トップ > tenki.jpサプリ > ライフ > 記事概要 > 一陽来復!江戸時代から続く冬至の日の過ごし方。東京・早稲田「穴八幡宮」で金運UP(2015年12月21日)

ライフ

   2015年12月21日

一陽来復!江戸時代から続く冬至の日の過ごし方。東京・早稲田「穴八幡宮」で金運UP


今年も年の瀬となり、あっという間に日が暮れてしまう日々が続きますが、明日22日は「冬至」。一年で最も日照時間が短く夜が長い日です。そんな冬至の日に早朝から人々で賑わうスポットが、東京・早稲田にある「穴八幡宮」。「一陽来復(いちようらいふく)」のお守りを受けに参拝し金銀融通を願う、江戸時代から今に伝わる冬至の日の過ごし方をご紹介しましょう。

金運アップにご利益あり?! 江戸時代から人々で賑わう「穴八幡宮」の冬至祭

東京都新宿区の早稲田大学のキャンパスのほど近く。早稲田通りと諏訪通りが交差する場所に、「穴八幡宮(あなはちまんぐう)」という神社があります。地元の人には、「八幡様」、「穴八幡」、と呼ばれ親しまれているこの神社ですが、創建は1062年(康平5年)。名の由来は、八幡神を祠る別当寺を建てるために境内南側の崖を整地したとき横穴が現れ、そこに金銅の阿弥陀像が発見されたことから。以来、穴八幡宮と呼ばれるようになり、商売繁盛や金運UP、出世、開運、蟲封じなどにご利益があるとされています。

毎年この神社で冬至の日に行われるのが「冬至祭」。江戸の元禄年間あたりから、冬至の日の「穴八幡宮」は早朝から人々で大賑わい。歳末の江戸の風物詩となっています。
冬至の日は毎年大勢の参拝者で賑わう穴八幡

冬至の日は毎年大勢の参拝者で賑わう穴八幡

金銀融通のお守り「一陽来復(いちようらいふく)御守」は、冬至から節分まで頒布

ときに長い行列になる穴八幡宮の冬至のお参り。人々のお目当ては、「一陽来復(いちようらいふく)御守」です。

「一陽来復(いちようらいふく)」とは、冬至の別名。太陽の力が最も弱った後に日々回復していくことから、冬が終わって春になるという意味や、これから幸運が訪れるといった、ポジティブな意味合いがある言葉です。
穴八幡宮に伝来する「一陽来復御守」は、財運・金運アップのお守りとして、江戸から今に伝わる特別なものなのです。

さて、このお守り、白い紙を丸めたような円筒形の立体的な構造。つまり、筒状になっているのですが、この中にお祓いされた金柑(キンカン)と銀杏(ギンナン)が1個ずつ包まれています。
キンカンとギンナンで「金」と「銀」。
金銀財宝に不自由することなく、融通がついて苦しむことがないということから、金運アップ、商売繁盛を願う人々が広く全国から集うのだそうです。

「一陽来復御守」の頒布は冬至の日から、翌年の節分まで。たとえ冬至に行けなくても、節分までに行けば受けられますので、都合のいい日にぜひ参拝しておきたいところですね。
境内にも詳しい説明書きが(写真は昨年のもの。恵方は毎年変わります)

境内にも詳しい説明書きが(写真は昨年のもの。恵方は毎年変わります)

お守りを受けた帰りは境内で「柚子(ゆず=融通)」を買い、三朝庵で縁起物の「融通そば」を

また一陽来復のお守りは、「融通さん」とも呼ばれているとか。「融通=滞りなく通じる」ということで、「(お金の)融通がきくように」との意味合いから、「ゆうずう」を「ゆず(柚子)」にかけ、境内では柚子の出店が多く出ています。
(「湯治」にかけた「冬至」の風習、「柚子湯」にもつながりますね)

お守りもいただき、柚子も求めたら、ぜひ神社のはす向かいにある「三朝庵」へ。ここは、早稲田大学出身者なら知らない人はいないというおそばや。「元大隅家御用」とか「元近衛騎兵連隊御用」という看板にちょっぴり威厳が漂う江戸創業の老舗ですが、店内は早大生ご用達のあったかい感じのお店です。
(カツ丼やカレーうどん発祥の地であることでも有名です)

この店で冬至から節分までいただけるのが、縁起物の「融通そば」。一陽来復のお守りが頒布される期間中は、必ず毎年立ち寄っていく参拝者も多いようです。一杯そばを食した後、女将さんに「また来年もくるよ」なんていって常連さんが帰って行くのも、冬至の日ならではの情景です。
「融通そば」は、どんなものかといえば、そばのつゆに柚子の皮を入れたもの。特製の「ゆず粉」をたっぷりかけていただきます。
(天麩羅そばでも、きつねそばでも、柚子を添えればこの期間は、どれでも融通そばになるというわけです)
おろし天ぷらそばも柚子が香る融通そばに

おろし天ぷらそばも柚子が香る融通そばに

「一陽来復御守」は冬至、おおみそか、節分いずれかの夜中12時に恵方に貼るべし

さて、持ち帰った「一陽来復御守」。帰宅後に自宅の壁に貼るのですが、これにはちょっとしたルールがあります。

穴八幡宮へお守りをいただきに行くのは、冬至~節分のいつでもいいのですが、自宅に貼ってお祀りできる日は、わずか3日間。冬至、大晦日、節分の夜中12時ジャストに、その年の恵方へ文字を向け、部屋の壁か柱のなるべく高いところに貼ると決められているのです。

お守りといっしょに詳しい説明書もいただけるので、あらかじめ読んでおき、方角と貼るタイミングなど事前に準備してから、しっかりと落ちないようにお祀りしましょう。除夜の鐘と同時に貼るというのも、いい節目になりそうですね。


無病息災を祈る意味合いもある冬至。健やかな生活のベースとなる金銀融通を願うのも、昔も今も変わらない一般庶民の願いです。

……明日の冬至は、(お近くの方は)穴八幡宮へお参りに行くもよし。柚子湯に入るもよし。カボチャや小豆などを食べるもよし(南京、餡と「ん」がつく冬至の縁起もの)。
あわただしい年の瀬ですが、しばしほっと一息つく時間をとって、一年をふりかえりつつゆったりとお過ごしください。
冬至、大晦日、節分に祀りましょう(説明書きも昨年のもの)

冬至、大晦日、節分に祀りましょう(説明書きも昨年のもの)

(2015年12月21日)


日直予報士最新の5件

金曜日 都心も雪が降る?NEW!

1月17日 16時33分

20日(金)は、都心周辺も含めて、関東の平野部でも雪が降る可能性があります。
2017年春のスギ花粉飛散開始予測 前線図

【第3回】2017年春の花粉飛散予測

1月17日 14時30分

日本気象協会は2017年春の花粉飛散予測第3報を発表しました。2月上旬に九州北部や中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンがはじまり、3月...

寒波去り 東京4日ぶり10度以上

1月17日 14時6分

今日(17日)は日本列島からは強烈な寒波は抜けて、日本海側の雪は弱まっています。太平洋側は晴れて、日差しの温もりを感じられる所が多くなってい...

北海道 次の大雪は来週に

1月17日 13時21分

昨日(16日)も道北やオホーツク海側を中心に雪が降り、週末から月曜日にかけて連日30センチくらい雪の降った所があり、週のスタートを雪かきに追...

12月の世界平均気温 2番目に高い

1月17日 11時43分

気象庁は、2016年12月の世界の月平均気温を発表しました。平年より0.33度高く、1891年の統計開始以来、2番目に高い値となりました。

今日の天気(全国)

17日16:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ