トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 東京は20年ぶりの大雪、このあと大雪の中心は北へ

東京は20年ぶりの大雪、このあと大雪の中心は北へ

2014年2月8日 20時30分

中谷雪乃中谷雪乃
気象予報士 防災士

雪に埋もれる自転車(8日夕方、甲府市街地)

雪に埋もれる自転車(8日夕方、甲府市街地)

8日午後8時現在の東京都心の積雪は25センチで、20年ぶりの20センチ台になりました。関東甲信地方の広い範囲で大雪になっており、交通機関にも大きな影響が出ています。このあと大雪の中心は東北の太平洋側へと移るでしょう。9日の日中には関東甲信の雪はやみますが、路面凍結に注意が必要です。

大雪の中心は次第に東北へ

関東甲信は大雪になっています。
8日午後8時現在の積雪は東京都心で25センチ。20センチ台は1994年の23センチ以来、20年ぶりです。甲府で39センチ、千葉で26センチ(観測開始以来1位タイ)、横浜は16センチでした。関東甲信の雪はピークを越えつつありますが、9日の明け方まで雪が降り、積雪はさらに増えるでしょう。
このあとは大雪の中心は東北へと移り、東北の太平洋側は9日夜遅くにかけて、大雪や暴風雪に警戒が必要です。

<9日18時までの24時間に予想される降雪量(多い所)>
東北 山沿い50センチ、平地40センチ
関東 山沿い30センチ、平地20センチ(東京20センチ、神奈川県東部15センチ)
甲信 15センチ

また、関東では9日昼前にかけて、東北の太平洋側では9日夜のはじめ頃にかけて、海上を中心に非常に強い風が吹くでしょう。特に関東地方の海上では、8日夜遅くから9日明け方にかけて猛烈な風が吹き、海上は猛烈にしける見込みです。

<9日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)>
関東甲信 陸上25メートル(35メートル)
東海 陸上18メートル(30メートル)
東北 陸上15メートル(30メートル)

雪がやんでも路面凍結に注意

関東では、9日の日中は大体晴れる見込み。気温は10度くらいまで上がりますが、大雪になっているため解けにくく、日陰では雪が残りそうです。引き続き足元にご注意ください。

(2014年2月8日 20時30分)

最新の5件

冬の嵐 月曜の朝は太平洋側も雪か

1月21日 18時32分

22日から23日にかけては再び冬の嵐となるでしょう。西日本まで強い寒気が流れ込むため、23日の朝には西日本の太平洋側にも雪雲がかかる可能性が...  [詳細を見る]

冬将軍 週明けにまた襲来

1月21日 16時36分

22日(日)に低気圧や前線が日本列島を通過したあと、強い寒気が流れ込むでしょう。また冬の嵐になりそうです。  [詳細を見る]

関東 強い北風 都心19.8メートル

1月21日 16時9分

関東地方は北よりの風が強まっており、都心は午後1時過ぎに最大瞬間風速19.8メートルを観測しました。午後6時頃にかけて強い風に注意が必要です...  [詳細を見る]

長野周辺はドカ雪 群馬北部にも雪雲

1月21日 14時9分

長野県の小谷村では、わずか半日で50センチ近い雪が積もりました。また、菅平高原の正午の積雪は122センチと、1月の最深積雪の記録を更新。群馬...  [詳細を見る]

東北の太平洋沿岸部 積雪が急増

1月21日 12時38分

岩手県では沿岸部で積雪が一気に増えています。久慈市や岩泉町ではわずか半日で約20センチの雪が積もりました。  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 南保 勇人
    • 南保 勇人
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 第二種電気工事士
    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士
    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士

今日の天気(全国)

22日00:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ