トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 台風8号 6日までに非常に強い勢力へ

台風8号 6日までに非常に強い勢力へ

2014年7月5日 15時4分

中川 裕美子中川 裕美子
[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

台風8号の予想進路図(5日12時45分発表) ※9日と10日の予報円は加筆

台風8号の予想進路図(5日12時45分発表) ※9日と10日の予報円は加筆

強い台風8号は発達しながらフィリピンの東を北西進。6日までには「非常に強い」勢力となり、7日に沖縄の南へ進むでしょう。7日の沖縄は風や雨が急に強まり、8日にかけて大荒れの天気となりそうです。また、9日は九州へ、10日は四国や本州へ接近する恐れがあります。

7日の沖縄は風や雨が「急に」強まる

5日12時現在、強い台風8号は発達しながらフィリピンの東を北西へ進んでいます。6日までには「非常に強い」勢力となり、7日9時には「非常に強い」勢力のまま沖縄の南へ達する見込みです。

衛星画像を見てみますと、
5日12時の衛星画像

5日12時の衛星画像

台風の「眼」がパッチリ。発達していることが分かります。いまのところ、雲は台風の中心付近に集まっていますので、台風が近づくと風や雨が急に強まり、波も急に高くなるという、天気の急変に注意が必要なパターンです。7日(月)の沖縄は、次第に台風の外側の雨雲がかかり、非常に強い風が吹くでしょう。急に強まる風・雨、急に高くなる波に注意してください。8日(水)は暴風が吹く恐れもあり、大荒れの天気となるでしょう。

九州から本州 台風の接近前から雨の降り方に注意

7日9時の予想天気図
7日9時の予想天気図
台風8号はさらに北上を続け、9日(水)には九州へ接近し、10日(木)にかけては四国や本州にも近づくと見られます。台風の直接的な影響を受けるのはまだ少し先ですが、7日(月)には九州北部から山陰付近に梅雨前線が停滞する見込みです。台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、梅雨前線の活動が活発になる恐れがあります。台風が近づく前から雨の量が多くなることも考えられます。日曜日のうちに食料の確保や非常用グッズの確認など、大雨に備えておくとよいでしょう。

(2014年7月5日 15時4分)

最新の5件

今週の天気(1月23日~1月29日)

今週の天気 週前半は冬の嵐 大雪警戒 NEW!

1月22日 19時0分

24日(火)まで日本海側を中心に冬の嵐。大雪に警戒。27日(金)は再び西から天気が下り坂へ。  [詳細を見る]
22日午後2時ごろの札幌

札幌 記録的に雪が少ない? NEW!

1月22日 18時19分

今日(22日)の北海道は、低気圧の接近によって強い雪が降っています。 札幌でも一時、見通しが悪くなるほどの強い雪になりましたが、午後6時まで...  [詳細を見る]
予想天気図

23日 通勤の朝 大阪中心部も雪

1月22日 16時40分

23日は全国で気温低く、北風強く、厳寒。九州から近畿の太平洋側も雪予想。大阪は朝の通勤時と重なりそう。  [詳細を見る]

22日 九州は平地でも積雪

1月22日 8時37分

きょうは寒冷前線が本州付近を通過。九州では山沿いを中心に大雪となり、平地でも積雪のおそれがあります。また、低気圧が近づく北海道は次第に冬の嵐...  [詳細を見る]

冬の嵐 月曜の朝は太平洋側も雪か

1月21日 18時32分

22日から23日にかけては再び冬の嵐となるでしょう。西日本まで強い寒気が流れ込むため、23日の朝には西日本の太平洋側にも雪雲がかかる可能性が...  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 南保 勇人
    • 南保 勇人
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 第二種電気工事士
    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士
    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士

今日の天気(全国)

22日20:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ