トップ > 桜情報 > 桜の開花予想

桜の開花予想<第11回>

2016年4月27日発表

概況

2016年の桜前線は、22日に北海道の松前で開花し、津軽海峡を渡りました。続いて、24日に函館、25日には室蘭と札幌で開花を迎えています。北海道では、平年であれば開花から満開までの日数が3日前後のところが多く、函館では26日に満開を迎えました。しかし、この先1週間の気温は平年並みかやや低いため、満開までゆっくりとしたペースになるでしょう。いつもより長く桜を楽しむことができそうです。また、5月に入ると帯広や旭川、留萌など、道北・道東から開花のたよりが届きそうです。

本文

桜前線は平年よりも早いペースで進み、25日に開花した室蘭は観測史上2番目に早い開花となりました。また、函館では26日に満開となりました。札幌などでも4月中に満開となり、見ごろを迎えるでしょう。5月に入ると、帯広や旭川、留萌で続々と開花する見込みです。梅やたんぽぽも北海道で花を咲かせており、桜とともに楽しむことができるでしょう。この先、北海道では天気が数日の周期で変わる見込みです。低気圧の通過により天気が崩れる日があるため、ゴールデンウィーク中のおでかけは、こまめに天気予報をチェックしましょう。晴れた日は特に朝晩の気温差が大きくなるため、体調管理に十分注意が必要です。北海道の5月上旬~中旬の気温はほぼ平年並みとなり、桜前線はゆっくりと進む見込みです。桜は根室で5月16日に開花する予想で、2016年の桜前線は約2か月に渡る旅を終えるでしょう。 桜前線(予想)

各地の桜(ソメイヨシノほか)の2016年予想開花日・予想満開日(4月27日発表)

※平年(昨年)差の「-」は平年(昨年)より早く、「+」は平年(昨年)より遅いことを表します。
※平年値や昨年値は、気象庁・各自治体や名所の値を用い、平年値の無い地点は過去の観測データを基に算出しました。
※満開の観測を行なっていない地点と過去の観測の記録がない地点は、予想満開日は発表しません。
※長野県伊那市(高遠城址公園)はタカトオコヒガンザクラ、北海道稚内市、留萌市、旭川市、網走市、帯広市、釧路市、浦河町はエゾヤマザクラ、根室市はチシマザクラ、その他の各地はソメイヨシノを対象としています。
※予想開花日、予想満開日の()はすでに開花や満開になった地点です。
九州地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
福岡県福岡市(3月19日)-4-3(3月30日)-2+1
大分県大分市(3月28日)+4+2(4月8日)+5+5
長崎県長崎市(3月22日)-20(3月30日)-4-1
佐賀県佐賀市(3月23日)-1+1(3月31日)-30
熊本県熊本市(3月22日)-1+1(4月2日)+1+2
宮崎県宮崎市(3月24日)0+2(4月5日)+3+4
宮崎県都城市(母智丘公園)(3月25日)+1+3(4月3日)+3+5
鹿児島県鹿児島市(3月27日)+1+6(4月6日)+2+6
四国地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
香川県高松市(3月26日)-2+2(4月4日)-1+3
徳島県徳島市(3月30日)+2+2(4月8日)+3+5
愛媛県松山市(3月23日)-2-4(4月3日)-1+2
愛媛県宇和島市(3月20日)-2-1(3月30日)-2-3
高知県高知市(3月24日)+2+2(4月2日)+3+3
高知県宿毛市(3月19日)-4-3---------
中国地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
広島県広島市(3月23日)-4-1(4月2日)-2+3
岡山県岡山市(3月26日)-3-2(4月1日)-5-1
島根県松江市(3月23日)-8-6(3月30日)-9-3
鳥取県鳥取市(3月23日)-8-5(3月31日)-7-1
山口県下関市(3月28日)+1+3(4月3日)-2+2
山口県岩国市(錦帯橋・吉香公園)(3月24日)-3-3(4月2日)-3+1
近畿地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
大阪府大阪市(3月23日)-5-3(4月1日)-40
滋賀県彦根市(3月30日)-3-1(4月5日)-4+1
京都府京都市(3月23日)-5-4(4月2日)-3+1
兵庫県神戸市(3月26日)-2-1(4月3日)-2+1
兵庫県姫路市(姫路城)(3月24日)-5-4(4月3日)-4+1
奈良県奈良市(3月23日)-6-4(4月2日)-3+2
和歌山県和歌山市(3月22日)-4-1(3月31日)-4+1
東海地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
愛知県名古屋市(3月19日)-7-2(3月31日)-3+1
静岡県静岡市(3月27日)+2+5(4月5日)+2+4
静岡県浜松市(浜松城公園)(3月28日)+1+6(4月3日)-1+4
岐阜県岐阜市(3月20日)-6-3(3月31日)-4+1
岐阜県高山市(4月6日)-9-6(4月13日)-7-4
三重県津市(3月28日)-2-1(4月2日)-3+2
関東地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
東京都千代田区(3月21日)-5-2(3月31日)-3+2
東京都八王子市(3月22日)-6-5---------
茨城県水戸市(3月28日)-5-2(4月6日)-2+2
栃木県宇都宮市(3月28日)-4-2(4月4日)-4+2
群馬県前橋市(3月23日)-8-5(4月1日)-50
埼玉県熊谷市(3月23日)-6-4(4月1日)-4+2
埼玉県さいたま市(大宮公園)(3月22日)-4-4---------
千葉県銚子市(4月1日)+1+2(4月6日)-20
神奈川県横浜市(3月23日)-30(4月2日)-1+2
神奈川県小田原市(小田原城址公園)(3月23日)-30(4月4日)+1+4
東京都八丈島(八丈植物公園)(4月3日)+3+6(4月8日)-1#VALUE!
甲信地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
山梨県甲府市(3月23日)-4-2(4月3日)0+3
長野県長野市(4月3日)-10-1(4月8日)-9-2
長野県大町市(大町山岳博物館)(4月10日)-9-7(4月16日)-6-6
長野県飯山市(飯山城址公園)(4月10日)-7-5---------
長野県松本市(松本城)(4月1日)-9-3(4月6日)-9-2
長野県上田(上田城跡公園)(4月1日)-8-1(4月6日)-70
長野県小諸市(懐古園)(4月8日)-7-1(4月12日)-9-5
長野県諏訪市(高島公園)(4月4日)-8-2---------
長野県伊那市(高遠城址公園)(4月3日)-9-2(4月8日)-9-1
長野県飯田市(大宮通り)(3月29日)-6-1(4月2日)-7-1
長野県飯田市(天竜峡)(3月26日)-5-2---------
北陸地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
新潟県新潟市(4月3日)-6+1(4月7日)-7-2
新潟県上越市(高田公園)(4月1日)-7-1(4月6日)-7-3
富山県富山市(3月29日)-7-3(4月1日)-9-3
富山県高岡市(高岡古城公園)(3月31日)-6-3(4月3日)-7-3
石川県金沢市(3月30日)-5-1(4月4日)-60
石川県輪島市(4月3日)-6-1---------
福井県福井市(3月27日)-7-4(3月31日)-9-3
東北地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
宮城県仙台市(4月1日)-10-2(4月6日)-10-3
青森県青森市(4月17日)-7+3(4月21日)-8+2
青森県弘前市(弘前公園)(4月18日)-5+2(4月23日)-50
青森県八戸市(4月16日)-70---------
秋田県秋田市(4月14日)-4+3(4月19日)-3+4
秋田県仙北市(角館・桧木内川堤)(4月20日)-4+3(4月23日)-5+2
岩手県盛岡市(4月11日)-10+2(4月18日)-7+2
岩手県北上市(北上展勝地)(4月12日)-8+2(4月20日)-6+2
岩手県大船渡市(4月2日)-120---------
山形県山形市(4月6日)-9-4(4月10日)-9-5
山形県酒田市(日和山公園)(4月6日)-8+2(4月14日)-4+1
福島県福島市(3月30日)-10-3(4月3日)-10-3
福島県いわき市(小名浜)(3月31日)-6-1(4月9日)-3+1
北海道地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
北海道札幌市(4月25日)-8+34月30日-7+4
北海道稚内市5月13日-1+115月15日-2+10
北海道留萌市5月5日-4+75月9日-3+8
北海道旭川市5月3日-2+65月5日-2+7
北海道倶知安町5月5日-2+45月9日-4+5
北海道網走市5月13日+2+135月16日+2+13
北海道帯広市5月1日-3+55月4日-3+6
北海道釧路市5月13日-4+45月16日-4+4
北海道根室市5月16日-2+65月22日-2+7
北海道室蘭市(4月25日)-11-35月2日-90
北海道浦河町5月3日-6+25月7日-5+3
北海道函館市(4月24日)-6+3(4月26日)-8+2
北海道松前町(松前公園)(4月22日)-8+3---------
平年 1981年~2010年累年平均値
早い 平年よりも3日から6日早い
かなり早い 平年よりも7日以上早い
平年並 平年との差が2日以内
遅い 平年よりも3日から6日遅い
かなり遅い 平年よりも7日以上遅い

気象予報士コメント

【日本気象協会東北支局】

この1週間は、高気圧に覆われる日が多く、気温は平年より高めで経過しました。東北北部の平地では満開を迎え、見ごろとなっています。これから先は標高の高いところを中心に開花が進むでしょう。今年は、東北南部では多くのところで開花が平年よりかなり早くなりました。満開は東北全体で早いところが多くなりました。ここ数年、桜の開花は早まる傾向にあります。お花見は早めの準備が必要となる年が多くなるかもしれません。

【日本気象協会北海道支社】

3月19日に名古屋、福岡でスタートした今年の桜前線は、4月17日に青森まで北上。5日間かけて津軽海峡を渡り、約1ヶ月後となる4月22日に松前で開花し、北海道に上陸しました。その後、23日には函館で、25日には室蘭と札幌で開花を迎えました。向こう一週間は平年より気温が低くなる日が多い予想ですが、今月中には札幌も満開となる見込みです。旭川や帯広、浦河では、大型連休中に見ごろを迎えるでしょう。

桜開花予想発表のスケジュール

第1回は2月3日(水)、第2回は2月24日(水)、以降、4月下旬まで毎週水曜日に発表します。発表時刻はいずれも14時頃です。
※各地の開花状況により、臨時の発表や予定した発表の見送る場合もあります。

日本三大桜 開花予想

「三春滝桜」(福島県三春町)、「山高神代桜」(山梨県北杜市)、「根尾谷淡墨桜」(岐阜県本巣市) いずれも大正11年10月12日に国の天然記念物に指定。また、大阪市と新聞社が平成2年6月2日に共同で企画した新日本名木百選にも選ばれています。 ※日本三大桜は開花データの平年値なし。
日本三大桜
地点
開花日
昨年差(日)
満開日
昨年差(日)
福島県 三春滝桜 (4月4日) ±0 (4月10日) -4
山梨県 山高神代桜 (3月29日) ±0 (4月1日) ±0
岐阜県 根尾谷淡墨桜 (3月28日) -6 (4月3日) -6
2016年04月13日12:18更新

春メーター

05月27日現在

春めき度をグラフにしてみました。
100%になる頃には、桜も咲くかも!?

札幌
100%
青森
100%
山形
100%
東京
100%
福井
100%
浜松
100%
京都
100%
大阪
100%
松山
100%
福岡
100%

今日の天気(全国)

28日00:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ