トップ > tenki.jpサプリ > サイエンス > 記事概要 > 12.13~15は「ふたご座流星群」極大!ここ10年で最高の条件。初心者や子どもにもオススメ!(2015年12月11日)

サイエンス

   2015年12月11日

12.13~15は「ふたご座流星群」極大!ここ10年で最高の条件。初心者や子どもにもオススメ!


ふたご座流星群。こんなふうに見えるとよいですね

ふたご座流星群。こんなふうに見えるとよいですね

毎年12月の13日、14日頃に活発化する流星群が「ふたご座流星群」です。
多い時は1時間に40個以上の流星を見られる可能性があり、しかも一晩中出現するため、子どもでも見つけやすいと大変人気があります。
さらに、今年はふたご座流星群の大当たり年!
日本で観察するにはとてもよい条件が揃っているのです。
初めてトライする人でも流星を見つけられるチャンス到来!
ふたご座流星群の観測にぜひチャレンジしてみませんか?

流星を見るチャンスはいつ?

ずばり、活動の極大*が予想されるのは、12月15日3時頃です。

もちろん、お天気がよくなければ流星は見えませんから、極大の日だけを狙うのではなく、12月12日ぐらいから観察を始めると、流星を見られるチャンスが増えます。
実は、今年のふたご座流星群は現在、すでに出現中。活動は12月4日頃から始まり、12月17日頃まで続くと考えられているためです。
極大の15日に見損ねたとしても、翌日12月16日頃に見られる確率はあるのですが、極大後は急激に出現数が減っていくので、ご注意ください。

そして、観察に適した時間は20時以降です。
流星はほぼ一晩中出現すると予想されますが、放射点**が一番高くなるのは2時頃です。
この時間をピークにした、22時から未明までの間であれば、たくさんの流れ星が真上から降ってくるように見えますよ。想像するだけでもロマンチックですね。

*極大とは:流星群の活動が最も活発になること、またはその時期のこと。
**放射点とは:流星が飛び出す中心となる点のこと。

今年は10年に一度の観察当たり年

今年は、前後10年で最も観察条件がよいとされています。
日本では極大となる条件がよいことに加え、月の影響を受けません。
12月11日は新月なので、極大が近い12月14日頃の夕方には細い月が見えますが、流星が出現する夜には月は沈んでしまいます。つまり、月明かりの影響を受けないので暗い夜空となり、明るい流星はもちろん、暗い流れ星までよく見えるわけです。

夜8時ぐらいから見えることを考えると、今年は子どもと一緒に家族そろって流れ星を見るチャンスかもしれません。もちろん、友人同士やカップルでも!

どこでどう見るのがよい?

できれば、街灯やネオンなどに邪魔されないところ。大きな都市からはなるべく離れて観察するのがコツです。
流星の光はとても弱いので、人口の明るい光に妨げられてしまい、輝きの少ない暗めの流星はよく見えません。
すると、周りが暗ければ見られるはずの流星が見られないので、観察できる数が減ってしまうことになります。
たとえば、海や高原など広く空が見渡せるところ、なるべく周りに遮るものがないひらけた場所を選ぶとよいようです。

どうしても街中で見なければならない場合は、民家の灯りや街灯を目に入れないようにするだけでも、流れ星が見つけやすくなりますよ。

そして、観察する場所だけではなく、見る姿勢も大切!
立ったまま、もしくは、座ったままで見ると前方と上部しか見えませんし、首が痛くなるので長い間観察を続けることができなくなってしまいます。できれば空全体を見渡せるように、寝転んで観察することがオススメです。

観察の注意点は

地方にもよりますが、12月中旬の日本はかなり寒い時期です。くれぐれも防寒対策を万全に。
コートや帽子、手袋、マフラーなどは必須。レジャーシート、寝袋、毛布などがあると便利です。
また、体を冷やさないためには温かい飲み物も欠かせません。

望遠鏡は一部の星や惑星を観察するにはよいのですが、広い夜空に舞う流星を見つけるのには視界が狭くなるので適していません。肉眼で十分見られるので、ご安心を。

また、人間は暗さに目が慣れるまではある程度の時間がかかります。数分で流れ星を見つけることは難しいので、少なくとも15分以上観察をしてみてくださいね。

さあ、誰とどこでふたご座流星群を見ましょうか。流れ星に願いを込めて……。

参考/国立天文台HP(リンク先参照)

(2015年12月11日)


日直予報士最新の5件

夏空続かず 雷雨多発か 1か月予報NEW!

7月20日 19時10分

関東甲信まで広く梅雨明けしていますが、この夏は夏空は安定せず、度々雷雨に見舞われそうです。暑さのピークは2回ありそうです。最新の1か月予報の...
北海道1か月の天気傾向

北海道の1か月 8月は日差しに期待!

7月20日 18時31分

20日、札幌管区気象台が1か月予報を発表しました。気温は太平洋側で平年より高く、日本海側とオホーツク海側は平年並みか高いでしょう。前線や湿っ...

九州北部 梅雨の雨量

7月20日 17時15分

きょう(20日)、福岡管区気象台は、九州北部地方が梅雨明けしたと見られると発表しました。 九州北部地方の梅雨の期間(6月6日~7月19日)の...

週末の天気 酷暑続く 北は荒天

7月20日 16時38分

今週末は北海道は活発な雨雲がかかり、大雨の恐れ。風も強まり、荒れた天気の日も。東北や北陸も雨雲がかかりそうです。関東から西も急な雷雨に注意を...

長期間の高温に関する情報 東・西日本

7月20日 15時44分

20日、気象庁から「東日本と西日本の長期間の高温に関する全般気象情報」が発表されました。

今日の天気(全国)

20日20:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ