トップ > tenki.jpサプリ > トピックス > 記事概要 > 初釜の和菓子「花びら餅」に何故ゴボウが入っているの?(2016年1月9日)

トピックス

   2016年1月9日

初釜の和菓子「花びら餅」に何故ゴボウが入っているの?


花びら餅

花びら餅

裏千家の初釜の茶事では、「花びら餅」という美しいお菓子をいただきます。このお菓子の中には、甘く煮た牛蒡(ゴボウ)が包まれています。このユニークな和菓子の由来が、平安時代まで遡ることをご存じでしたか?茶道のいろはも一部合わせてご紹介しましょう。

初釜の茶事は1月10日ごろ。茶事と茶会、濃茶と薄茶の違いとは?

新春の行事が続く中、茶道では10日頃に「初釜」の茶事が行われます。茶事とは、少人数のお客様を招いて懐石料理をさしあげ、濃茶(こいちゃ)や薄茶(うすちゃ)を点て、もてなす会のことをいいます。いわば、料理とお茶・デザートのフルコースですね。ちなみに茶道でいう茶会は、人数に関係なくお菓子と薄茶などで茶を楽しむ、略式の気軽な会のことです。

では、濃茶と薄茶はどう違うのでしょう?濃茶は、お客様の人数分の抹茶を一つの茶碗に練った、濃い抹茶です。一杯のお茶を、参加者で順に飲みます。コーヒーでいえば、お茶のエスプレッソといったところ。とろっとした苦味と、素晴らしいコクと香りを味わえます。

薄茶は、お抹茶と聞くとイメージするような、泡の立ったお茶になりますが、流派によっては泡を立てない場合もあります。濃茶より幾分薄く、コーヒーでいえば、ブレンドやアメリカン。一人につき一杯をいただきます。
泡立ちのある薄茶

泡立ちのある薄茶

京都の初釜のお菓子・花びら餅は、雅な季節限定品

初釜とは、年初めの茶事のことです。初めて釜をかけるから初釜ですが、新年の挨拶会や稽古始めの意味もある、茶人にはとても大事な行事になります。その初釜でいただくお菓子で有名なのが、「花びら餅」。お正月のおめでたい時期だけのもので、特に裏千家の初釜で登場します。少し前までは、京都以外ではなかなか手に入らなかったという、まさに季節限定、エリア限定の品でした。

花びら餅は、花弁餅、花片餅とも書き、別名で菱葩餅(ひしはなびらもち)とも。紅色が白い餅に透けて、なんとも雅なお菓子ですね。製法は、白餅を丸く平らに延ばして赤い小豆汁で染めた菱形の薄い餅を重ね、中に甘く煮たふくさ牛蒡(ゴボウ)を白味噌の餡にのせて、半月型に仕上げたもの。お店によって多少のバリエーションがありますが、甘さの中に塩味をもつ味噌餡や牛蒡の香りが調和された、素晴らしい風味のお菓子です。しかし何故、中に牛蒡が使われているのでしょうか?

花びら餅の由来は、平安時代の歯固めの儀式?

花びら餅に関しては諸説ありますが、平安時代の新年行事「歯固めの儀式」を簡略化したものが由来といわれています。齢を固めるために押し鮎などの堅いものを食べて、健康と長寿を祝う行事でした。鮎は「年魚」とも書くので年始にふさわしく、お供えに用いられたと、『土佐日記』にも記されています。

この風習が、やがて鏡餅に押し鮎、ダイコンを添えた御所鏡となったようです。そしてさらに簡略化され、宮中雑煮と呼ばれた餅の中に食品を包んだものが配られるようになります。牛蒡を押し鮎に、餅と白味噌餡を雑煮に、それぞれ見立てているのです。京都のお雑煮は白味噌仕立てであることを考えれば、お雑煮と花びら餅との関係にも納得が行きますね。

花びら餅は、明治時代に裏千家十一代家元玄々斎が初釜で使うことを許可され、新年のお菓子として、全国の和菓子屋でも作られるようになりました。

気軽に味わう和のスイーツも楽しいですが、静かな茶室で花びら餅の由来を辿りつつ抹茶とともに味わえば、格別な体験となることでしょう。今年は、少し襟を正したお茶の飲み方も、探求していきたいですね。

(2016年1月9日)


日直予報士最新の5件

火曜 激しい雨のエリアが南下 関東も

7月24日 18時40分

25日(火)は梅雨前線に伴う活発な雨雲がやや南下。関東でも局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。東海から西の、前線から離れた所でも急な激しい...

強い台風5号 日本への影響は?

7月24日 16時44分

台風5号は複雑な動きをしながら、今後、「非常に強い勢力」に発達。予報円の中心を進めば、今週末には小笠原近海へ進む予想。太平洋側は広くうねりを...

奄美地方 少雨に関する気象情報

7月24日 15時58分

奄美地方では梅雨明け以降、降水量の少ない状態が続いています。この状態は今後1週間程度は続く見込みです。農作物や水の管理などに十分に注意してく...

新潟県 2日で7月ひと月分の雨も

7月24日 15時2分

きょう24日、新潟県では断続的に強い雨が降っています。50年に1度の大雨となった佐渡市では、平年の7月ひと月分の雨がわずか2日程度で降った所...

佐渡市で50年に一度の大雨

7月24日 11時33分

梅雨前線の影響で新潟県佐渡市付近には活発な雨雲がかかり続け、50年に一度の大雨となっている所があります。

今日の天気(全国)

25日02:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ