トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 九州 2018年春の花粉飛散予測

九州 2018年春の花粉飛散予測

2017年10月3日 18時0分

石掛 貴人石掛 貴人
[日本気象協会九州支社]気象予報士

九州の2018年春のスギ・ヒノキ科花粉飛散量は、「例年並み」か「例年よりやや多くなる」見込みです。花粉症の方は来年春も十分な対策が必要です。

2018年春の花粉飛散量

2018年春のスギ・ヒノキ科花粉の飛散量は、大分県・熊本県・宮崎県は「例年よりやや多い」、福岡県・佐賀県・長崎県・鹿児島県は「例年並み」の見込みです。
例年より花粉飛散量が多かったことしの春に比べると、2018年春は飛散量が少なくなるところが多いと予想されますのが、それでも花粉症の方は十分な対策が必要となりそうです。

この夏の天候と花粉飛散量の関係

一般に、夏に晴れて暑い日が多いと、その翌年の春に花粉飛散量が多くなる傾向があります。これは、花粉を飛ばす雄花のもととなる花芽が夏に形成されるためです。九州では、ことしの夏は、梅雨明けが早く、その後は気温が高く暑い夏となりました。このため、花芽が例年並み以上に形成されているものと考えられ、2018年春の花粉の飛散量も「例年並み」あるいは「例年よりやや多い」と予想されます。

(2017年10月3日 18時0分)

最新の5件

関東ポカポカから一転 極寒で風冷たい

12月11日 18時58分

12日(火)の関東地方は気温が急降下。11日(月)はポカポカ陽気で11月並みの気温でしたが、12日(火)は年末年始頃の気温に。たった1日で2...  [詳細を見る]

ラニーニャ現象発生 日本への影響は?

12月11日 18時10分

11日(月)、気象庁はエルニーニョ監視速報を発表。ラニーニャ現象が発生しているとみられ、今後春まで続く可能性が高くなっています。  [詳細を見る]

12月なのに真冬の寒気で極寒 関東も

12月11日 16時34分

まだ12月なのに日本列島には、また真冬並みの強い寒気が流れ込みます。火曜は月曜より気温が大幅に低くなる所が多く、厳しい寒さに。関東も暖かかっ...  [詳細を見る]
今日(11日)朝9時頃の札幌中心部は水たまりが 撮影:日本気象協会北海道支社蝦名生也

北海道 路面状況の変化に注意

12月11日 12時50分

今日(11日)の北海道は、道央や道南などで気温が高くなっています。そのため札幌市内では雪が解けて、濁った泥水の水たまりができています。車の運...  [詳細を見る]

関東朝から暖か 千葉は9時に約16度

12月11日 12時16分

日本付近には強い寒気が迫りつつありますが、きょうの関東は朝の冷え込みが緩み、神奈川県や千葉県ではきのうの朝に比べて10度近く高くなった所も。...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

11日20:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ