トップ > tenki.jpサプリ > サイエンス > 記事概要 > 「ファースト・ペンギン」って何? 可愛いだけじゃない!! びっくりぽんなペンギンの集団生活とは(2016年1月24日)

サイエンス

   2016年1月24日

「ファースト・ペンギン」って何? 可愛いだけじゃない!! びっくりぽんなペンギンの集団生活とは


アデリーペンギン

アデリーペンギン

NHK連続テレビ小説『あさが来た』で、五代友厚がヒロイン(明治の女性実業家)にそっくりな生きものがいる、といって絵まで描いてみせたのが「ペングイン」。いやたしかに可愛いけど、女性にいきなりあなたはペンギン似だと伝えるものだろうか? と戸惑った方もいらっしゃることでしょう。それは、南極で冷たい氷の海に最初に飛び込む「ファースト・ペンギン」のことだったのです。あかちゃんも命がけの、南極集団生活とは?

「ファースト・ペンギン」は生け贄だった?!

ペンギンたちが氷の上でおしくらまんじゅうしていたら、端っこにいた1羽がついにポチャンと入水!! その最初に飛び込む1羽を「ファースト・ペンギン」と呼ぶそうです。だんだん押されて「あ〜れ〜」と落下したようにも、「えいっ」と意を決して自ら飛び込んだようにも見えますが、この1羽の存在には大きな意味があるようです。

野生のペンギンは、1年間に2000万トン以上のエビ・カニ・イカ・魚などを食べているといいます。これは日本やアメリカの年間漁獲量のなんと約4倍!! 「ペンギンさえいなければ・・・」と漁師さんたちに陰口をたたかれてしまうくらいの大食漢なのです。その食事のためには、当然海に入って狩りをしなければなりません。ですが、海の中にはペンギンのご飯たちが泳ぐだけではなく、ペンギンをご飯にしようとしているヒョウアザラシたちも待ち伏せているのですね。

そこで、「ファースト・ペンギン」が飛び込みます。彼(彼女)が血だらけになって浮いてきたら、他のペンギンは飛び込まないで逃げる。もしスイスイ泳いで魚をゲットしていたら、次々に飛び込んでいくのです。そんな生け贄的な・・・と思うかもしれませんが、種として1羽でも多く生き残るための自然の知恵といわれています。
それに危険がなかった場合は、最初に飛び込んだペンギンは 逃げ出す前の魚をお腹いっぱい食べられる特典つき!ハイリスク・ハイリターンですね。じつは「ファースト・ペンギン」は、ビジネス用語。最初に新たな事業に手を出すことはリスクも伴うけれど、成功したときの利益も大きい。そしてたとえ失敗したとしても、結果を後に続く者に役立ててもらうことができる。五代友厚さんは、そんな励ましをこめてヒロインを「ペングイン」に例えていたようです。
誰が行く?

誰が行く?

南極にいるのは2種類だけ! 寒がりやさんも

エンペラーペンギン
エンペラーペンギン
ペンギンの皆さんは南極在住! と思いきや、南極にはアデリーペンギンとエンペラーペンギンしかいないそうです。現在いる18種類のペンギンたちは 南半球のあちこちに住んでいて、中には赤道近くで暮らしているガラパゴスペンギンも。もともとペンギンは、大昔には暖かい地域で陸地に穴を掘って暮らしていたともいわれます。日本の動物園では、フンボルトペンギンは冬になるとストーブにあたっているという噂も・・・ちょっと意外ですね。

寒さに強いペンギンは優れた保温システムをもっているため、逆に高温多湿の環境では熱中症になりやすいのです。アデリーペンギンは気温が4℃になるとクチバシを開けてハアハアし、エンペラーペンギンは20℃を超えるとストレスで落ち着かなくなるそうです。断熱効果の高い羽根や、動脈と静脈が互いに絡み合った特殊構造の血管になっている脚で、ブリザードのなか氷の上に立ち続けていても冷えにくい体になっています。

世界でいちばん過酷なイクペンたちの子育て

歩く胃袋たち
歩く胃袋たち
南極の、もっとも寒い季節を選んで子育てする エンペラーペンギン。
お母さんは卵を1個だけ産むと、お父さんに預けてエサを食べに海へでかけていってしまいます。ひとり残されたお父さんは約2ヶ月間、立ったまま抱卵。元祖「イクメン」もといイクペンです。雪以外口にするものもありません。卵が孵ってもお母さんが帰らなければ、自分の胃壁を溶かしてヒナに与えます。これは白い液体状なので『ペンギンミルク』と呼ばれています(父の乳ですね)。 もしお母さんが事故などで戻らない場合は、父子ともに餓死または育児断念(放棄)・・・過酷な子育てです。

厳しいブリザードに見舞われると、イクペンたちは体を寄せ合ってエネルギーの消耗を抑えます。これを『ハドリング』と呼び、中心部分の温度は 外に比べて10℃以上も高くなるそうです。1羽でいるときより13〜37%も代謝量を節減できるともいいます。
また南極の真冬は危険な敵がほとんどいないので、絶食期間中は「無防備に深く眠る時間」 (ノンレム睡眠ですね)を増やして、代謝率をさらに落とすのだそうです。寒さや飢えと闘いながらの子育てで、体重は半分近くも減ってしまいます。

産まれた卵やヒナの死亡率はとても高く、群れには親になれなかったお父さんが半数以上いるのです。あかちゃんが何かの拍子にちょっとお父さんから離れると、瞬時によそのお父さんたちが抱っこしようと走り寄ってきます。そして奪い合いになり、信じられないことにあかちゃんが巻き込まれて踏みつぶされてしまうことも!どうしてそんなに激しく近づくの?!と責めたくなってしまいますが、あかちゃんが凍える前に一刻も早く温めなくてはと思うのかもしれません。奪ってでも育てたい!という強烈な父性本能があるから、過酷な子育てに耐えられるのでしょうね。

ついにお母さん登場♪ 保育園もあります

お母さんが帰ってきたら、ようやくお父さんの絶食解禁です! 空腹すぎて 海へ出るまでに力尽きてしまうお父さんもいますが、これからは両親で子育て。お母さんはここで我が子と初めてご対面です。

ヒナの体を超音波で見ると、胃袋に皮を被せ頭と脚とフリッパー(ヒレ)をつけただけの「全身胃袋状態」なのだそうです。このすごい食欲を満たして大きく育てるため、両親はせっせと海へ出ます。両親が働いている間、子供は『クレイシ』という集団保育所で預かってもらえるようです。子供のいない若者ペンギンなどが子供たちを取り囲んで保温し、守ります。こんなにいっぱいいて、お迎えにきたお母さんは自分の子が探し出せるのでしょうか。ペンギンは、声で家族を識別するそうです。そして、ヒナは決して親を間違えないし、親はよその子には決してエサを与えません。そうしてだんだん外に呼び出してお迎えするようになり、お迎えがなくなり、ヒナはしかたなく自分から海に出ていくのです。

二足歩行し、知恵を駆使して集団行動しながら、目的の時まで耐えて待つこともできるペンギンたち。歴史にのこる経営者さんたちも、状況が過酷なときこそ極寒のペンギンの姿を思って乗り越えてきたのかもしれませんね。

<参考>
『ペンギンの世界』上田一生(岩波新書)
おやじのせなか・・・

おやじのせなか・・・

(2016年1月24日)


日直予報士最新の5件

関東 火曜も年末の寒さ いつまで?NEW!

11月20日 19時21分

関東地方は火曜も朝は冷え込みが強烈で、日中は年末のような寒さが続きそう。日差しはあっても午前中を中心に北風が強めに吹くため、寒さ対策は万全に...
鳥取でひょう

鳥取で「ひょう」を観測NEW!

11月20日 19時5分

きょう20日、北陸から山陰など日本海側には活発な雨雲や雪雲がかかっています。鳥取では18時12分に直径8ミリの「ひょう」が降りました。

あす全国約8割で霜が降りるほど冷える

11月20日 16時39分

あす(21日)朝の通勤、通学も万全な寒さ対策を。寒気の影響で、冷え込みが強まるでしょう。全国のアメダスのうち約8割で霜が降りるほど冷え込みそ...

今季一番の寒さ 都心と大阪10度台

11月20日 15時55分

20日も日中は11月とは思えない寒さに。午後3時までの最高気温は今季一番低くなった所が多く、真冬並みの寒さの所も。都心は10度4分、大阪は1...

11月なのに大雪 初雪や初冠雪続々

11月20日 15時11分

19日から20日にかけては日本海側を中心に雪が降り、11月としては大雪となった所もありました。仙台や金沢などで平年より早い初雪を観測。西日本...

今日の天気(全国)

20日18:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ