トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 3年続けて寒い冬に

3年続けて寒い冬に

2013年9月25日 15時5分

戸田 よしか戸田 よしか
[日本気象協会本社] 気象予報士

近年の冬の寒さ

近年の冬の寒さ

今日、気象庁が発表した、長期予報(冬の天候の予報)によると、今年の冬も「寒い冬」となる見込みです。10月の気温は平年より高い予想。11月には平年並みで、秋らしく。そして、季節は急ぎ足に進み、12月の気温は全国的に平年並みか低くなる見込みです。さらに、12月から2月にかけての気温は、全国的に「平年並みか低い」予想になっています。

今年の冬も「寒冬」傾向に。日本海側を中心に大雪も。

上の図は、ここ数年の「10月~2月」にかけての「全国の真冬日地点数」を累積したものです。

縦軸の値が大きい年ほど「寒い年」といえます。

2010年度の冬(黄色の線)
2011年度の冬(水色の線)は、気温がほぼ平年並みでした。
これに比べ、昨年と一昨年は、寒さの厳しい冬となりました。

冒頭にあるとおり、今年の冬も、昨年、一昨年に続いて、「寒い冬」となる見込みです。
気象庁の発表した「寒候期予報」によれば、冬(12月から2月)の間の気温は全国的に平年並みか低い予想となっています。

それに伴って、雪の量も多くなりそうです。

12月から2月にかけての、雪の降る量は、
北陸から北の日本海側、西日本の日本海側(近畿北部や山陰)で、「平年並みか多い」予想となっています。

北陸から北では、2年連続で大雪傾向でした。
(昨冬は、青森県の酸ヶ湯で最深積雪566センチを観測 : 1979年の統計開始以来1位)
今年も大雪傾向となることが予想されています。
さらに、昨年は雪の量が少なめだった西日本の日本海側も、今年は雪の量が多くなりそうです。

尚、10月から12月の「3か月予報」についての詳細は、今夜の「関口予報士」の記事を参考にして下さい。

(2013年9月25日 15時5分)

最新の5件

20日の天気 北陸から北は雷雨に注意 NEW!

9月20日 6時42分

きょう(20日)は、北陸から北で大気の状態が不安定。特に日本海側では激しい雨や雷雨となるおそれがあります。また、台風18号による大雨で地盤が...  [詳細を見る]

水曜 大気非常に不安定 落雷注意

9月19日 19時6分

20日(水)は上空に寒気を伴った低気圧が近づき、北陸から北海道の日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定になるでしょう。そのほかの地域も急な...  [詳細を見る]

台風18号による大雨や暴風のまとめ

9月19日 18時36分

台風18号は昨夜(18日)、温帯低気圧に変わりましたが、3連休は列島各地に猛威をふるいました。  [詳細を見る]
北海道の雷と雨雲の様子(15時45分までの1時間)

北海道や東北で雷雲発生中

9月19日 17時53分

北海道や東北で雨雲や雷雲が発生しています。激しい雨の観測された所もあります。  [詳細を見る]

九州 19日朝は肌寒く、日中は残暑

9月19日 17時17分

昨夜(18日)の九州は穏やかに晴れたため、けさの最低気温は宮崎県の五ヶ瀬町鞍岡で11.5度まで下がるなど、今シーズン一番気温が下がりました。...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

20日06:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ