トップ > tenki.jpサプリ > サイエンス > 記事概要 > 5月21日17時45分に訪れるもの…「小満」(2015年5月21日)

サイエンス

   2015年5月21日

5月21日17時45分に訪れるもの…「小満」


5月21日、17時45分…まだ夕空が明るい頃に、二十四節気は「小満(しょうまん)」を迎えます。
「小満」とは『万物(ばんぶつ)がしだいに満ちる』という意味で、「小さく満ちる頃」=「小満」となりました。日にちだけでなく、時間まで決まっている…そんな不思議を紐解いてみましょう。

※写真はこの時期害虫を退治してくれる「てんとう虫」

歳時記はもっとも身近なサイエンス

二週間ごとに訪れる二十四節気は、それぞれ三つに分けて七十二候となります。小満の七十二候はというと…
5月21~25日・初候「蚕起きて桑を食う(かいこおきてくわをくう)」
5月26~31日・次候「紅花栄う(紅花栄う(べにばなさかう)」
6月1日~5日・末候「麦秋至る(ばくしゅういたる)」

これは今年の日程ですが、歳時記は月と太陽の巡り合せにより導き出されているため、毎年少しずつ日にちがずれます。
歳時記というと、古くから伝わる習慣という、漠然としたもののようなイメージがあるかもしれませんが、実はこんなに科学的なものなのですね。だから、二十四節気の到来も、時間まではっきり判るのです。
5月21日、17時45分になったら「小満来たる」とつぶやいてみるのも一興ですね。

※日時は国立天文台HPを参照(下記リンク)

この時期の季語「薄暑」「緑雨」「麦秋」

そして、五月の季語というと「風薫る」などが、手紙のあいさつ文などにも使われています。ここでは、色彩を感じる言葉をご紹介します。

・「薄暑(はくしょ)」…初夏でもお天気の良い日は気温が夏日となります。そんな暑さを「薄暑」と言います。まだ、本当の夏の暑さではないけれど…という前置きを含んだ意味を表している。これに「光」をつけて、眩しい日差しを「薄暑光」と言います。→色『白』

・「緑雨(りょくう)」…春雨と梅雨の間、新緑の頃の雨を「緑雨」と言います。一雨ごとに緑が濃くなる景色が浮かぶ言葉ですね。→色『緑』

「麦秋(ばくしゅう)」…麦の秋、とも言います。麦はこの季節に実りを迎える為、生まれた言葉です。五月、麦畑は黄金色に染まります。風が吹くと金色の波がざわめく音と共に揺れます。これを「麦嵐」と言います。→色『金』

太陽の光、木々の緑、実りの麦…と、初夏は様々な色を魅せてくれますね。冒頭の写真・てんとう虫も、赤や黄色などいろいろな種類があり、幼いころ、見つけると嬉しくなったことを思い出します。
ご紹介した季語を会話や文章に取り入れて、言葉でも季節を楽しんでみてはいかがでしょうか?
「初夏」も「小満」も、一年に一度しかやってこないのですから…。



《参考文献》
日本の七十二候を楽しむ
角川俳句歳時記「夏」

(2015年5月21日)


日直予報士最新の5件

25日(日)午前9時~12時 分布予報

あす日曜 梅雨前線活発 滝のような雨NEW!

6月24日 16時36分

あす25日(日)は、全国的に雨で、九州から東海では滝のような雨の所も。関東も午前中は本降りとなりそうです。
東京都心の空(6月24日午後1時の様子)

都心 見納めの青空 熱中症に要注意

6月24日 13時50分

きょう(24日)の東京都心は、青空が広がり、気温も湿度も高くなっています。熱中症に要注意。あす(25日)以降は梅雨空が続き、日差しとはしばら...
今日(24日)昼前の大通り公園4丁目 撮影:気象協会北海道支社 杉山友衣可

「花フェスタ2017札幌」 開幕

6月24日 11時35分

札幌では、今日(24日)から今回で25回目となる「花フェスタ」が開幕。先週は久しぶりに晴れの週末となり、日傘が活躍した道内ですが、この週末は...
九州は大雨 その範囲があすは東海まで

九州は大雨 その範囲があすは東海まで

6月24日 8時52分

今日の昼過ぎから九州で大雨。その範囲が明日は東海まで拡大し明後日まで長引く恐れ。関東も明日は梅雨空に。

多雨のち猛暑長く続く 3か月予報

6月23日 18時40分

最新の3か月予報によると、7月は東日本や西日本で平年より降水量が多くなるでしょう。8月と9月は全国的に平年より気温が高く、9月に入っても厳し...

今日の天気(全国)

24日16:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ