トップ > 日直予報士 > 佐藤 貴子

  • 佐藤 貴子
  • 佐藤 貴子
  • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士
  • https://www.facebook.com/jwanews.hokkaido/
  • 北海道の長期予報や天気のポイントをお伝えしていこうと思います。
    そして、愛犬のココと一緒に、北海道の四季を沢山お届けしていきます。

    現在は、STVラジオ「日高晤郎ショー」「十人十色」などの各番組をはじめ、FMいるかの気象コーナーを担当しています。


    【日本気象協会北海道支社】
    公式Facebookにて独自のニュースや生活に役立つ季節の話題、イベント情報などを発信中です。

佐藤 貴子が書いた最新の記事(10件)

1ヶ月の天気傾向

北海道の1ヶ月 雪あり厳しい寒さあり

2017年1月12日 19時9分

12日、札幌管区気象台は北海道の1ヶ月予報を発表しました。気温は平年並みか低く、下旬を中心に厳しい寒さとなりそうです。降水量はオホーツク海側で平年並みか多く、日本海側はほぼ平年並み、太平洋側は平年並みか少ない見込みです。なお、15日~16日にかけては荒れた天気となり、今後の現象の推移によっては大荒れや大雪となる恐れがあります。交通機関が乱れる恐れがあるため、センター試験などを受ける際は事前に複数の交通手段をチェックしておくと安心です。  [詳細を見る]
1ヶ月の天気傾向

北海道の1ヶ月 寒さと大荒れも!?

2017年1月5日 19時38分

5日、札幌管区気象台は北海道の1ヶ月予報を発表しました。気温は平年並みか低く、1月中旬は厳しい寒さとなる日がありそうです。降水量は日本海側とオホーツク海側で平年並みか多く、中旬は局地的な大雪となることもありそうです。太平洋側はほぼ平年並みで、冬晴れの日が多いでしょう。  [詳細を見る]
北海道の1ヶ月

北海道1ヶ月 雪の日少なく、流氷早い

2016年12月29日 20時47分

29日、札幌管区気象台は北海道の1ヶ月予報を発表しました。気温はほぼ平年並みですが、オホーツク海側では年明けに厳しい寒さとなる日がありそうです。降水量は平年並みか少なく、1月の2週目は日本海側とオホーツク海側では平年よりも雪の降る日が少なくなる見込です。また、流氷は平年よりも早く南下しており、網走では平年よりも早い1月上旬~中旬に流氷初日を迎えられそうです。  [詳細を見る]
天気傾向

北海道の1ヶ月 年末は冷え込む

2016年12月22日 19時41分

22日、札幌管区気象台は北海道の1ヶ月予報を発表しました。明日23日は大荒れの天気となりますが、クリスマスや年末年始など気になる天気について解説します。気温は平年並みか低く、特に年末にかけては全道的に寒さが強まる日が多くなりそうです。降水量は日本海側と太平洋側では、ほぼ平年並みでしょう。一方、オホーツク海側は平年並みか多く、年末にかけてはまとまった量の雪の降る所がありそうです。  [詳細を見る]
天気傾向

北海道1月~3月 寒さ厳しい季節へ

2016年12月21日 18時7分

21日、札幌管区気象台は北海道の3ヶ月予報を発表しました。気温は平年並みか高く、厳しい寒さとなったり、幾分緩んだりと気温の変動が大きくなりそうです。1月から2月は一年の中で最も寒さが厳しい季節、多少寒さが緩んでもしっかりとした防寒対策は必要です。降水量は平年並みか多く、1月は全般に雪の降る日が多くなるでしょう。2月以降も日本海側は雪が降りやすいですが、オホーツク海側と太平洋側では晴れる日が増える見込みです。  [詳細を見る]
今後の天気傾向

北海道の1ヶ月 クリスマス寒波?!

2016年12月15日 18時54分

15日、札幌管区気象台は北海道の1ヶ月予報を発表しました。気温は平年並みか高いでしょう。降水量は日本海側とオホーツク海側は平年並みか少なく、太平洋側はほぼ平年並みの見込みです。来週(18日以降)はいったん寒さが緩み、雪の降る日も少なくなりそうです。しかし、クリスマス頃から再び寒さが強まり、日本海側やオホーツク海側を中心に雪の降る日が増えそうです。  [詳細を見る]
天気傾向

北海道の1ヶ月 ダイヤモンドダストも

2016年12月8日 19時11分

8日、札幌管区気象台は北海道の1ヶ月予報を発表しました。気温はほぼ平年並みですが、16日にかけては平年より低い日が多くなる見込みです。ダイヤモンドダストが見られる日も増えてきそうです。降水量も平年並みですが、12月中旬にかけては平年より雪の降る日が多くなる見込みです。なお、10日(土)頃はオホーツク海側を中心に大荒れの天気となる恐れがあるため、最新の気象情報に注意して下さい。  [詳細を見る]
天気の傾向

北海道の12月 中旬は厳しい寒さも

2016年12月1日 19時18分

1日、札幌管区気象台が北海道の1ヶ月予報を発表しました。気温はほぼ平年並みですが、中旬は平年並みか低く、厳しい寒さとなりそうです。降水量は平年並みか多く、特に2週目は平年よりも冬型の気圧配置が強まり、日本海側やオホーツク海側では曇りや雪の日が多く、まとまった量の雪が降る恐れもありそうです。  [詳細を見る]
天気の傾向

北海道の冬 12月~2月

2016年11月25日 18時37分

25日、札幌管区気象台は北海道の3ヶ月予報を発表しました。気温は平年並みか高く、降水量は平年並みか多い予想です。降雪量はほぼ平年並みでしょう。12月と1月は日本海側やオホーツク海側で雪の降る日が多く、太平洋側では例年よりも冬晴れの日が少ない見込みです。2月は例年通りに日本海側とオホーツク海側で雪が降りやすく、太平洋側で晴れる日が増えるでしょう。  [詳細を見る]
北海道の天気傾向

北海道の1ヶ月 寒さ緩んで、強まって

2016年11月24日 19時40分

24日、札幌管区気象台は北海道の1ヶ月予報を発表しました。気温はほぼ平年並みですが、強い寒さの日といったん寒さが和らぐ日がありそうです。降水量は平年並みか多くなる見込みです。なお、28日頃は発達する低気圧と冬型の気圧配置が強まる影響で荒れた天気となる恐れがあります。最新の気象情報に注意して下さい。  [詳細を見る]

最新の5件

西から下り坂 傘の出番の所が多いNEW!

1月18日 8時24分

きょうは気圧の谷が近づくため、西から天気は下り坂です。

金曜 荒れた天気や局地的な大雪の恐れ

1月17日 19時7分

穏やかな天気は続かず、20日(金)の「大寒」から広く荒れた天気となる恐れがあります。

金曜日 都心も雪が降る?

1月17日 16時33分

20日(金)は、都心周辺も含めて、関東の平野部でも雪が降る可能性があります。
2017年春のスギ花粉飛散開始予測 前線図

【第3回】2017年春の花粉飛散予測

1月17日 14時30分

日本気象協会は2017年春の花粉飛散予測第3報を発表しました。2月上旬に九州北部や中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンがはじまり、3月...

寒波去り 東京4日ぶり10度以上

1月17日 14時6分

今日(17日)は日本列島からは強烈な寒波は抜けて、日本海側の雪は弱まっています。太平洋側は晴れて、日差しの温もりを感じられる所が多くなってい...

今日の天気(全国)

18日08:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ

/