トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 台風21号 週明けに九州~関東直撃か

台風21号 週明けに九州~関東直撃か

2017年10月18日 16時33分

中川 裕美子中川 裕美子
[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

最新の5日進路予報では、台風21号は日曜日から月曜日頃にかけて九州から関東に接近する可能性が高く、上陸の恐れもでてきました。また、本州の南には前線が停滞するため、台風の接近前から大雨となる所があるでしょう。

台風の影響大

上の図は、きょう18日(水)午後3時50分発表の台風21号の5日進路予報です。23日(月)の予報円が、九州から関東にかかっています。台風21号は22日(日)から23日(月)頃にかけて九州から関東に接近する可能性が高く、いずれかの地方に上陸の恐れもでてきました。このあと台風は急速に発達し、あす19日(木)には非常に強い勢力となる見込みです。台風の進む速度が速まった場合には、勢力があまり衰えずに、日本へ近づくことも考えられ、週末以降は大荒れの天気となる所があるでしょう。

台風の接近前から大雨注意

また、本州の南には前線が停滞するため、台風の接近前から大雨となる恐れもあります。21日(土)頃からは台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、前線の活動が活発化する見込みです。このため、台風から離れていても断続的に雨が降り、台風本体の発達した雨雲がかかる前に、すでに雨の量が多くなっている可能性があります。

最新の台風情報の確認を

なお、台風の中心が予報円に入る確率は70%です。また、台風の中心は必ずしも予報円の中心を進むわけではありません。上図の最新の5日進路予報の場合、台風の中心が予報円の西よりのコースを通った場合は九州に接近・上陸する恐れがありますが、一方で、予報円の東よりのコースを通った場合は本州の南海上を進み、上陸することはありません。このように、台風の進路予報にはまだ幅がある状態です。台風が北上する速度によっては、本州へ近づくタイミングも変わってきます。このあとも最新の台風情報を確認してください。

(2017年10月18日 16時33分)

最新の5件

都心周辺 雪や雨が降り始めました

1月22日 7時57分

22日、関東地方は午前6時頃から弱いみぞれや雨の降り始めた所があります。昼頃までは所々で雪がちらついたり、雨がぱらついたりそうです。昼頃から...  [詳細を見る]

22日 関東甲信大雪 交通機関に影響

1月22日 6時38分

22日、関東甲信地方でも大雪となるおそれ。東京23区も含め広い範囲で積雪となる見込み。午後から夜は風が強まってくるでしょう。大雪による交通障...  [詳細を見る]

関東 雪の降りはじめとピークは

1月22日 5時30分

きょう22日、関東地方は平野部でも雪が積もり、大雪の恐れ。広い範囲で本格的に雪が降るのは昼頃からで、雪のピークは夕方から夜。交通機関の乱れに...  [詳細を見る]

関東も含めて 太平洋側で大雪の恐れ

1月21日 21時0分

月曜日は、関東も含めて、普段あまり雪の降らない太平洋側で、大雪となる可能性。  [詳細を見る]
関東の降雪量予想(写真は2014年2月8日横浜市内)

東京23区 10センチ以上の降雪予想

1月21日 18時6分

関東地方は22日(月)昼頃から雪が降り始め、23日(火)明け方にかけて大雪となる恐れがあります。東京23区でも10センチ以上の降雪が予想され...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

22日10:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ