トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 気になる週末の天気 関東は雪?雨?

気になる週末の天気 関東は雪?雨?

2016年1月27日 14時41分

中川 裕美子中川 裕美子
[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

そのほかの地点は画像をクリック

そのほかの地点は画像をクリック

週末は南岸低気圧の影響で、関東は冷たい雨や雪の予想。今のところ、雪は山沿いが中心ですが、平野部でも雪になる可能性あり。雪は降るのか、積もるのか、最新の情報をお伝えします。

またまた南岸低気圧

またしても関東に雪を降らせる「南岸低気圧」がやってきます。
先週18日(月)は、低気圧が急速に発達しながら関東の南岸を通過。
関東の広い範囲で雪となり、都心など平野部でも雪が積もるなど、交通機関は大混乱に。
23日(土)は大寒波の中、南岸低気圧が通りましたが、雪や雨が降ったのはごく一部で、降水量も少なく、パラパラ・チラチラ程度でした。
同じ南岸低気圧でも雪が積もったり、雨すら降らなかったり、様々です。
さて、今回の南岸低気圧により、雪は降るのかどうか、最新の情報をお伝えします。

今週末は雪?雨?

雨具が必要となるのは29日(金)から。
今のところ、平野部では昼ごろから雨の降りだす所が多いでしょう。
これより雨の時間が早くなり、まだ気温の低い時間に降り出すと、雪になる所もでてきそうです。
ただ、降り始めは量が少ないため、雪として降ってもチラつくくらいで、降り始めからどんどん積もる可能性は低いです。

30日(土)は、気温の場としては高くなっていくため、南部では多くの所で「雨」が予想されています。
ただ、降水量が多いのがポイントで、本降りの雨が続く見込みです。
平年の1月ひと月分の雨が降るような所も予想されており、1月としては雨の量が多くなるでしょう。
沿岸部を中心に風が強まることも予想され、レインコートやレインブーツが役立ちそうです。
なお、地上の気温が高くても、雨の降り方が強まることにより、上空の寒気を引き込んで雪になることがあります。
最新の予報では、平野部でも北部の宇都宮などは雪になる時間もありそうです。
万が一、雪のまま降り続くと、降水量が多いだけにまとまった雪となる可能性もあるため、注意が必要です。

31日(日)も冷たい雨や雪が残るでしょう。
都心(千代田区)も雪マークになっています。
これは、30日(土)よりも上空の気温が下がるためで、雪になっても今のところ比較的短い時間でやむ予想です。

南岸低気圧の発達具合や進路によっては、雨や雪の降り出す時間、降り方などの予想が変わる可能性があります。
ちょっとした気温や湿度の違いで雨になったり雪になったりしますので、今後も必ず最新の気象情報を確認してください。

(2016年1月27日 14時41分)

最新の5件

26日午前9時の予想天気図

九州雨量増加 来月梅雨前線日本海へ

6月25日 18時33分

25日(日)は、梅雨前線の影響で、九州や四国の沿岸部、紀伊半島の一部の主に西日本の太平洋側で大雨になりました。同日未明には、和歌山県で記録的...  [詳細を見る]
雨が強まった札幌(2017年6月25日) 撮影:日本気象協会北海道支社 岡本肇

今月の札幌 107年ぶりの大雨に!

6月25日 17時37分

今日(25日)の北海道は、付近を通過している低気圧の影響で広く雨が降り、札幌でも昼頃には雨脚が強まりました。 今月の札幌は、今日の午後3時の...  [詳細を見る]

今週の天気 梅雨空続き蒸し暑い

6月25日 16時36分

今週は、前半は九州から関東甲信・北陸で梅雨空、後半は東北も梅雨空に戻りそうです。湿度が高く、蒸し暑い日が続くでしょう。  [詳細を見る]
土砂災害や河川の氾濫などに警戒

大雨続く 土砂崩れ、川の氾濫に警戒を

6月25日 8時30分

全国的に雨の日曜日。九州から東海は局地的な大雨。関東も沿岸部の一部で激しく降る。北海道も雷を伴う所あり。  [詳細を見る]
紀伊半島の雨雲の様子

和歌山県で記録的短時間大雨

6月25日 4時1分

和歌山地方気象台は、和歌山県内で記録的短時間大雨を観測したと発表しました。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

25日20:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ