トップ > 過去天気(2018年01月)(アメダス・風向・風速)

過去の天気(2018年01月)

天気概況(2018年01月)

2018年01月
上旬は日本付近を低気圧が頻繁に通過。北日本や東日本の日本海側を中心に曇りや雪または雨の日が多く、東日本の太平洋側や西日本でもまとまった雨となった日があった。中旬前半は西日本を中心に強い寒気が流れ込み、東日本の日本海側で大雪となった。新潟は12日の最深積雪が80cmとなり、2010年2月以来8年ぶりに積雪が80cmに達した。中旬後半は寒気の南下が弱まり、気温が上昇。下旬は22日から23日は低気圧が本州の南岸を発達しながら通過し、関東甲信地方や東北の太平洋側で大雪。東京は22日の積雪が23cmとなり、2014年2月以来4年ぶりに積雪が20cmを超えた。低気圧の通過後は日本付近は強い冬型の気圧配置が続き、東・西日本を中心に強い寒気が流れ込んだ。日本海側を中心に暴風雪や大雪となったところがあったほか、太平洋側でも雪雲が流れ込むところがあり、26日には名古屋で3cmの積雪。気温は平年を大きく下回り、さいたま(埼玉県)では26日に最低気温が氷点下9度8分と1977年12月の統計開始以来最も低い気温を観測するなど、25日から27日にかけて東京都や埼玉県の各地点で日最低気温の観測史上1位の値を更新。

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ