トップ > 過去天気(2017年07月)(雨雲の動き)

過去の天気(2017年07月)

天気概況(2017年07月)

2017年07月
暖かい空気が流れ込み、高気圧に覆われやすかった北・西日本の月平均気温はかなり高く、北海道でも真夏日を観測。梅雨前線の影響を受けにくかった北日本太平洋側では、月間日照時間がかなり多かった。梅雨前線は日本海から北陸地方や東北日本海側に停滞することが多く、太平洋高気圧は日本の南海上で北西への張り出しが強かった。この縁を回って暖かく湿った空気が流れ込み、梅雨前線の活動が活発になり、日本海側を中心に局地的に大雨。5~6日、「平成29年7月九州北部豪雨」が発生、記録的な大雨に。23日は梅雨前線に伴う大雨で秋田県で雄物川などが氾濫。月降水量は東日本日本海側でかなり多く、北日本日本海側で多かった。梅雨前線の影響を受けにくかった東・西日本太平洋側の月降水量は少なかった。7月には8個の台風が発生。2日に沖縄の南で発生した台風3号は、3~5日に先島諸島から本州付近へ。21日に南鳥島近海で発生した台風5号は28日に小笠原諸島に接近。26日にフィリピンの東で発生した台風9号は29日に先島諸島に接近。沖縄・奄美では太平洋高気圧に覆われやすかったため、月平均気温は高く、月降水量は少なかった。

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ