トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 桜の開花と満開は遅めに 日本気象協会

桜の開花と満開は遅めに 日本気象協会

2017年3月29日 16時35分

中川 裕美子中川 裕美子
[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

29日(水)、日本気象協会は第6回桜の開花予想を発表。2017年の桜前線は平年より遅いペースで進んでおり、平年よりかなり遅い開花の所も。今週末にかけては九州から関東でようやく開花ラッシュとなりますが、満開まで少し時間がかかりそうです。都心は2日(日)に満開の予想です。

今年の桜はゆっくり

2017年の桜前線は平年より遅いペースで進んでいます。九州地方や四国地方では、平年よりかなり遅い開花となるところもありそうです。今週末にかけて、九州地方から関東地方の多くのところで桜が開花する見込みです。すでに桜が開花した東京、名古屋、広島、福岡などでは開花から満開までの日数が10日前後となり、4月の上旬に各地で満開の桜の下、お花見を楽しめそうです。4月は全国的に平年並みの気温が続く予想で、北陸地方や東北地方の南部の桜は平年並みかところにより早く、4月上旬に開花するでしょう。北海道も平年並みで、ゴールデンウィークに開花が始まる見込みです。

日本三大桜の開花と満開は?

日本三大桜は、福島県三春町の「三春滝桜」(ベニシダレザクラ)、山梨県北杜市の「山高神代桜」(エドヒガンザクラ)、岐阜県本巣市の「根尾谷 淡墨桜」(エドヒガンザクラ)を指します。いずれの桜も、大正11年(1922年)に国の天然記念物に指定されています。山高神代桜は31日(金)に開花が予想され、4月6日(木)に満開を迎えるでしょう。
第7回の桜開花予想は、4月5日(水)に発表予定で、以降、4月下旬まで毎週水曜日に発表します。お花見やお出かけの計画の参考になさって下さい。

(2017年3月29日 16時35分)

最新の5件

関東 GW前半 降水確率がやや高め

4月24日 18時42分

関東地方のゴールデンウィーク前半の天気は、晴れる日が多いものの、降水確率がやや高めです。日差しが届いていても、お出かけの際は傘が必要になる可...  [詳細を見る]
23日撮影 有明海(佐賀県鹿島市) 

潟開き 潮干狩りシーズン

4月24日 17時31分

きのう(23日)に続き、きょう(24日)も九州は気持ちのよい青空が広がりました。 佐賀県鹿島市ではあす(25日)、有明海の干潟体験シーズンを...  [詳細を見る]

水曜日は広く雨 GW初日は一部で雨

4月24日 16時38分

今週は晴れる日が多いですが、26日(水)は広く雨に、太平洋側を中心に本降りの雨も。ゴールデンウィーク初日の29日(土)も一部で雨具が必要にな...  [詳細を見る]

気温上昇 初夏の陽気の所も

4月24日 15時52分

きょう24日(月)は全国的に気温が高く、初夏の陽気となった所も。札幌は1週間ぶり、青森は5日ぶりに15度以上に。金沢は6日ぶりに20度を超え...  [詳細を見る]

北海道 25日は寒冷前線が近づく

4月24日 12時48分

昨日(23日)は道南の松前町でサクラが開花し(町による独自観測)、今日は日中にかけて晴れる見込みです。明日から明後日は寒冷前線が近づき、通過...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

24日22:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ