トップ > 日直予報士 > 深水 瑶子

  • 深水 瑶子
  • 深水 瑶子
  • [日本気象協会東北支局] 気象予報士 防災士
  • 瀬戸内生まれ。
    パンを作りながら、天気の移り変わりを感じること、しばしば。
    2016年春に東北支局へ。宮城県で気象解説をしています。
    あなたの「知りたい」にこたえられるような記事作りを心掛けます。

深水 瑶子が書いた最新の記事(10件)

(福島県福島市・花見山)

桃源郷・花見山の桜いつ?東北の天気

2017年3月25日 20時50分

東北も南部を中心に桜の便りが待ち遠しい頃となりました。福島市が全国に誇る花の名所、花見山の情報とともに桜の開花予想と天気をお伝えします。  [詳細を見る]
宮城県登米市・長沼フートピア公園

長沼ボート場とマラソン!東北の天気

2017年3月19日 19時19分

あす春分の日もお出かけ日和となりそうです。きょう19日の東北は各地で晴れて、マラソンにもまずまず。多くのランナーが東京オリンピックのボート競技会場候補地となった長沼の周りを走りました。東北の天気とともにお伝えします。  [詳細を見る]
22日正午ごろ・蔵王

アイスモンスター見頃 東北の天気

2017年2月22日 21時2分

アイスモンスターが見頃です。22日、宮城県では天気の崩れを心配することなく、アイスモンスターとも呼ばれる樹氷を見ることができました。東北の天気とともにお伝えします。  [詳細を見る]
仙台市太白区・八木山動物園

バレンタイン後は雨のち吹雪東北の天気

2017年2月12日 20時25分

春は一瞬で真冬へ逆戻りしそうです。今週の東北は木曜日ごろから天気が崩れ、荒れた天気となる恐れも。バレンタインの恋の成就に一役買ってくれそうな動物園のヤギも心配です。詳しくお伝えします。  [詳細を見る]
阿武隈ライン舟下り(今月25日・宮城県伊具郡丸森町)

今度はいつ?雪景色の舟下り 東北

2017年1月29日 19時48分

真冬でもめったに見られない景色です。宮城県では25日、青空のもと雪景色と舟下りを楽しむことができました。この先も絶景を期待できるのでしょうか。東北の1ヶ月予報とともにお伝えします。  [詳細を見る]
正午ごろの宮城県石巻市・金華山

金運上がる青空 のち 大雪恐れ・東北

2017年1月8日 19時38分

東北に冬の嵐が訪れそうです。きょう8日の日中は広い範囲で晴れ間が出て、成人式や神社へのお参りにもまずまずとなりました。南岸低気圧が離れた後は強い冬型の気圧配置となる日が多くなる見込みで、大荒れや大雪の恐れがあります。  [詳細を見る]
仙台市太白区・愛宕神社

2017年初日の出 東北・仙台でも

2017年1月1日 8時10分

2017年は美しい初日の出でスタートです。仙台にある愛宕神社から初日の出を拝むことができました。  [詳細を見る]

朝市賑わう 東北 年末年始の天気

2016年12月29日 15時47分

年末年始は比較的穏やかでしょう。きょう29日の東北地方は日本海側を中心に雪が降っていますが、年明けにかけて大荒れになるということはなさそうです。仙台朝市の様子とともにお伝えします。  [詳細を見る]
青森県北津軽郡鶴田町・鶴の舞橋

鶴の舞橋で雪のクリスマス 東北の雪は

2016年12月25日 18時37分

冬の天気分布が続きそうです。25日は日本海側を中心にホワイトクリスマスとなりました。年末も押し詰まってきましたが、お正月にかけては日本海側を中心に雪の降る日が多くなる見込みです。東北の雪の見通しをお伝えします。  [詳細を見る]
仙台市青葉区

もう冬へのカウントダウン?東北の天気

2016年11月13日 20時47分

冬へのカウントダウンが始まっています。今週の東北は15日火曜日の雨をきっかけに、晩秋らしい冷たい空気が流れ込んでくる見込みです。  [詳細を見る]

最新の5件

ムシムシ暑い北海道!

北海道 蒸し暑さが続く!NEW!

6月28日 19時38分

この先一週間、北海道では蒸し暑い日が続きそうです。熱中症や食中毒には注意が必要です

関東 7月初めは猛暑 熱中症厳重警戒NEW!

6月28日 18時57分

もうすぐ7月。関東では7月3日(月)から4日(火)をピークに、今年一番の体にこたえる暑さに見舞われそうです。群馬県や埼玉県など暑さで有名な所...

週末から酷暑 まだ実感わかない37度

6月28日 16時37分

週末から真夏のような暑さに。真夏日地点は全国のアメダスの半数以上にのぼり、37度まで気温の上がる所も。東京都心では夜も気温が下がりにくく、熱...

6月の九州 北は少雨、南は多雨

6月28日 15時59分

6月下旬に入り、九州は梅雨前線の影響を受けて、曇りや雨の梅雨空が続いています。今月の降水量は、九州南部は平年並みか平年より多くなっていますが...

梅雨入り後の雨の量は?

6月28日 15時2分

九州から関東は梅雨入りから20日ほどたっていますが、太平洋側と日本海側で雨の量が大きく違っています。

今日の天気(全国)

28日18:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ

/