トップ > 過去天気(2018年04月)(気象衛星)

過去の天気(2018年04月)

  • 2018
  • 04
1
2018年04月01日の気象衛星
2
2018年04月02日の気象衛星
3
2018年04月03日の気象衛星
4
2018年04月04日の気象衛星
5
2018年04月05日の気象衛星
6
2018年04月06日の気象衛星
7
2018年04月07日の気象衛星
8
2018年04月08日の気象衛星
9
2018年04月09日の気象衛星
10
2018年04月10日の気象衛星
11
2018年04月11日の気象衛星
12
2018年04月12日の気象衛星
13
2018年04月13日の気象衛星
14
2018年04月14日の気象衛星
15
2018年04月15日の気象衛星
16
2018年04月16日の気象衛星
17
2018年04月17日の気象衛星
18
2018年04月18日の気象衛星
19
2018年04月19日の気象衛星
20
2018年04月20日の気象衛星
21
2018年04月21日の気象衛星
22
2018年04月22日の気象衛星
23
2018年04月23日の気象衛星
24
2018年04月24日の気象衛星
25
2018年04月25日の気象衛星
26
2018年04月26日の気象衛星
27
2018年04月27日の気象衛星
28
2018年04月28日の気象衛星
29
2018年04月29日の気象衛星
30
2018年04月30日の気象衛星
1
2018年05月01日の気象衛星
2
2018年05月02日の気象衛星
3
2018年05月03日の気象衛星
4
2018年05月04日の気象衛星
5
2018年05月05日の気象衛星

天気概況(2018年04月)

2018年04月
日本付近は寒気が南下しにくく、南から暖かい空気が流れ込みやすかった。このため、北日本から西日本にかけては気温が高く、東・西日本はかなり高くなった。特に、21日と22日は、日本付近は南から高気圧に覆われて気温が上昇し、飯塚(福岡県)など46地点で4月の日最高気温の記録を更新した。また、日本付近は低気圧と高気圧が交互に通過して全国的に概ね数日の周期で天気が変化したが、東日本の太平洋側から沖縄・奄美にかけては、移動性高気圧に覆われやすかったため日照時間が多く、特に西日本の太平洋側と沖縄・奄美ではかなり多くなった。一方、14日から15日と24日から25日にかけて、日本付近を低気圧が発達しながら通過したため、全国的に天気が崩れ大雨となった所もあった。東日本の日本海側では、低気圧や前線の通過時に湿った空気が流れ込みやすく、月降水量はかなり多かった。

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ