トップ > 過去天気(2015年06月)(天気図)

過去の天気(2015年06月)

天気概況(2015年06月)

2015年06月
梅雨前線が西日本南岸から東日本南海上に停滞し活動が活発だった。このため、西日本では寡照で月平均気温は低く、太平洋側では月降水量が多かった。特に、前線が停滞しやすかった九州南部では、月降水量が平年比227%となり、統計を開始した1946年以降、6月としては最も降水量が多く、月間日照時間はかなり少なかった。一方、梅雨前線から離れた東北地方では梅雨入りはかなり遅く、東北南部では26日ごろ(1951年以降、遅い方からの1位タイ)、東北北部では27日ごろだった。また、朝鮮半島付近から北・東日本にかけては、上空に寒気が流れ込みやすかった。特に中旬の中頃から下旬のはじめにかけては、北・東日本の上空に寒気が流れ込み、雷を伴った局地的に激しい雨や突風があった。また、北海道日本海側では上旬の前半に低気圧と上空の寒気の影響で大雨となった所があり、月降水量はかなり多かった。一方、太平洋高気圧の日本の南から沖縄付近への張り出しが強く沖縄・奄美では、月平均気温が平年比+1.8℃と、統計を開始した1946年以降、6月としては最も高温となった。また、沖縄地方では、平年よりかなり早い11日ごろに梅雨明けした。(梅雨入り・明けは速報値)

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ