トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 北海道の1か月 そろそろ初雪?

北海道の1か月 そろそろ初雪?

2017年10月12日 18時57分

佐藤 貴子佐藤 貴子
[日本気象協会北海道支社] 気象予報士

北海道 1か月の天気傾向

北海道 1か月の天気傾向

12日、札幌管区気象台は1か月予報を発表しました。気温は10月中旬が平年より低く、下旬から平年並みか高くなりますが、向こう1か月の気温は平年並みか低くなるでしょう。また、中旬は高気圧に覆われやすいため、向こう1か月の降水量は平年並みか少なく、日照時間は平年並みか多い見込みです。

週ごとの詳しい天気

(10月14日~10月20日)
14日(土)は気圧の谷が通過するため、日本海側を中心に雨が降りやすいでしょう。15日(日)は日本海側でしぐれ模様となり、北部を中心に弱い雨の降る所がありますが、太平洋側とオホーツク海側は天気の大きな崩れはない見込みです。16日(月)以降は、日本海側の所々で弱い雨がある他は、全般に天気の崩れはなさそうです。気温は平年より低い日が多く、15日~17日は10月下旬並みの肌寒さの所が多くなります。
(10月21日~10月27日)
冬型の気圧配置となる日もありますが、高気圧に覆われやすい見込みです。日本海側では、平年に比べて曇りや雨の日が少ないでしょう。オホーツク海側や太平洋側は平年に比べて晴れの日が多くなりそうです。気温は平年並みか高いでしょう。
(10月28日~11月10日)
冬型の気圧配置となる日があるでしょう。日本海側では、平年と同様に曇りや雨の日が多くなりますが、オホーツク海側と太平洋側は平年通りに晴れの日が多くなりそうです。気温はほぼ平年並みでしょう。日本海側では初雪の平年日を迎える所が多くなり、平地でもそろそろ初雪という所もでてきそうです。

初雪になる?ならない?

気象台では、初雪の観測を行っています。初雪と認められるのは、雨に雪がまざって降るミゾレや、ダイヤモンドダストと呼ばれる細氷、そして霧雪(むせつ・・冷たい霧や層雲から降る小さな氷の結晶の粒)です。同じように空から白い物が降ってきても、冬以外の季節でも観測されることがあるアラレやヒョウ、凍雨(とうう)は雪としては観測されないので、アラレが降っても初雪にはなりません。ところが、アラレやヒョウは積雪(積もった雪の量)としては、観測されるんです。初雪が観測されていないのに、「積雪が〇〇cmとなりました。」ということは、時折あるんですね。
初雪とは

初雪とは

初雪の平年日

これからは、寒気が入り、空から降る物があれば、雪になることが普通の季節となってきます。タイヤ交換などは天気予報を見ながら計画的にできるとよさそうですね。

(2017年10月12日 18時57分)

最新の5件

15日 寒気は撤退 でも西から雨雲 NEW!

12月15日 6時58分

居座っていた強い寒気は、ようやく離れます。きょう15日、穏やかに晴れる所が多く、日本海側の雪も止むでしょう。ただ、西からはジワジワと雨雲が近...  [詳細を見る]
北海道1か月の天気傾向

北海道1か月 冬将軍・下旬は一休み

12月14日 19時13分

14日、札幌管区気象台は1か月予報を発表しました。12月中旬を中心に寒気の影響を受けるため、気温は平年より低いでしょう。12月中旬はまだ厳し...  [詳細を見る]

寒さと雪はどうなる? 1か月予報

12月14日 18時43分

最新の1か月予報が発表されました。クリスマスなどイベントも多くなってきますが、引き続き、厳しい寒さや雪に注意が必要です。  [詳細を見る]
14日の星空指数(14日12時発表)

ふたご座流星群ピーク 月と木星接近も

12月14日 14時41分

きょう14日(木)は、三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」が見頃です。月明かりの影響は少なく、観察しやすいでしょう。また、あす15日(金)の...  [詳細を見る]

週間天気 日曜日は再び寒波

12月14日 11時49分

寒波が17日(日)に再び襲来。日本海側は広く雪で、北陸から北では雪や風が強まって荒れた天気になるおそれがあります。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

15日08:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ