トップ > 桜情報 > 三大桜

日本三大桜特集

2016年の桜情報の更新は終了しました。
※現在掲載されている情報は、2016年の情報です。2017年は変更になる可能性があります。
根尾谷淡墨桜【岐阜県】

根尾谷淡墨桜【岐阜県】

下矢印

根尾谷淡墨桜【岐阜県】

根尾谷淡墨桜:全景

根尾谷淡墨桜:全景

樹齢1500年余りのエドヒガンザクラ。460年頃に、継体天皇によりお手植えされたと伝えられています。樹高16.3m、幹囲9.9m、枝張りは南北に25.0m、東西に27.6mほどの大きさで、つぼみの時は薄いピンク、満開時には白っぽい花が、散り際には淡い墨色に変化することから、淡墨桜と呼ばれています。大正初期の大雪で一時は衰え枯れ死寸前の危機に瀕しましたが、根継ぎにより蘇りました。さらにその後、昭和34年の伊勢湾台風でも命を失いかけましたが、多くの人に支えられて何度もの苦難を乗り越え、美しい花を咲かせ続けています。
また、桜の時期の夜間にはライトアップが行われ、暗闇の中、幻想的に浮かび上がる姿は人々を魅了しています。
根尾谷淡墨桜:咲き誇る桜

根尾谷淡墨桜:咲き誇る桜

現地からのおすすめコメント

コメント
樹齢1500余年を誇る淡墨桜は、蕾は薄いピンク色、満開時はつややかな白色、そして散り際には淡い墨色を帯びます。また、日没後には樹勢に影響を与えないLED照明によるライトアップが行われます。桜の木が浮かび上がるように設計されており、昼間とは違う幻想的な淡墨桜を楽しんでいただけます。
淡墨桜のある淡墨公園から車で北へ10分程行くと、国道157号線沿いにうすずみ温泉四季彩館があります。桜を観賞した後に温泉で疲れを癒すことができるオススメスポットです。
市内を走る樽見鉄道を利用すれば、最寄りの樽見駅(淡墨桜へ徒歩15分程)まで行くことができます。途中には多くの絶景ポイントがあり、交通渋滞を避けることもできるのでおすすめです。
(岐阜県本巣市産業経済課ご担当者様)
根尾谷淡墨桜:夜はライトアップ

根尾谷淡墨桜:夜はライトアップ

根尾谷淡墨桜:最新のようす 満開を迎えました(2016年4月3日)

根尾谷淡墨桜:最新のようす 満開を迎えました(2016年4月3日)

根尾谷淡墨桜:最新のようす 満開を迎えました(2016年4月3日)

根尾谷淡墨桜:最新のようす 満開を迎えました(2016年4月3日)

三春滝桜【福島県】

三春滝桜【福島県】

桜の種類:ベニシダレザクラ

山高神代桜【山梨県】

山高神代桜【山梨県】

桜の種類:エドヒガンザクラ

上矢印

根尾谷淡墨桜【岐阜県】

根尾谷淡墨桜【岐阜県】

桜の種類:エドヒガンザクラ

今日の天気(全国)

21日06:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ