トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 九州 ヒノキ科花粉 飛散のピーク

九州 ヒノキ科花粉 飛散のピーク

2017年4月4日 17時1分

石掛 貴人石掛 貴人
[日本気象協会九州支社]気象予報士

きょう(4日)の九州は穏やかに晴れて気温がぐんぐん上がりました。きょうの最高気温は熊本県の人吉市で25.0度まで上がり、夏日になるなど、多くの所で今年一番の陽気となりました。このところの暖かさで、ヒノキ科花粉の飛散が急速に増えています。

九州 ヒノキ科花粉 一気に増加

九州のヒノキ科花粉の飛散は、3月の中ごろから始まりましたが、その後は寒の戻りで気温が低い状態が続いたため、飛散は抑えられていました。しかし4月に入り、きょう(4日)は今シーズン初めて九州で最高気温が25度以上の夏日の所がでるなど、気温の上昇とともに各地で飛散数が急速に増加しています。九州では1平方センチメートルあたり1000個以上と極めて多いヒノキ科花粉の飛散を観測した所も出てきています。九州は今シーズンのヒノキ科花粉のピークに入ったと見られますので、花粉症の方は万全の対策をなさってください。

九州 ヒノキ科花粉のピークは、いつまで?

この春の九州のヒノキ科花粉のピークは、これから4月中旬にかけての見込みです。花粉が飛びやすい日は、晴れて暖かい日です。風が強いとさらに遠くまで花粉が飛んでいきます。春本番の陽気は花粉の飛散に十分な注意が必要です。ヒノキ科花粉のピークは花見の時季と重なりますので、気象情報で天気や気温の変化を把握し、花粉対策を十分に行うようにしましょう。

(2017年4月4日 17時1分)

最新の5件

1か月予報 秋雨前線の影響受けやすく NEW!

8月24日 18時51分

最新の1か月予報が発表されました。残念ながら9月は秋雨前線の影響を受けやすく、待望の青空が長く続く所は少ないでしょう。ただ、関東から西は蒸し...  [詳細を見る]

金曜も丸一日暑い 熱帯夜と猛暑日続出 NEW!

8月24日 17時2分

今夜からあす25日の朝にかけても気温はなかなか下がらず、この時期としては何度もないような寝苦しさが続きます。25日の日中も残暑が厳しく、特に...  [詳細を見る]

猛暑日150地点超え 今年最多に NEW!

8月24日 16時40分

関東から西はうだるような暑さで、35度以上の猛暑日地点は今年最も多くなりました。東京都心は猛暑日目前の34.8度でした。  [詳細を見る]

台風13号 熱帯低気圧に変わりました

8月24日 16時28分

台風13号「ハト」は、24日午後3時に、華南で熱帯低気圧に変わりました。  [詳細を見る]

山形県で1時間70ミリ 滝のような雨

8月24日 14時47分

東北地方に活発な雨雲がかかっています。山形県真室川町では1時間に70ミリを超える非常に激しい雨が降るなど、大雨になっている所があります。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

24日18:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ