トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 大寒波はこれから 大雪の警戒期間

大寒波はこれから 大雪の警戒期間

2016年1月18日 12時26分

深水 瑶子深水 瑶子
[日本気象協会東北支局] 気象予報士 防災士

全国的に大荒れの天気になるでしょう。18日、急速に発達する低気圧は北日本に向かいますが、西からは大寒波が近づいてきます。引き続き警戒・注意が必要です。

日本列島 2つの低気圧で大荒れ

18日9時、急速に発達する低気圧は東海道沖を東北東に進んでいます。
低気圧はさらに発達をしながら進み、日本付近は次第に強い冬型の気圧配置になる見込みです。低気圧に伴う雪の中心は東北と北海道に移るでしょう。
また、日本海に発生した別の低気圧が本州に近づき、天気を崩します。九州北部と山陰から北陸は次第に雷を伴うような、発達した雪雲がかかりやすくなる見込みです。

全国的 暴風・高波に警戒

全国的に風が強まるでしょう。
19日にかけて予想される最大瞬間風速は30~40メートル。立っていられなかったり、通常の速度で車の運転ができないくらいの風が吹く見込みです。海は大しけとなる所があるでしょう。
雪の降る所では猛ふぶき吹きだまりにより、交通に影響が出る可能性があります。できれば不要不急の外出は控えたり、予定を変更した方がよさそうです。
また、湿った雪が吹きつけて電線などに着雪し、停電する恐れもあります。雪の降る地域では停電への備えをなさってください。

大寒波 西からやってくる

西から次第にかなり強い寒気が流れ込む見込みです。山陽や四国、九州南部にも雪雲がかかることもあるでしょう。
19日の朝、起きると、山陽や四国、九州南部の平地でも雪の積もっている所がありそうです。

冬型の気圧配置 続く

19日以降も冬型の気圧配置は続く見込みです。
そして23日土曜日から24日日曜日にかけて冬型の気圧配置が強まり、この冬、最強の寒波がやってきそうです。
日本海側では今までの雪不足を取り返すかのように雪が降り続きますので、大雪に警戒が必要です。
また、天気が回復する太平洋側も厳しい寒さが続きます。路面の凍結にご注意ください。

(2016年1月18日 12時26分)

最新の5件

水曜 大気非常に不安定 落雷注意

9月19日 19時6分

20日(水)は上空に寒気を伴った低気圧が近づき、北陸から北海道の日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定になるでしょう。そのほかの地域も急な...  [詳細を見る]

台風18号による大雨や暴風のまとめ

9月19日 18時36分

台風18号は昨夜(18日)、温帯低気圧に変わりましたが、3連休は列島各地に猛威をふるいました。  [詳細を見る]
北海道の雷と雨雲の様子(15時45分までの1時間)

北海道や東北で雷雲発生中

9月19日 17時53分

北海道や東北で雨雲や雷雲が発生しています。激しい雨の観測された所もあります。  [詳細を見る]

九州 19日朝は肌寒く、日中は残暑

9月19日 17時17分

昨夜(18日)の九州は穏やかに晴れたため、けさの最低気温は宮崎県の五ヶ瀬町鞍岡で11.5度まで下がるなど、今シーズン一番気温が下がりました。...  [詳細を見る]

暑さ彼岸まで? 東京の真夏日いつまで

9月19日 16時34分

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、関東から西では、今年は彼岸を過ぎても、まだ真夏日の所がありそうです。半袖の洋服は、いつまで必要なのでしょ...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

19日20:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ