トップ > 過去天気(2016年01月)(気象衛星)

過去の天気(2016年01月)

天気概況(2016年01月)

2016年01月
月の前半は冬型の気圧配置が弱かったが、月の後半は冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が流れ込む時期があった。18日から19日は低気圧が本州南岸を通過し、18日は太平洋側で大雪となった所があった。21日にかけては低気圧が北海道の東で発達し、北海道や日本海側で暴風雪となった。23日から25日は西日本から沖縄・奄美を中心に強い寒気が流れ込み、日本海側で大雪、九州や四国でも大雪となり、24日は長崎(長崎県)で最深積雪17cmと月最深積雪の記録を更新した。名瀬(鹿児島県)で115年ぶりに雪、久米島(沖縄県)で39年ぶりに、名護(沖縄県)で観測史上初めてみぞれを観測した。25日前後は冷え込みが強まり、74地点で日最低気温の低い記録を更新した。月平均気温は東・西日本と沖縄・奄美で高かった。月間日照時間は、東日本太平洋側で多かったが、東日本日本海側、西日本、沖縄・奄美ではかなり少なかった。月降水量は北日本日本海側で平年並の他は多く、特に沖縄・奄美は月降水量が平年比243%と最も多い記録を更新した。

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ