トップ > 日直予報士 > 記事概要 > ふたご座流星群ピーク 月と木星接近も

ふたご座流星群ピーク 月と木星接近も

2017年12月14日 14時41分

中川 裕美子中川 裕美子
[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

14日の星空指数(14日12時発表)

14日の星空指数(14日12時発表)

きょう14日(木)は、三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」が見頃です。月明かりの影響は少なく、観察しやすいでしょう。また、あす15日(金)の明け方には細い月と木星が近くに並んで輝きます。

ふたご座流星群が見頃

きょう14日(木)は、三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」が見頃です。国立天文台によると、今年の活動の極大は、きょう16時頃と予想されており、残念ながら空が明るい時間帯です。でも、極大後の今夜も流星群の活動はまだまだ活発で、多くの流れ星を見られるチャンスがあります。また、月明かりがあると流れ星が見えにくくなりますが、月が昇ってくるのは明け方で、さらに細い月ですので、月明かりの影響は少ないでしょう。

空の暗い場所で観察すれば、今年は最も多いときで1時間に40個程度の流れ星を見られる可能性があるとのことです。また、都市部でもなるべく人工の明かりを避ければ流れ星を見ることができます。まずは暗さに目が慣れるまで、15分程度は空を見ておくとよいでしょう。放射点が高くなる夜10時頃からが観察におすすめです。

細い月と木星が接近

また、流れ星とともに、月と惑星の接近も楽しむことができます。けさは火星に近づいた細い月が、あす15日(金)の明け方には木星に寄り添います。細い月ですので、月の影の部分がうっすらと光る「地球照」も観察できるかもしれません。月と木星の上には火星やスピカも輝きます。ふたご座流星群も同時に見ることができたらラッキーですね。

観察には寒さ対策必須

今夜からあすの明け方にかけても全国的に強い冷え込みとなるでしょう。長い時間外にいることで、想像以上に体が冷え切ってしまいます。夜空を見上げる際は、保温効果の高いインナーやブランケット、カイロなどを用意するなど、寒さ対策を万全にしましょう。

(2017年12月14日 14時41分)

最新の5件

札幌の気温 1月下旬に記録的急降下 NEW!

1月21日 17時30分

今月の札幌は気温が高めで経過しており、1月上旬と中旬の平均最高気温はいずれも平年より高くなりました。 しかし、今日(21日)は午後3時までの...  [詳細を見る]

日曜は3月並み 月曜は冷蔵庫の中 NEW!

1月21日 16時46分

21日(日)は関東から西は晴れた所が多く、日中は3月並みの所が多くなりました。ただ、あすは全国的に雨や雪で、関東から西では10度を下回り一桁...  [詳細を見る]
週間予報

今週の天気 南岸低のち強い冬型

1月21日 14時26分

あす22日(月)は、低気圧が発達しながら本州の南岸を東へ進むでしょう。このため、西日本から東日本の太平洋側でも雪が降り、平野部でも積もるおそ...  [詳細を見る]
東京で5センチ以上の最深積雪(過去5年間) 写真は2014年の横浜市内

東京の大雪 ここ5年で4回 月曜警戒

1月21日 13時15分

22日(月)は、南岸低気圧の影響で関東地方は内陸を中心に大雪、東京23区など平地でも積雪の恐れがあります。過去5年間、南岸低気圧による首都圏...  [詳細を見る]
写真:練馬区付近(都築 未来撮影) 注:この写真は霜柱です

初霜 例年並みで終着

1月21日 10時42分

きょう(21日)は、下関から初霜の便りがありました。今シーズンの初霜は帯広からスタートし、下関で終着。例年並みです。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日16:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ