トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 冬将軍が大暴れ 交通機関に影響大

冬将軍が大暴れ 交通機関に影響大

2017年1月11日 16時32分

中川 裕美子中川 裕美子
[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

週末は冬将軍がさらにパワーアップ。日本海側を中心に大荒れ、大雪の恐れがあります。太平洋側も局地的に雪雲が流れ込み、平地でも雪の積もる所があるでしょう。強風や雪による交通機関への影響に注意が必要です。
週末は冬将軍がさらにパワーアップ。全国的に風が強く、日本海側だけでなく、太平洋側でも雪が予想されます。

ポイント①季節風が強い
14日(土)は、冬型の気圧配置が強まり、等圧線が縦に何本も並びます。全国的に季節風が強く吹く見込みです。海や山を中心に大荒れとなる恐れがあります。沿岸部では高波にも注意が必要です。屋外のレジャーは、安全を最優先に考えて、計画を見直しましょう。

ポイント②太平洋側でも雪
寒気のレベルは今シーズン最強です。日本海側では断続的に雪が降り、積雪がさらに増えて、大雪となる恐れがあります。また、強烈な寒気は北の地方だけでなく、西日本まで流れ込みます。平地に雪を降らせる目安となる寒気が、四国や九州まですっぽりと覆う見込みです。このため、関東から西の太平洋側でも雪の降る所があるでしょう。東海地方では岐阜県の山地を中心に、平地でも大雪となる所がある見込みです。近畿中部や近畿南部、四国の平地でも雪の積もる可能性があります。普段、雪の少ない地方で雪が予想されるため、交通機関への影響が懸念されます。センター試験など、外出の予定がある方は時間に余裕を持って行動しましょう。

ポイント②寒さも強烈
週末は寒さがより厳しくなるでしょう。14日(土)の最高気温は今季一番低くなる所があり、東京都心、名古屋、大阪いずれも5度の予想です。冷たい季節風が寒さに拍車をかけるでしょう。朝の冷え込みも強く、特に15日(日)は全国の9割弱の地点で冬日(最低気温が0度未満)が予想されます。都心も氷点下の予想で、手足がかじかむような冷え込みとなりそうです。受験生は寒さへの対策も考えておきましょう。

(2017年1月11日 16時32分)

最新の5件

北海道1か月の天気傾向

北海道1か月 冬将軍・下旬は一休み NEW!

12月14日 19時13分

14日、札幌管区気象台は1か月予報を発表しました。12月中旬を中心に寒気の影響を受けるため、気温は平年より低いでしょう。12月中旬はまだ厳し...  [詳細を見る]

寒さと雪はどうなる? 1か月予報 NEW!

12月14日 18時43分

最新の1か月予報が発表されました。クリスマスなどイベントも多くなってきますが、引き続き、厳しい寒さや雪に注意が必要です。  [詳細を見る]
14日の星空指数(14日12時発表)

ふたご座流星群ピーク 月と木星接近も

12月14日 14時41分

きょう14日(木)は、三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」が見頃です。月明かりの影響は少なく、観察しやすいでしょう。また、あす15日(金)の...  [詳細を見る]

週間天気 日曜日は再び寒波

12月14日 11時49分

寒波が17日(日)に再び襲来。日本海側は広く雪で、北陸から北では雪や風が強まって荒れた天気になるおそれがあります。  [詳細を見る]

台風26号「カイタク」発生

12月14日 10時33分

14日午前9時、フィリピンの東で台風26号「カイタク」が発生しました。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

14日18:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ