トップ > tenki.jpサプリ > ヘルス > 記事概要 > たった1℃で老化が進む!? 体温を上げる「温活」で、サビない体を手に入れる(2014年12月10日)

ヘルス

   2014年12月10日

たった1℃で老化が進む!? 体温を上げる「温活」で、サビない体を手に入れる


暖房が手放せない季節。とはいえ、暖かいカフェの店内では、肌見せファッションのおしゃれな女性たちがアイスドリンク片手におしゃべり中です。
一年じゅう冷蔵庫から出したての冷たい飲み物や氷を口にでき、酷暑の夏でもエアコンの効いたオフィスでときに震えていたりする、私たち現代日本人。じつは、昔より相当「冷えている」みたいなのです。

自分の平熱が何℃なのか、知ってますか? もしや「36℃以下」では?

人間の理想体温は、36.5~37.0℃といわれています。ところが、いま体温が35℃台の 「低体温症」の人が増えています。ある医療機器メーカーの調査 によると、この50年間で子供の平均体温が約1℃も下がっているとか。「なーんだ、たった1℃か」なんて言えないくらい、そこには大きな大きな違いが!

体温が1℃下がると、代謝が10~20%、免疫力は30%も落ちるといわれています。ウイルスや紫外線・ガンなど体が日常さらされている攻撃に対処する機能がはたらきにくくなり、影響を受けやすくなってしまうのです。また、体温が下がると血液の流れが滞り、栄養も酸素も行き渡らなくなります。そこに老廃物がたまると、これによって病気や老化がぐっと進んでしまうのです。ことに女性にとっては生理痛や不妊の原因になり、お肌のトラブルも・・・!! そう、これはほっとけない「1℃」なのです。

「温活」で体温を1 ℃ 上げると免疫力がよみがえり、老化や病気を回避できる!

つね日頃から体を温める活動、それが「温活」です。
体温が1℃上がると、体が本来もっている免疫機能の働きや血液の流れがスムーズになり、多くの病気やトラブルを回避できるといわれています。「温活」は、婚活以上に大事なものだったのですね。それでは、体温を上げるためには具体的にどうしたらよいのでしょう。

「温活」の三本柱は、誰でもできるちょっとしたこと。日常こまめに取り入れるだけで冷えない体に!

1.体の外側から温める

分厚い服を一枚より、重ね着してあったか小物でちょこちょこ微調整するのがコツ。着膨れして見えず、バッグにもかさばりません。外出時でも冷えを感じたらすぐ、ショールを膝に掛けたり、トイレでささっとレッグウォーマーを装着したり、カイロを入れたりするといいですよ。外出時の使い捨てカイロは貼らないタイプのほうが、ずらしたりはずしたりできて便利です。

そして夜は、38℃くらいのぬるめのお風呂でリラ〜ックス! 交感神経に入ったスイッチを副交感神経に切り替えましょう。日中のストレスでギュギュッと締まった血管がゆるんで、血流が良くなりリンパ球も増えて、風邪がよくなったりガンなどの病気の回復にもつながるそうです。お風呂からあがったら、決してパソコンなど開かずリラックスしたまますぐに寝るのが正解。湯たんぽを入れるのもいいですね。

2.体の内側から温める

じかに内臓を温めてくれるホットドリンク。その中でも、白湯は「温活」に最適です。食前に飲むと、消化・吸収をたすけ代謝を上げる効果もあります。コーヒーなどカフェインの入ったドリンクは、交感神経を刺激してしまうので注意してくださいね。

食べ物にも陰陽があるのをご存知でしょうか。バランスのとれた中庸の穀物と野菜中心の食事をしていると、自然と体を冷やす食べ物が欲しくなくなるといいます。
体を冷やす陰性の食べ物とは、白砂糖・日本酒以外のアルコール類・ジュース類・完熟していない果物・食品添加物など。タバコも陰性です。また、肉など極陽性の食べ物も、反動で冷たいものが欲しくなるので注意が必要です。ステーキに生野菜サラダにアイスクリームのフルーツ添え、といったメニューよりも、玄米または五分づき・七分づき米に具だくさんお味噌汁の和定食、のほうが「温活」に向いているということですね。
ショウガやニンニク、ネギ、シソ、山椒など、体を温めてくれる頼りがいがある薬味系も上手にとり入れてみましょう。また同じ食材でも、生のままより熱を加えたほうがよいそうですよ。

3.体をうごかす

運動して、熱をつくる筋肉の量を増やしましょう。
スポーツする暇なんかない!という人も、エレベーターのかわりに階段を使うとか、歩くだけだってよいのです。ついでに少し歩幅を広くしてみたり腕を大きく振ってみたりすると、効果がアップしますよ!

ヨガなどの深い呼吸は、自立神経をととのえます。吐くほうを意識してみてください。仕事や勉強の合間に手首や足首をグルグルまわしたり、ツボ押しや指圧でリラックスするのもいいですね。

日常こまめに体を温めることで、大きな差が出る「温活」。
老若男女冷えている現代日本、ほんのちょっと意識して「体温を1℃上げる活動」、はじめてみてはいかがでしょうか。

●参考
『体を温めると健康になれるから 冷えとりの知恵袋(温故知新的生活)ムック』(講談社)

(2014年12月10日)


日直予報士最新の5件

北海道 広く真冬日にNEW!

11月20日 12時43分

今日(20日)の北海道は、上空に真冬並みの寒気が居座ります。真冬日の所が多い見込みで、かなり寒い一日となりそうです。太平洋側で、かろうじてプ...

朝は全国の約5割で氷点下 都心3度台NEW!

11月20日 12時8分

20日の朝は全国的に強烈な冷え込みとなり、全国の約5割で気温が氷点下に。都心の最低気温は今季一番低く、3度6分でした。仙台は今季初めて氷点下...

週間天気 真冬並み寒気再び 積雪増加NEW!

11月20日 11時36分

あさって22日には寒さがいったん緩みますが、週末にかけて再び気温が下がりそうです。24日には真冬並みの寒気が再びやってくるでしょう。師走を前...

20日 年末年始の寒さ 北は大雪注意

11月20日 6時30分

きょう20日は、冬型の気圧配置は緩みますが、気圧の谷が本州付近を東へ進み、この時期としては強い新たな寒気が流れ込むでしょう。日本海側は雪や雨...

月曜 朝の通勤通学は震える寒さに

11月19日 19時5分

20日(月)も真冬並みの寒気が流れ込み、19日(日)よりもさらに寒くなりそう。朝の最低気温は広く5度以下で、通勤通学の時間帯は震える寒さ。昼...

今日の天気(全国)

20日10:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ