トップ > 桜情報 > 三大桜

日本三大桜特集

2016年の桜情報の更新は終了しました。
※現在掲載されている情報は、2016年の情報です。2017年は変更になる可能性があります。

三春滝桜【福島県】

三春滝桜:圧巻の全景

三春滝桜:圧巻の全景

樹齢1000年以上といわれるエドヒガン系のベニシダレザクラ。
樹高は13.5m、根周りは11.3m、枝張りは幹から北へ5.5m、東は11.0m、南へ14.5m、西へ14.0mもある巨木で、四方に広がった枝から薄紅の花が滝のように咲き誇ることから滝桜と名付けられました。江戸時代天保の頃、三春藩主のご用木として保護され、歌人・加茂季鷹が「陸奥に みちたるのみか 四方八方に ひゝき渡れる 滝さくらかも」と詠んだことで広く世に名を知らしめたと言われています。
また、「梅・桃・桜の花が一度に咲き、三つの春が同時に来るから三春」と呼ばれるようになった三春町周辺には、三春滝桜以外にもいくつもの桜の銘木があり、各所で美しい桜が咲き誇ります。
三春滝桜:花のアップ

三春滝桜:花のアップ

現地からのおすすめコメント

コメント
滝桜は小さな丘の途中にある巨木で、そのまわりに観賞用の道があるので、丘の上から見下ろしたり横から見てみたりと、さまざまな角度から楽しむことができます。木の根が傷まないよう周囲が柵で囲われていますが、まずは近づいて下から見上げてみてください。5~7分咲きの頃は、滝桜が一番ピンク色に染まり、満開になると淡いピンク色の花びらが、降り注ぐように迫る様は圧巻です。
三春町内には1万本以上の桜が咲き誇ります。町内の桜のうち約2000本が『三春滝桜』と同じシダレザクラで、「日本さくらの名所100選(日本さくらの会)」にも選定されています。特に城下町の面影が残る中心部には、寺社の境内など桜がたくさんあります。
三春滝桜の側にある「さくらの公園」は、約3200本が花開く桜の名所です。寒緋桜やソメイヨシノ、ベニシダレザクラや八重桜などが、それぞれ開花の時期がずれているため、長く花見を楽しむことができます。
(福島県三春町産業課ご担当者様)
三春滝桜:花のアップ

三春滝桜:花のアップ

上矢印

三春滝桜【福島県】

三春滝桜【福島県】

桜の種類:ベニシダレザクラ

山高神代桜【山梨県】

山高神代桜【山梨県】

桜の種類:エドヒガンザクラ

根尾谷淡墨桜【岐阜県】

根尾谷淡墨桜【岐阜県】

桜の種類:エドヒガンザクラ

今日の天気(全国)

21日18:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ