トップ > 花粉情報 > 花粉飛散予測

花粉情報(2017年春の花粉飛散予測)

2016年12月6日発表

2017年春の花粉飛散予測(第2報)

~2月上旬に "九州北部・山口・高知・静岡" で花粉飛散開始~

1.全国の概況

(1)概要

  • 2017年春のスギ花粉の飛散開始は、例年並み
  • 2月上旬に九州北部や中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンが始まる見込み

2017年の1月から2月は、全国的に平年並みの気温となるでしょう。ただし、1月の西日本では、寒気が流れ込みやすいため、気温は平年より低くなる見込みです。
この時期の気温が平年より高いとスギ花粉の飛散開始は早まる傾向となりますが、2017年春のスギ花粉の飛散開始は、全国的に例年並みとなるでしょう。

ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。2月上旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよいでしょう。
※飛散開始:1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日

図:2017年春のスギ花粉飛散開始予測 前線図

2017年春のスギ花粉飛散開始予測 前線図

(2)2017年飛散数予測

<前シーズン比>
2017年は、九州・四国・近畿地方で非常に多く、中国・東海地方で多く飛散する見込みです。北陸地方はやや多いでしょう。関東地方ではやや少なく、東北地方と北海道では少ない見込みです。

図:2017年春の花粉飛散数予測(前シーズン比)

2017年春の花粉飛散数予測(前シーズン比) ※前シーズン:2016年

<例年比>
2016年の夏は、全国的に気温が高くなりました。日照時間は、北海道、北陸・東海・近畿・四国・九州地方のほとんどで多く、特に九州北部では非常に多くなりました。また、北海道では降水量が記録的に多くなりました。

図:2017年春の花粉飛散数予測(例年比)

2017年春の花粉飛散数予測(例年比) ※例年:2007年~2016年の平均値

2.地方概況

地方 花粉種別 飛散数 2016年
夏の気象
前シーズン比
(地方平均値)
例年比
(地方平均値)
北海道 シラカバ 少ない
(50%)
非常に少ない
(30%)
気温:高い
日照時間:多い
降水量:かなり多い
東北 スギ
ヒノキ
少ない
(50%)
やや少ない
(80%)
気温:高い
日照時間:平年並
降水量:多い
関東
甲信
スギ
ヒノキ
やや少ない
(70%)
やや少ない
(80%)
気温:高い
日照時間:平年並
降水量:多い
北陸 スギ
ヒノキ
やや多い
(140%)
例年並
(90%)
気温:高い
日照時間:多い
降水量:平年並
東海 スギ
ヒノキ
多い
(160%)
例年並
(90%)
気温:高い
日照時間:多い
降水量:平年並
近畿 スギ
ヒノキ
非常に多い
(360%)
やや多い
(130%)
気温:高い
日照時間:多い
降水量:平年並
中国 スギ
ヒノキ
多い
(170%)
例年並
(100%)
気温:高い
日照時間:平年並
降水量:平年並
四国 スギ
ヒノキ
非常に多い
(260%)
やや多い
(110%)
気温:高い
日照時間:多い
降水量:多い
九州 スギ
ヒノキ
非常に多い
(270%)
やや多い
(110%)
気温:かなり高い
日照時間:多い
降水量:多い

※飛散数に関する言葉の説明

非常に多い :前シーズン (例年)の200%以上
多い :前シーズン (例年)の150%以上200%未満
やや多い :前シーズン (例年)の110%以上150%未満
前シーズン(例年)並 :前シーズン (例年)の90%以上110%未満
やや少ない :前シーズン (例年)の70%以上90%未満
少ない :前シーズン (例年)の50%以上70%未満
非常に少ない :前シーズン (例年)の50%未満

前シーズン:2016年シーズン飛散数
例年:過去10年(2007~2016年)の平均値

※2016年夏の気象に関する言葉の説明
 平年:1981~2010年の平均値

今日の天気(全国)

10日06:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ