トップ > tenki.jpサプリ > ライフ > 記事概要 > 今年は19年に一度の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」(2014年12月20日)

ライフ

   2014年12月20日

今年は19年に一度の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」


12月も半ばを過ぎると、一日一日が、ことさら速く感じるようになりますね。
「今年も残りわずか…」そんな、年を惜しむ気持ちに合わせてやって来る歳時記に『冬至(とうじ)』があります。

今年は19年に一度の『朔旦冬至(さくたんとうじ)』です。
「朔旦冬至って何?」…その意味を知って、季節をしっかり味わいましょう…。

そもそも、冬至とは何でしょう?

歳時記によると「冬至…二十四節気の一つで、太陽の黄経が270度に達したとき。新暦の十二月二十二日ごろにあたり、北半球では一年中で昼が最も短い…」とあります。

二十四節気は、二週間ごとに季節の節目を定め、その移ろいを表わしている歳時記です。中でも、夏至と冬至は、昼夜の時間の節目として大きな存在です。それは、古代中国において、冬至を一年のはじまりとしていたことと関係があります。

時計を思い浮かべてください…冬至が12時・夏至が6時、9時に春分、3時に秋分で四分割。その他の節気を5分刻みに置き、時計の反対周りに季節が巡る…そのように作られたのが二十四節気であり、冬至がはじまりの時であることを示します。
別名『一陽来復(いちようらいふく)』は、陰(夜)がきわまり陽(昼)が復する、という意味でお目出度い日とされ、五穀豊穣や無病息災を願う日となりました。

今年の冬至は新月。だから…

では、『朔旦冬至』はどう特別なのでしょうか?

新月は月の満ち欠けの始まりの日(朔旦)にあたります。今年の冬至は新月と一緒。
と言うことは…月と太陽の始まる日が重なり、『朔旦冬至』となります。

太陽と月の運行が重なるこの周期は、19年に一度で訪れ、月と太陽が『調和する貴重な日』として、盛大にお祝いをされていた時代もあります。
この日を大切に過ごすことで、一年の感謝と来たる年への良い準備ができそうですね。

南瓜・小豆・柚子に込められた想い

冬至の定番、南瓜・小豆・柚子が選ばれた訳は、と言うと…
語呂合わせで『ん』のつく食べ物で運気を上げるから『南瓜=なんきん』、赤い色は邪気を払う=小豆粥、旬の香りの力が邪気払いに最適=柚子、が選ばれました。

どの習慣も、悪しきものを払い自らを清め、運を引き寄せるために先人が考えた習慣です。そして、これが季節に必要な温めにも繋がっているのが不思議ですね。
『ん』のつく他の食材は、だいこん・にんじん・れんこん…など根菜が多く、鍋や煮込みの定番です。
また、粥は小豆以外に、ナツメで出汁を取りクコの実をトッピングする中華粥にアレンジするのも体温めに効果抜群です。

19年に一度の貴重な巡り合せの日、月と太陽に思いを馳せ、美味しく暖かくして…無病息災を祈りましょう。

(2014年12月20日)


日直予報士最新の5件

22日正午ごろ・蔵王

アイスモンスター見頃 東北の天気

2月22日 21時2分

アイスモンスターが見頃です。22日、宮城県では天気の崩れを心配することなく、アイスモンスターとも呼ばれる樹氷を見ることができました。東北の天...
関東の風の予想(23日午前9時)

関東 また春の嵐 ここ一週間で3回も

2月22日 19時12分

23日の関東地方は、また南風が強まり、春の嵐に。この7日間に、3回も荒れた天気に見舞われそうです。東京都心の気温は、今年2回目の20度以上に...

北海道 春と冬を行ったり来たり

2月22日 17時13分

昨日(21日)の道内は、強い冬型の気圧配置で道央圏を中心に雪が降り、札幌中心部も日中は風が強く、ふぶいた時間帯もありました。また、最高気温は...
九州の風の様子(22日午後4時半現在)

九州から風強まる 交通機関の乱れ注意

2月22日 16時58分

あす(23日)にかけて、全国的に荒れた天気に。すでに、九州で風が強まり始めています。帰宅の際は、交通機関の乱れにご注意ください。

荒天注意 あす朝の通勤 横なぐりの雨

2月22日 16時37分

明日(23日)にかけて、また春の嵐に。南風が強まり、荒れた天気になるでしょう。大気の状態が非常に不安定で、傘が全く役に立たないような非常に激...

今日の天気(全国)

23日04:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ