トップ > tenki.jpサプリ > ライフ > 記事概要 > 三夕の和歌で「もののあはれ」の秋に浸ろう(2015年11月24日)

ライフ

   2015年11月24日

三夕の和歌で「もののあはれ」の秋に浸ろう


全国の紅葉も見頃を迎えました。色鮮やかな秋の光景は、改めて日本人で良かったと体感できる貴重な宝ですね。一方で日本人は古くから、寂しさ、物悲しさを詠うことで秋の情感を際立たせる方法も知っていました。そんな「もののあはれ」を秋の夕暮れに込めた、「三夕(さんせき)の和歌」を思い出してみましょう。新古今和歌集に収められた、有名な三つの和歌です。

三夕の和歌とは、中世に詠まれた「秋の夕暮れ」テーマの歌

「三夕の和歌」とは、新古今和歌集に収められた、「秋の夕暮れ」を結びの体言止めとした次の三首の名歌を差します。作者は、いずれも平安末期から鎌倉初期に活躍した歌人です。


「さびしさはその色としもなかりけり真木(まき)立つ山の秋の夕暮れ」  寂蓮

「心なき身にもあはれは知られけり鴨(しぎ)立つ沢の秋の夕暮れ」  西行

「見渡せば花も紅葉(もみじ)もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ」  定家


三つの歌の意味を追ってみましょう。

秋の夕暮れのあはれの幽玄を詠う三首

・さびしさはその色としもなかりけり真木立つ山の秋の夕暮れ


特に紅葉ではないその色が寂しいという訳でもないのだけれど、真木の立つ山の秋の夕暮れは、どことなく寂しさを感じるものだ…という歌ですね。真木は槙ともいい、杉や桧など、常緑の高木のこと。あえて紅葉ではない常緑の色を秋の歌の主役にすることで、かえって対比や欠乏感が強調されています。


・心なき身にもあはれは知られけり鴨立つ沢の秋の夕暮れ


出家して風流を解せぬこの身にも、しみじみと「もののあはれ」は感じられるものだ。鴫が飛び立つ沢辺の秋の夕暮れには…という意味ですが、鴨が飛び立った後の秋の余韻を感じますね。「心なき」は漂泊歌僧、西行の謙遜です。大磯の海岸で詠んだという説があり、大磯町には、鴫立庵という300年以上続く俳諧道場もあります。


・見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ


見渡すと花も紅葉も無い。苫葺きのみすぼらしい小屋がところどころにあるだけの海辺の秋の夕暮だ…。そう詠んだ定家の歌。「さびしい」「あはれ」という感情・情緒表現は一切排除していますが、逆に一層わびしさ、哀しさを際立たせています。寂しい海辺の風景にある、花も紅葉も問題にならないほどの趣を表現した歌である、という解釈もあるほど。『源氏物語』の「明石」からイメージしたともいわれていますね。
大磯町の鴫立庵

大磯町の鴫立庵

新しい「もののあはれ」を発見してみよう

三つの歌は新古今和歌集巻第四(秋上)に、続けて並べられています。同じスタイルの終わり方をしていることもあり、いつの頃からか、あはれを詠う「三夕の歌」とも呼ばれて親しまれるようになりました。

万葉集、古今集から新古今集という変遷の中で、日本の歌は変化を遂げています。素朴でおおらかな万葉集から、仮名文字など表現方法の広がった古今和歌集へ。そして歌にも次第に仏教思想が取り入れられ、新古今和歌集で、無常観は頂点に達します。

和歌は、古くて新しい世界。解説本にもバラエティがあり、和歌を題材にしたコミックにも、人気作品が目白押しです。来年はお正月の「百人一首」をきっかけに、和歌にもう一度親しんでみませんか。新鮮な「もののあはれ」を発見できるかも知れませんよ。


参考文献:角川学芸出版『新古今和歌集全注釈 二』

(2015年11月24日)


日直予報士最新の5件

あす全国約8割で霜が降りるほど冷えるNEW!

11月20日 16時39分

あす(21日)朝の通勤、通学も万全な寒さ対策を。寒気の影響で、冷え込みが強まるでしょう。全国のアメダスのうち約8割で霜が降りるほど冷え込みそ...

今季一番の寒さ 都心と大阪10度台NEW!

11月20日 15時55分

20日も日中は11月とは思えない寒さに。午後3時までの最高気温は今季一番低くなった所が多く、真冬並みの寒さの所も。都心は10度4分、大阪は1...

11月なのに大雪 初雪や初冠雪続々NEW!

11月20日 15時11分

19日から20日にかけては日本海側を中心に雪が降り、11月としては大雪となった所もありました。仙台や金沢などで平年より早い初雪を観測。西日本...

北海道 広く真冬日に

11月20日 12時43分

今日(20日)の北海道は、上空に真冬並みの寒気が居座ります。真冬日の所が多い見込みで、かなり寒い一日となりそうです。太平洋側で、かろうじてプ...

朝は全国の約5割で氷点下 都心3度台

11月20日 12時8分

20日の朝は全国的に強烈な冷え込みとなり、全国の約5割で気温が氷点下に。都心の最低気温は今季一番低く、3度6分でした。仙台は今季初めて氷点下...

今日の天気(全国)

20日14:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ