トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 関東甲信、観測史上1位の記録的な大雪

関東甲信、観測史上1位の記録的な大雪

2014年2月15日 7時34分

tenkiニュース速報tenkiニュース速報
tenkiニュース速報

15日5時頃の八王子市内の様子、大きなスコップが埋まるくらいの大雪
15日5時頃の八王子市内の様子、大きなスコップが埋まるくらいの大雪
関東甲信は内陸部を中心に記録的な大雪になっている。山梨県内ではたった1日で約1メートル積雪が増え、甲府や河口湖では観測開始以来の最も積雪が多くなっている。そのほか、秩父や前橋、熊谷、長野県の飯田や軽井沢などでも、観測史上1位の積雪。今朝は、沿岸部で雨に変わってきているが、内陸部ではあと数時間は大雪に警戒が必要だ。(日本気象協会)

過去100年で一番の大雪

本州南岸を北東へ進んでいる低気圧の影響で、関東甲信は昨夜から雪の降り方が強まり、今朝にかけて記録的な大雪になっている。山梨県内はたった1日で約1メートル積雪が増え、午前7時は甲府で110センチ、河口湖で138センチと観測開始以来の1位を更新している。そのほか、秩父で96センチ、軽井沢で80センチ、飯田で72センチ、前橋で71センチ、熊谷で62センチと、いずれも観測開始以来最多。群馬県や栃木県の平野部、埼玉県の北部、茨城県の県西地域、山梨県ではあと2~3時間、埼玉県の秩父地方は昼前にかけて、長野県の中部や南部は夕方にかけて大雪が続く見込みで、気象台は大雪による交通障害などに警戒を呼びかけている。

関東沿岸部は大雨に警戒

沿岸部は15日未明にかけてが雪のピークで、最深積雪は東京都心で27センチと先週末の大雪に並び、横浜で28センチと16年ぶりに20センチを超えた。明け方から関東の沿岸部は雪から雨に変わった所が多く、昼前にかけて1時間に30ミリ以上の激しい雨の降るおそれがある。16日6時までの24時間に予想される降水量は多い所で100ミリの見込みで、土砂災害、河川の増水やはん濫に警戒し、低い土地の浸水に注意が必要だ。

(2014年2月15日 7時34分)

最新の5件

5月下旬 午後9時頃の南の空

北海道 夜空に浮かぶ夫婦星

5月28日 14時56分

春から初夏の星空は真夏や冬に比べて明るい星が少なく少しさびしいですが、そんななかでも「夫婦星」と呼ばれる二つの明るい星が夜空を彩っています。...  [詳細を見る]

今週の天気 晴れと暑さから曇りや雨へ

5月28日 14時0分

今週前半は広い範囲で晴れて、この時期としては暑いでしょう。熱中症に注意を。後半は曇りや雨となりそうです。  [詳細を見る]
広く晴れて 汗ばむ陽気(5月28日)

5月最後の日曜 広く晴れて汗ばむ陽気

5月28日 8時56分

5月も残りあと少し。暑い日が多かった印象がありますが今日も日差しが強く冷たい物が欲しくなるような陽気。  [詳細を見る]

日曜の関東 午後は雲がモクモク

5月27日 18時32分

28日(日)の関東地方は、午前中は広く晴れて、内陸部も暑くなるでしょう。ただ、午後は雲が広がりやすくなります。範囲は狭いものの、山沿いを中心...  [詳細を見る]
※グラフの横軸は日付

東京 5月に日照多く、夏は猛暑か

5月27日 16時55分

東京は今月、日照が多くなっています。近年、5月に日照が多い年は夏が暑くなる傾向。今年も猛暑か。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

28日18:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ