トップ > tenki.jpサプリ > トピックス > 記事概要 > 春先の災害に備えておきましょう(2017年2月24日)

トピックス

   2017年2月24日

春先の災害に備えておきましょう


2月の防災アクション

2月の防災アクション

冬型の気圧配置がゆるんだ時に、日本の南岸を低気圧が通ると、太平洋側で大雪になることがあります。また、日本海を発達した低気圧が通ると、南よりの暴風が吹くことがあります。
「トクする!防災」プロジェクトチームから、春先に特に備えを呼びかけたい災害をお知らせします。

特に備えを呼びかけたい災害

トクする!防災プロジェクト」は、月ごとに、特に備えて欲しい気象災害について取りまとめています。トクする!防災プロジェクトが特に備えを呼びかけたい災害は、こちらです。

①大雪・着雪
②路面凍結
③暴風・高波
④落雷

この先も南岸低気圧の影響により、関東地方で冷たい雨や雪が降る日があるかもしれません。南岸低気圧は、時として関東地方に大雪をもたらす低気圧で、2014年2月には、南岸低気圧の影響により、関東甲信地方で記録的な大雪となりました。
雪が降った場合や路面の凍結に備え、車の運転時の注意事項について確認していきましょう。

運転時のスリップを防止するためには

春先も朝晩は冷え込みますので、車の運転をされる方は、路面凍結などによる事故に注意が必要です。慣れない雪道では、思わぬ事故に巻き込まれるおそれがあります。「急発進、急加速、急ハンドル、急ブレーキ」をしないように心がけ運転しましょう。普段と異なる環境により、道路の渋滞が発生することもありますので、時間に余裕を持って行動しましょう。

■路面凍結によるスリップに注意したほうがよい場所
・交差点付近
車が発進や停止を繰り返すことによって発生する熱によって、路面の雪氷が解けることで、交差点付近の路面は、非常に滑りやすい状態になることがあります。

・トンネルの出入り口
トンネルの出入り口付近は、日陰になることが多いので、局所的に非常に滑りやすいブラックアイスバーンになっている場合があります。

・橋の上
他の区間とは異なり、橋は下からも熱が奪われるため、他の路面が乾いていても橋の上だけ凍結していることがあります。
2014年2月15日の横浜町田インターの様子

2014年2月15日の横浜町田インターの様子

春先は強風にも注意

立春から春分までの間に日本海で低気圧が発達し、初めて吹く南より(西南西~東南東)の強い風のことを「春一番」と呼びます。今年は、春一番を発表している関東から九州のすべての地方で、春一番が吹きました。
春先は、春一番のような強風に注意する必要があります。最大瞬間風速が20m/s以上となる場合もあり、交通機関に影響が出たり、建物などに被害が発生することがあります。強風被害のほか、南から暖かい空気が流れ込んでくることで気温が上昇し、雪崩を引き起こすこともあります。雪が残っている地域では、屋根からの落雪雪解けによる浸水などにも注意しましょう。

(2017年2月24日)


日直予報士最新の5件

23日16時発表の星空指数

オリオン座流星群 ピーク後もチャンス

10月23日 18時40分

オリオン座流星群のピークは21日(土)と過ぎてしまったものの、まだ見られるチャンスがあります。台風が去った日本列島はこの先しばらく晴れる所が...

南に熱帯低気圧 次の「台風」発生か

10月23日 16時34分

台風21号は温帯低気圧に変わりましたが、日本のはるか南には、別の台風のたまごである熱帯低気圧があります。

台風21号は温帯低気圧に変わりました

10月23日 16時8分

きょう23日午後3時、台風21号は北海道の東で温帯低気圧に変わりました。
北海道における警戒・注意点

北海道 台風第21号に注意・警戒を

10月23日 14時56分

台風第21号は本日午前3時頃に超大型で強い勢力を保ったまま、静岡県の御前崎市付近に上陸しました。午後1時過ぎには襟裳岬の南海上に進み、今夜に...

関東 台風一過の青空で夏日も 風強い

10月23日 14時6分

きょう23日、お昼の関東地方は広く晴れて、気温は25度を超えている所があります。風の強い状態は夕方まで続くでしょう。沿岸部は高波に警戒を。日...

今日の天気(全国)

23日22:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ