トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 桜の開花と満開は遅めに 日本気象協会

桜の開花と満開は遅めに 日本気象協会

2017年3月29日 16時35分

中川 裕美子中川 裕美子
[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

29日(水)、日本気象協会は第6回桜の開花予想を発表。2017年の桜前線は平年より遅いペースで進んでおり、平年よりかなり遅い開花の所も。今週末にかけては九州から関東でようやく開花ラッシュとなりますが、満開まで少し時間がかかりそうです。都心は2日(日)に満開の予想です。

今年の桜はゆっくり

2017年の桜前線は平年より遅いペースで進んでいます。九州地方や四国地方では、平年よりかなり遅い開花となるところもありそうです。今週末にかけて、九州地方から関東地方の多くのところで桜が開花する見込みです。すでに桜が開花した東京、名古屋、広島、福岡などでは開花から満開までの日数が10日前後となり、4月の上旬に各地で満開の桜の下、お花見を楽しめそうです。4月は全国的に平年並みの気温が続く予想で、北陸地方や東北地方の南部の桜は平年並みかところにより早く、4月上旬に開花するでしょう。北海道も平年並みで、ゴールデンウィークに開花が始まる見込みです。

日本三大桜の開花と満開は?

日本三大桜は、福島県三春町の「三春滝桜」(ベニシダレザクラ)、山梨県北杜市の「山高神代桜」(エドヒガンザクラ)、岐阜県本巣市の「根尾谷 淡墨桜」(エドヒガンザクラ)を指します。いずれの桜も、大正11年(1922年)に国の天然記念物に指定されています。山高神代桜は31日(金)に開花が予想され、4月6日(木)に満開を迎えるでしょう。
第7回の桜開花予想は、4月5日(水)に発表予定で、以降、4月下旬まで毎週水曜日に発表します。お花見やお出かけの計画の参考になさって下さい。

(2017年3月29日 16時35分)

最新の5件

26日の天気 関東から北はまだ真冬

2月26日 6時32分

26日は、低気圧が日本の東へ離れ、次第に日本付近は高気圧に覆われます。北海道と東北の日本海側では曇りや雪の所が多いですが、そのほかは大体晴れ...  [詳細を見る]

今週の天気 春の嵐で気温上昇

2月25日 19時17分

週の中頃は春の嵐となりそうです。雨風ともに強く、沿岸部を中心に大荒れの天気に。春一番が吹く所が多い見込み。暖かい南風で、各地で気温は一気に上...  [詳細を見る]

2月の北海道 70年ぶりの寒さに?

2月25日 18時38分

今日(25日)の北海道も気温が低く、午後3時までの最高気温は最も高い十勝地方の広尾でも氷点下1.0度にとどまっています。 1月の北海道は地域...  [詳細を見る]

関東の雨や雪は朝まで 天気は回復へ

2月25日 17時52分

今夜(25日)からあす(26日)にかけて、本州の南を低気圧が東へ進む見込み。この低気圧は南に離れた所を通る予想。関東では、雨雲や雪雲がかかる...  [詳細を見る]

26日 寒さと暖かさの境界は東海付近

2月25日 14時46分

東海から西は最高気温15度以上の所も。関東から北は真冬並み。関東は通勤の朝に雨の所もあり一段と寒い。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

26日08:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ