トップ > tenki.jpサプリ > レジャー > 記事概要 > 金沢の兼六園に名桜あり ~「兼六園菊桜」は奇跡の2代目~(2015年4月6日)

レジャー

   2015年4月6日

金沢の兼六園に名桜あり ~「兼六園菊桜」は奇跡の2代目~


曲水(きょくすい)に架かる花見橋(はなみばし)と満開の桜  写真提供:石川県

曲水(きょくすい)に架かる花見橋(はなみばし)と満開の桜  写真提供:石川県

日本三名園の一つである兼六園(けんろくえん)は、もとは加賀百万石大名である前田家の庭園。長い年月をかけて形づくられ、江戸時代末期に現在の形になりました。その名は、六つのすぐれた景観を兼ね備えていることから。四季の変化とともに、豊かな風情を見せてくれる兼六園。桜のシーズンは特に人気があり、無料開園や夜間ライトアップなどが催されます。

初代「兼六園菊桜」は天然記念物

約40種類、420本ほどもある兼六園の桜の中でも最も美しいと言われているのは、「兼六園菊桜(けんろくえんきくざくら)」。一般的に菊桜の花弁は150枚から200枚。「兼六園菊桜」は花弁が250枚から400枚近くもあり、日本で最も花弁の多い、珍しい品種です。

開花期は4月下旬から5月中旬までの約3週間。ソメイヨシノなどと比べると長く楽しめますね。色の変化にもご注目。はじめ濃紅色だったつぼみは、開花とともに次第に淡紅色に変わります。そして、花の終焉の頃は、白に近いピンク色に。花びらは一枚一枚散るのではなく、柄をつけたまま落下します。

初代の「兼六園菊桜」は、江戸時代に前田家が京都御所から賜ったと伝えられる歴史ある桜。昭和三年には、国の天然記念物に指定されました。桜の保存のために全国を行脚していた14代佐野藤右衛門は、「兼六園菊桜」を一目見るなり「このままでは余命いくばくもない。後継ぎを養成することこそ急務」と判断したそうです(『桜守三代 佐野藤右衛門口伝』)。「兼六園菊桜」の命を後世につなげる物語はここから始まり、約40年間にも及ぶのです。
「兼六園菊桜」は、日本で最も花弁の多い、珍しい品種  写真提供:石川県

「兼六園菊桜」は、日本で最も花弁の多い、珍しい品種  写真提供:石川県

金沢-京都の270km。枝を10本くわえて運転!?

ある桜と同じ性質の桜を作るには、その桜の「接ぎ穂」(芽がついている枝)を30~45cm程切り、台木となる桜に接ぎ木をする必要があります。佐野家は京都の造園業「植藤造園」を営む家系。「兼六園菊桜」と対面した14代藤右衛門は、すぐに石川県土木課にかけあったそうです。その後何度も金沢を訪れ、ようやく昭和6年に「接ぎ穂」を入手。ところが、この接ぎ木で育てていた貴重な桜は、太平洋戦争中から戦後の混乱期に行方不明に・・・

15代藤右衛門は、父の思いを継ぐべく、昭和34年から毎年「接ぎ穂」を譲り受けに兼六園へ。しかし2年続けて接ぎ木は失敗。昭和36年に15代藤右衛門に同行した16代藤右衛門は、その時のことを次のように語っています。

「それだけやってあかんものならもう切らんといてと言われたんですわ。もう桜自体が弱っていきよるから、接ぎ穂のためとはいえ切ったらなお弱りますわね。(中略)何とかもう一度だけと頼んだんです。これでつかなければ接ぎ穂を得る望みはない、老衰やと思って諦めようと。(中略)とにかくもういっぺんだけ、ということで、朝日がでる、夜露がまだ光っているときに、接ぎ穂を切って、それを口にくわえて京都まで持って帰ってきたんです。」(『桜のいのち庭のこころ』)

「接ぎ穂」の運搬は15代藤右衛門も色々工夫したけれどダメだった。「それやったら、もうとにかく俺と一緒やぞ」と、口に10本の「接ぎ穂」をくわえたまま、京都まで車を運転して帰ったというのです。兼六園から植藤造園までは約270km。想像を絶する道のりだったことでしょう。この10本のうち、1本だけが奇跡的に生き残ります。

「これでダメやったら、兼六園の菊桜は後世に残らへんのやから、こっちも必死ですわ。夜半に雨の音がすれば、布団から飛び起きて畑まで飛んでいって傘をかけてやったり、ふだんから虫がつかないように手当てをしたり、大変に苦労して育てまして、接ぎ木の成功を確信したのが3年後やった。」(『櫻よ「花見の作法」から「木のこころ」まで』)

そして昭和42年、初代「兼六園菊桜」が枯死し、植藤造園で育てられた2代目が兼六園に返されたのです。

まだ間に合う!『無料開園&ライトアップ』は4月4日(土)~12日(日)、『さくらウォーク』は11(土)・12(日)

兼六園では、桜の開花に合わせて1週間の無料開園および夜間ライトアップを行います。今年の無料開園は4月4日(土)~12日(日)、7:00から21:30。平常時は18時までに退園しなければなりませんが、この期間は夜間も開放。日没後の兼六園に入ることができる貴重な機会となっています。

ガイドつきで桜を巡るツアー『さくらウォーク』も開催されます。「兼六園菊桜」以外にも名桜と呼ばれる桜が何種類もあるのが兼六園。中には「兼六園菊桜」同様、「接ぎ穂」をもとに植藤造園で育てられた「兼六園熊谷」や「福桜」も!ツアーでは、異なる種の桜を、解説と共にじっくりと見比べることができるでしょう。

金沢城・兼六園研究会主催『さくらウォーク』は、4月11日(土)・12日(日)10~12時。「百万石まちなかめぐり さくら2015」のイベントの1つです。事前申込み不要、参加費無料。集合場所は兼六園ではなく、「しいのき迎賓館(旧石川県庁)」1階正面玄関ですので、ご注意を。歩きやすい靴でご参加下さいね。
ライトアップ時の夜桜。兼六園の夜の顔を見ることができる貴重な機会。   写真提供:石川県

ライトアップ時の夜桜。兼六園の夜の顔を見ることができる貴重な機会。   写真提供:石川県

参考文献
佐野藤右衛門 『桜のいのち庭のこころ』 草思社、1998
佐野藤右衛門・小田豊二 『櫻よ 「花見の作法」から「木のこころ」まで』 集英社、2001
鈴木嘉一『桜守三代 佐野藤右衛門口伝』 平凡社、2012
石川県金沢城・兼六園管理事務所 監修 『兼六園』 北國新聞社、2013

(2015年4月6日)


日直予報士最新の5件

23日17時発表の予想最高気温

日曜は残暑 大阪30度 暑さいつまでNEW!

9月23日 18時40分

24(日)の日中は暑くなる所が多く、東海から西では23日(土)より真夏日地点が倍増しそうです。大阪は30度に迫る暑さとなるでしょう。関東も2...
館野の上空の気温予想(500hpa)

1週間後 11月中旬並みの寒気 関東

9月23日 16時33分

1週間後、9月最後の土曜から10月初めの週は、11月中旬並みの寒気が入る予想です。秋服の準備を。

北海道や東北 活発な雷雲が接近中

9月23日 15時14分

きょう23日、日本海に活発な雷雲があり、北海道や東北に近づいています。あす24日にかけては大気の状態が非常に不安定になるため、落雷や竜巻など...
池袋サンシャイン60から見た空(23日正午に撮影)

都心の気温21度台 10月中旬並み

9月23日 12時29分

きょう23日(土)の関東地方は日差しが少なく、気温はあまり上がっていません。都心の正午の気温は21度2分と、10月中旬並み。北よりの風が吹い...
こうべを垂れる稲穂 札幌市郊外 撮影:北海道支社 持田浩  

北海道 収穫の秋ですが…

9月23日 10時14分

北海道はそろそろ稲の刈取りの時期ですが、今年は低温や大雨などの影響で作業は遅れ気味です。しかしあす日曜日からは全道的に晴れて、強い風もない穏...

今日の天気(全国)

23日18:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ