トップ > tenki.jpサプリ > レジャー > 記事概要 > 東北の桜はこれから!各県の一本桜に逢いに行きませんか? 特集|【東北の桜の名所】(2017年4月6日)

レジャー

   2017年4月6日

東北の桜はこれから!各県の一本桜に逢いに行きませんか? 特集|【東北の桜の名所】


小岩井農場の一本桜(岩手県)

小岩井農場の一本桜(岩手県)

今年のお花見はもうされましたか? 今回は、東北各県の一本桜をご紹介いたします。東北には、「日本一」のソメイヨシノや「三大桜」、文献やテレビでおなじみの桜、個性的な桜など、魅力的な名木がいっぱい! 例年ゴールデンウィーク中にお花見を楽しめるスポットも多く、旅行先としてもおすすめです。年度始めは忙しくて近所の桜を見損ねてしまったという方、東北の桜に逢いに行ってみるのはいかがでしょうか。

弘前公園には日本一がふたつある(青森県)

■弘前公園のソメイヨシノ
日本で一番お花見が盛んともいわれる青森県。弘前公園では、ソメイヨシノをはじめ、シダレザクラやヤエザクラなど52種・約2600本が園内をピンクに染め上げます。この公園には「日本一古いソメイヨシノ」があるのをご存じでしょうか。旧藩士の菊池楯衛から1882年(明治15年)に寄贈されたもので、現存するソメイヨシノでは日本最古のもの。さらに、三の丸には「日本一太いソメイヨシノ」も! 幹周5.37メートル、高さ約10メートル。植栽時期は最古のソメイヨシノと同じ可能性もあるそうです。今年で100年目を迎える「弘前さくらまつり」。日本三大夜桜としても有名な、ライトアップされた夜桜と弘前城天守の美しさも必見ですよ。
公式サイト

青森県のお出かけ天気は?

大輪の「塩竈桜」衝撃的な無言のお神輿とは(宮城県)

■鹽竈(しおがま)神社の「鹽竈桜」
淡紅色の大輪が咲くサトザクラ系の八重桜で、例年5月上旬に見頃を迎えます。「鹽竈桜」は桜のなかでも古くから知られ、江戸時代には井原西鶴の小説や近松門左衛門の戯曲にも登場するほど知名度の高い桜でした。この木は単木の高齢木であったため、国の天然記念物に指定された後で枯死してしまい、一時指定解除されたこともあったそうです。4月25日の花まつりでは、白丁と呼ばれる白い装束に身を包んだ担ぎ手が、かけ声も含め一切の言葉を発することなく鐘と太鼓・雅楽が流れる中をしずしずと進んでいくという、衝撃的な?お神輿も。
公式サイト

宮城県のお出かけ天気は?

連続テレビ小説でも有名な一本桜はココ!(岩手県)

■小岩井農場の一本桜
残雪の秀峰岩手山を背景に、緑の大地に根を張る一本桜(樹種:エドヒガン)。NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」で有名になりました。一本桜があるこの草地は、現在は農場の牛などの餌になる牧草を収穫する畑ですが、昔は牛の放牧地だったそうです。牛は暑さが苦手なので、夏の強い日差しから牛を守る「日陰樹」として、明治40年代 (約100年前)に植えられたものといわれています。宮沢賢治作品にも幾度となく登場する小岩井農場。バター作り体験や、搾り立ての牛乳で作られたソフトクリームなど、桜とともに春の自然を満喫できるスポットです。
公式サイト

岩手県のお出かけ天気は?

坂上田村麻呂の悲しい恋を伝える桜の木(山形県)

■伊佐沢(いさざわ)の久保桜
推定樹齢約1200年の、エドヒガンの巨木です。樹高13.85メートル、根周10.8メートル、幹周8.1メートルにも及び、枝の広がりが四反にもなることから「四反桜(よんたんざくら)」と呼ばれていました。また、坂上田村麻呂とお玉(地元の豪族久保氏の娘)との悲恋伝説に因んで「お玉桜」とも呼ばれています。恋慕のあまり病死したお玉を偲んで、田村麻呂がこの桜を植えたというのです。大正3年には国指定天然記念物に指定され、同時に周りにも桜を植えたのだそうです。久保の桜と周りの桜が競い合うように咲く姿は圧巻! 開花に合わせて開催されるさくらまつり期間中は、地元保存会の売店や屋台が並び、ライトアップ(日没から22:00まで)された幻想的な夜桜も楽しめますよ。
公式サイト

山形県のお出かけ天気は?

温泉から眺めるカスミザクラに心癒されて(秋田県)

■かすみ温泉の桜
温泉旅館の奥に見える、樹齢400年以上の大きなカスミザクラ。白っぽく霞がかかったように見えることからこの名がついたといいます。山肌に咲く野生種の桜で、都会の公園などではあまり見られない美しさです。幹周り5m、樹高約14mと全国のカスミザクラの保存樹の中でも際立っていて、県の天然記念物にも指定されています。日帰りも可能な温泉は、無色透明で硫黄の香りのする湯(高血圧・糖尿病・婦人病などに効能があるそうです)。桜が満開になる5月上旬頃には、浴室からも景色を一望することができ、家族連れにも人気です。
公式サイト

秋田県のお出かけ天気は?

日本三大桜のシダレザクラ「三春滝桜」(福島県)

■三春滝桜(みはるたきざくら)
推定樹齢1000年を超えるベニシダレザクラです。国の天然記念物に登録され、「日本三大桜」のひとつに数えられています。シーズンには薄紅色の花が咲き誇り、まるで滝の水が重なり落ちるように見えることからこの名が付いたといわれています。毎年、開花の時期に合わせて売店の出店や夜桜のライトアップも実施され、その迫力ある美しさを一目見ようと多くの人が訪れています。混雑時には、無料シャトルバスの運行も。三春町内には1万本以上桜があり、そのうち約2000本がシダレザクラで「日本さくらの名所100選」にも選ばれています。
公式サイト

福島県のお出かけ天気は?
いかがでしたか? 寒風に負けず一本でがんばってきた大きな木。その桜色に、心をあずけてみては。
他にもご紹介しきれなかった魅力的な桜がいっぱいあります。関連リンク『全国の桜開花情報』もぜひチェックしてみてくださいね。いろんなお出かけスポットで、桜シーズンを満喫しちゃいましょう!

<注意事項>
■写真はイメージです
■ライトアップ期間や施設・イベントの詳細等は、公式サイトで最新の情報をご確認のうえお出かけください

(2017年4月6日)


日直予報士最新の5件

3か月予報 この冬はどんな冬?NEW!

11月24日 19時32分

きょう(24日)発表された最新の3か月予報をもとに、この冬の天候の見通しをまとめました。北日本の気温は12月は平年並みか平年より低くなります...
北海道12月~2月の天気傾向

北海道12~2月 強い寒さ続きにくい

11月24日 18時38分

24日、札幌管区気象台は12月~2月の北海道の3か月予報を発表しました。気温は、12月は平年並みか低いですが、1月と2月は平年並みか高い予想...

強い寒気再び流入中 北日本大雪に注意

11月24日 17時59分

北日本を中心に真冬並みの寒気が流れ込んでいます。北海道や東北は25日(土)ごろにかけて大雪に注意が必要です。

ポカポカ続かず 関東12月は厳寒も

11月24日 16時33分

関東地方は来週中頃にかけて比較的過ごしやすい日が多くなりそう。ただ、来週末から再び寒気が入り、12月上旬はまた寒くなります。さらに12月中旬...

北海道で今世紀最多の雪

11月24日 12時57分

11月に入って、度々訪れる寒気。北海道をはじめ東北や北陸には真冬並みの寒気が流れ込んでいます。北海道では今世紀に入って、もっとも雪が多く降っ...

今日の天気(全国)

24日20:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ