トップ > 火山情報 > 阿蘇山 > 火山の状況に関する解説資料

阿蘇山の火山の状況に関する解説資料

2016年10月11日16:00発表

  レベル3(入山規制)

火山名阿蘇山
警戒レベル等  レベル3(入山規制)
位置・標高北緯32度53.07分
東経131度06.23分
標高1592m
<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>
10月7日から10月11日15時までの阿蘇山の活動状況をお知らせしま
す。

火山活動の状況及び予報警報事項

  中岳第一火口では、7日21時52分に噴火が発生し、8日01時46分には爆発的噴火が発生しました。衛星による観測では、8日の爆発的噴火で海抜高度11000mの噴煙が解析されました。遠望観測ではこれらの噴火の噴煙は天候不良のため観測できませんでした。7日以降の遠望観測では、7日14時09分に白色の噴煙が最高で火口縁上1100mまで上がりました。
 火山性微動の振幅は7日10時頃から大きい状態となっていましたが、8日13時頃からやや小さい状態となっています。孤立型微動はやや多い状態で経過していましたが、噴火後は少ない状態となっています。火山性地震は、概ね多い状態で経過しました。
 火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は、9日に実施した現地調査では、風が弱くカルデラ内にガスが滞留したため正確な値は求められませんでしたが、1日当たりの放出量は1000トン未満と推定されます。また、本日(11日)実施した現地調査では600トン(速報値)とやや多い状態ですが、噴火後の火山ガスの放出量は噴火前の7日の15000トンに比べ減少しています。
 産業技術総合研究所及び防災科学技術研究所が8日の爆発的噴火の噴出物を分析した結果、1割程度の比較的新鮮なマグマ性の物質を含んでおり、マグマ水蒸気噴火であった可能性があります。
 傾斜計では、爆発的噴火後に火山活動に伴う特段の変化は認められていません。
 GNSS連続観測では、草千里を挟む基線で、2016年7月頃からわずかな伸びの傾向が認められており、深部のマグマだまりの膨張の可能性が考えられます。
 阿蘇山の火山活動は活発な状態となっており、今後も8日の爆発的噴火と同程度の噴火が発生する可能性があります。

防災上の警戒事項等

  中岳第一火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。風下側では、火山灰だけでなく、風の影響を受ける小さな噴石が遠方まで風に流されて降るため注意してください。また、火山ガスに注意してください。

次の火山の状況に関する解説情報は、14日(金)16時頃に発表の予定です。 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

阿蘇山の発表履歴(最新5件)

  • 阿蘇山 04月23日16:30
     (火山の状況に関する解説情報)
     噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続
  • 阿蘇山 04月22日16:00
     (火山の状況に関する解説情報)
     噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続
  • 阿蘇山 04月21日16:00
     (火山の状況に関する解説情報)
     噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続
  • 阿蘇山 04月20日16:00
     (火山の状況に関する解説情報)
     噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続
  • 阿蘇山 04月19日16:40
     (火山の状況に関する解説情報)
     噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ