トップ > 過去天気(2015年01月)(気象衛星)

過去の天気(2015年01月)

天気概況(2015年01月)

2015年01月
上旬は冬型の気圧配置となる日が多く、特に上旬はじめは強い寒気が南下し、ほぼ全国的に気温が低くなり、日本海側では大雪となった。西日本では雪雲が太平洋側にも流れ込んで各地で積雪となり、3日には京都で積雪が22cmとなった。しかし、中旬以降は、冬型の気圧配置は長続きせず、低気圧がたびたび本州付近を通過した。30日は低気圧が本州南岸沿いを北東進したため、ほぼ全国的に雨または雪となった。東北太平洋側や関東甲信地方では雪の所が多く、宮城県石巻では積雪が27cmとなった。寒気の南下は弱く、低気圧の接近に伴い暖かい空気が流れ込んだため、月平均気温は、北日本から西日本にかけて高かった。また、日本海側の月降雪量は少なく、北日本日本海側ではかなり少なかった。低気圧の影響で、東日本太平洋側と西日本では月降水量が多くなり、西日本太平洋側ではかなり多くなった。沖縄・奄美では、低気圧の影響を受ける日は少なく、大陸から張り出す高気圧に覆われやすかったため、月平均気温は平年並で、月降水量はかなり少なかった。

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ