トップ > 過去天気(2017年12月)(雨雲の動き)

過去の天気(2017年12月)

天気概況(2017年12月)

2017年12月
日本付近で偏西風が南に蛇行し、強い寒気が断続的に流れ込んだため、全国的に気温が低く、西日本ではかなり低かった。冬型の気圧配置となる日が多く、日本海側では曇りや雪または雨の日が多かったため、北日本の日本海側では日照時間がかなり少なく、東・西日本の日本海側でも少なかった。一方、太平洋側では晴れた日が多く、東日本の太平洋側では日照時間が多かった。沖縄・奄美では寒気の影響で、曇りの日が多く、日照時間はかなり少なかった。北日本や東日本の日本海側では気圧の谷や低気圧の影響を受けやすかったため、東日本の日本海側の降水量はかなり多く、北日本の日本海側でも多かった。特に、12日頃や27日頃は発達した低気圧や、その後の強い冬型の気圧配置により、北日本や東日本の日本海側を中心に大雪となった。一方、西日本では気圧の谷の影響を受けにくかったため、西日本の日本海側の降水量はかなり少なかった。

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ