トップ > 過去天気(2014年05月)(気象衛星)

過去の天気(2014年05月)

天気概況(2014年05月)

2014年05月
月を通して日本付近を低気圧と高気圧が交互に通り、北日本から西日本にかけては、天気は数日の周期で変わったが、東・西日本を中心に高気圧に覆われて晴れる日が多かった。このため、月降水量は少なく、月間日照時間は、東・西日本ではかなり多くなった。東日本太平洋側、西日本太平洋側、西日本日本海側の月間日照時間は、それぞれ平年の137%、130%、135%と、5月としては統計を開始した1946年以降最も多い値となった。一方、沖縄・奄美は、低気圧や前線の影響で曇りや雨の日が多かった。南から湿った気流が入りやすく前線の活動が活発だったことから、月降水量が多く、月間日照時間がかなり少なくなった。気温は、上旬前半、中旬前半、下旬後半に南から暖かい空気が入り、北日本を中心に平年を大幅に上回ったため、北・東日本では月平均気温が高かった。特に下旬後半は、最高気温が30℃以上の真夏日となり、各地で5月の気温の最も高い値を更新した。

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ