トップ > PM2.5分布予測

PM2.5分布予測

2015年08月31日21:00初期値

降水量を重ねる

風向・風速を重ねる

北海道地方 東北地方 関東・甲信地方 関東・甲信地方 北陸地方 東海地方 近畿地方 中国地方 四国地方 九州地方 沖縄地方 沖縄地方

凡例:極めて多い:非常に多い:多い:やや多:やや少:少ない

主な地点(09月01日)

各都道府県内の測定値(速報)の最大値

01日 15:00現在

東京

32

大阪

49

京都

15

愛知

15

広島

10

福岡

14

PM2.5ご利用上の注意

■PM2.5分布予測
PM2.5分布予測では、分布傾向を弱い方から下記の表現で掲載してます。

  • □・・・ほぼ無(透明)
  • ・・・少ない(濃い水色)
  • ・・・やや少(薄い水色)
  • ・・・やや多(黄緑)
  • ・・・多い(黄)
  • ・・・非常に多(薄いオレンジ)
  • ・・・極めて多(濃いオレンジ)

現時点では、PM2.5分布予測情報は、東アジアスケールで定性的に予測する精度はありますが、都市スケールの精度や定量的な精度について、まだ不十分な部分があります。都道府県内地域での予測値は、当該地域を含む広いエリアの平均値を表示しています。なお、予測情報では、濃度の数値は扱っておりません。

■測定値(速報値)

  • PM2.5の測定値は、各自治体(都道府県または市町村など)のホームページを参照しています。
  • 測定値は速報値のため、後日修正されることがあります。
  • 測定値が36以上の場合、赤字表記となります。
  • 更新のタイミングにより、一部の測定局で一時的に欠測することがあります。
  • PM2.5の測定は、機器の状況、周辺環境の影響を強く受ける場合がございます。
    (機器の状態によりマイナスの値を表示する、野焼き・たき火等で測定値が一時的に急上昇するなど)
  • tenki.jpでは、一般環境大気測定局と自動車排出ガス測定局の2種類の測定局の測定値を表示しています。一般環境大気測定局は、大気汚染防止法第22条に基づいて、環境大気の汚染状況を常時監視(24時間測定)する測定局です。自動車排出ガス測定局は、大気汚染防止法第20条及び第22条に基づいて、自動車排出ガスによる環境大気の汚染状況を常時監視する測定局です。
  • 測定値は逐次更新されますが、予測データは1日1回の更新のため、測定値と予測データで差異が生じる場合があります。
  • tenki.jpでは正常なデータ表示に努めますが、メンテナンスなど都合により情報が更新されない場合もございます。
  • tenki.jp内でのデータ表示についてお気づきの点がございましたら、自治体ではなくtenki.jpお問い合わせ先までご連絡下さい。
  • 過去の測定値などは、tenki.jpでは扱っておりません。各自治体(都道府県または市町村など)にお問い合わせください。
今話題のPM2.5とは? 今話題のPM2.5とは?
簡単にPM2.5を解説。正しい知識で情報を活用しよう!
iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2以上

全国のコンテンツ

このページの先頭へ