・清潔なタオルでふく
●洗い方……せっけんを泡立て、みぞやくぼみがある部位、ものに触れる指先などに気をつけながら、「手のひら・甲・親指のまわり・指の間・つめ・手首まわり」の6カ所をしっかりと洗い、水でしっかり洗い流す

ちなみに、開発途上国では正しい手洗いで100万人の子どもたちの命を感染症から守ることができるともいわれ、日本ユニセフが中心となって世界に手洗いを広める動きもあるそうです。

感染を防ぐと同時に、免疫力を高めよう!

感染を防ぐ方法をお伝えしてきましたが、ウィルスが体内に入っても全員が発症するわけではありません。まずは、感染を防ぐと同時に、免疫力を高めることがとても大切です。
免疫力を高めるためには、規則正しい食事や睡眠はもちろん、ストレスをため込まないよう、適度に気分転換や日常に運動を取り入れるよう心がけましょう。
そうはいっても「忙しくて無理!」という人は、まずは短時間でも質のよい睡眠をとることから始めてみては? 数十分、あるいは数時間の睡眠でもずいぶんカラダが軽くなった感じを実感できるはず。

せっかく春がやってきたのですから、明るい日射しをエネルギーに、不調知らずの元気あふれる日々を過ごしてくださいね。

(2015年3月14日)


日直予報士最新の5件

強烈寒気 北は大雪 西日本の峠で積雪

11月17日 18時43分

18日、土曜日は北海道を中心に大荒れの恐れ。暴風に警戒。19日、日曜日は真冬並みの寒気が流れ込むでしょう。北海道や東北は大雪の恐れ。北陸から...

週末は全国激寒 都心9度で真冬並み

11月17日 16時34分

日本列島に寒波襲来。土曜日の関東は真冬並みの寒さで、東京の最高気温は札幌と同じ9度の予想。日曜日は全国の約6割で最高気温が10度以下の予想。...
星空のイメージ図

あすの未明「しし座流星群」が極大

11月17日 15時45分

あす18日(土)の午前1時ごろ、しし座流星群の活動が極大に。月明かりの心配がなく、条件は良いでしょう。気になる各地の天気をまとめました。
東北地方 大雨 暴風警戒期間

【東北】大荒れの土曜日 雪の日曜日

11月17日 13時46分

あす18日土曜日は、発達する低気圧の影響で、東北地方では日本海側を中心に大荒れになるでしょう。日本海側では大雨、暴風に警戒してください。19...

週間天気 寒さ続く 底は日曜日

11月17日 12時13分

あす土曜日は低気圧の通過で北日本を中心に荒れる。日曜日は全国的に年末年始の頃の寒さ。その後も、平年より気温の低い日が多い。晴れてもポカポカ陽...

今日の天気(全国)

18日04:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ