トップ > 過去天気(2012年01月)(気象衛星)

過去の天気(2012年01月)

天気概況(2012年01月)

2012年01月
優勢なシベリア高気圧の影響で冬型の気圧配置が強く、日本付近に強い寒気が流れ込んだ影響で、月平均気温は北日本から西日本にかけて低くなった。北日本から西日本にかけての日本海側では曇りや雪または雨の日が多く、北日本から西日本のアメダスを含む15地点(気象官署、アメダス合わせて330地点中の数)で1月の月最深積雪の大きい方からの一位を更新し、山地では3メートルを超える積雪となったところがあった。また、北日本日本海側では上旬末から中旬中頃にかけて、北日本から西日本にかけての日本海側では下旬中頃から月末にかけて、非常に強い寒気が流れ込んだ影響で、所々で降雪量が多くなった。北日本から西日本にかけての太平洋側では、晴れの日が多かったが、冬型の気圧配置が一時的に緩んだ中旬中頃から下旬初めにかけては、日本の南海上を通過した低気圧の影響で雨や雪が降り、大雪となった所があった。沖縄・奄美では、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気や気圧の谷の影響で曇りや雨の日が多く、月間日照時間はかなり少なかった。

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ