トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 少雨一転、大雨の恐れ 九州から関東

少雨一転、大雨の恐れ 九州から関東

2017年6月19日 16時32分

中川 裕美子中川 裕美子
[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

九州や四国は20日以降、近畿から関東は21日以降、発達した雨雲がかかり、滝のような雨の所も。平年の6月ひと月分に匹敵するような記録的な雨が、2日足らずの短い間で一気に降ってしまう恐れもあります。

梅雨前線ようやく北上

九州から近畿と東海、関東は4月下旬頃から雨の少ない状態が続いています。6月6日から7日にかけて一斉に梅雨入りしたものの、梅雨前線は日本の南海上に離れて停滞する日が多く、まとまった雨は降っていません。ただ、あす20日(火)からは梅雨前線が本州付近まで北上してくるため、梅雨らしく、雨の降る日が多くなるでしょう。特にあす20日(火)から22日(木)にかけては梅雨前線上の低気圧が本州付近を東進して、南から雨雲のもととなる暖かく湿った空気が大量に流れ込みます。このため広い範囲で雨の量が多くなる恐れがあります。

断続的に激しい雨

あす20日(火)は、九州は次第に発達した雨雲がかかり、南部では夕方以降に滝のような雨の降る所があるでしょう。滝のような雨とは、ゴーゴーと降り続く雨で、車の運転は危険になるほどです。21日(水)に日付が替わる頃からは九州北部や中国、四国にも発達した雨雲がかかるでしょう。さらに近畿や東海、関東と、雨の範囲は次第に東へ広がり、沿岸部を中心に土砂降りの雨となる所がありそうです。また、南よりの風が強まり、横なぐりの雨となる所もあるでしょう。

わずか1~2日程度で一気に雨が降る

今回の雨は1日から1日半程度の比較的短い間に、一気に多くの雨が降るというのがポイントです。太平洋側の沿岸部では激しい雨が断続して降り、平年の6月ひと月分の降水量に匹敵するような記録的な雨が、2日足らずの短い間で一気に降ってしまう恐れもあります。あれよあれよという間に川の水かさが増えたり、低い土地に水が流れ込んだりするでしょう。ただ、ちょっとした前線の動きで、強い雨のエリアが変わってくる可能性があります。雨の詳しい時間や降り方は、今後もtenki.jpで最新の情報を確認してください。

(2017年6月19日 16時32分)

最新の5件

20日 北は真冬 沖縄は4月並み

2月20日 6時43分

20日は、北海道や東北、北陸は引き続き、真冬並みの寒さ。雪でふぶく所があるでしょう。一方、関東から九州は各地で晴れて19日より最高気温が上が...  [詳細を見る]
19日の河津桜 提供:河津町観光協会

河津桜 見ごろ近い 寒さの影響は?

2月19日 18時43分

静岡県河津町の河津桜はきょう(19日)、川沿いは1〜2分咲き、発祥の記念木は3分咲きとなっています。見ごろは例年通り2月下旬から3月上旬。あ...  [詳細を見る]

あす3月並み花粉注意 週末冬で雪注意

2月19日 16時35分

あす(20日:火曜)は関東地方は雪や雨は降らず、日中は晴れて3月上旬並み。花粉症の方は対策万全に。週後半は再び真冬の寒さで雪の心配ありです。  [詳細を見る]
札幌市北区の上篠路雪堆積場(2018年02月02日)撮影:日本気象協会北海道支社 蝦名生也

北海道 多雪地帯はなだれに注意

2月19日 12時51分

今日(19日)の北海道は、午後も道北では雪が降りやすく、道央や道南などでも雪の降る所があるでしょう。道北や道央の内陸の積雪は平年の約1.6倍...  [詳細を見る]

雨雲や雪雲 予想ほど陸地にかからず

2月19日 12時22分

あす(20日)にかけて本州の南を低気圧が東へ進むことで太平洋側は広く雨や雪を予想していましたが、雨雲はほとんど陸地にかからず経過しそうです。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

20日08:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ