トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 5日は南岸低気圧 関東で雪か 極寒に

5日は南岸低気圧 関東で雪か 極寒に

2018年1月2日 18時49分

吉田 友海吉田 友海
[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員

5日、金曜日は寒気が居座るなか、本州の南岸沿いを低気圧が進む予想。太平洋側も広く天気が崩れ、関東の平野部でも雪の可能性があります。

◆5日は南岸低気圧で雪か

5日、金曜日は本州の南岸を低気圧が進む予想です。「南岸低気圧」は時として関東地方にまとまった雪をもたらしますが、低気圧の動きや発達具合、上空の寒気、地上付近の気温によって、雪で降るのか雨で降るのか、もしくは降水域がかからないのか予想が大きく変わる可能性があります。

5日は、関東地方には夕方から降水域がかかる見込みです。上空1500メートル付近の気温が氷点下4度以下だと、関東地方の平野部でも雪になるといわれていますが、今のところ5日の夜は氷点下3度から氷点下6度くらいで経過しそうです。平野部では降りだしは雨の所が多そうですが、夜は次第に雪に変わる所があり、南部の平野部でも雪になる可能性があります。低気圧の動きは比較的早い予想で、6日、土曜日の明け方には雪や雨はやんで長く降り続くことはなさそうです。ただ、雪が積もる恐れもあり、要注意です。雪が積もった場合の移動手段など、今の内から想定しておくと安心です。
※低気圧の動きや発達具合で、まだ予想が大きく変わる可能性がありますので、最新の予報をチェックして下さい。

また、5日、金曜日は、日中もどんよりした空模様で、最高気温は7度くらいの所が多く、厳しい寒さでしょう。夜は雪や冷たい雨でいっそう冷え込みますので、万全な寒さ対策も必要です。

◆8日も注意

8日、成人の日は本州の南海上を気圧の谷が通る予想で、太平洋側でも再び天気が崩れるでしょう。今のところ、平地は雨の所が多い予想ですが、今後の情報に注意が必要です。

(2018年1月2日 18時49分)

最新の5件

都心周辺 雪や雨が降り始めました

1月22日 7時57分

22日、関東地方は午前6時頃から弱いみぞれや雨の降り始めた所があります。昼頃までは所々で雪がちらついたり、雨がぱらついたりそうです。昼頃から...  [詳細を見る]

22日 関東甲信大雪 交通機関に影響

1月22日 6時38分

22日、関東甲信地方でも大雪となるおそれ。東京23区も含め広い範囲で積雪となる見込み。午後から夜は風が強まってくるでしょう。大雪による交通障...  [詳細を見る]

関東 雪の降りはじめとピークは

1月22日 5時30分

きょう22日、関東地方は平野部でも雪が積もり、大雪の恐れ。広い範囲で本格的に雪が降るのは昼頃からで、雪のピークは夕方から夜。交通機関の乱れに...  [詳細を見る]

関東も含めて 太平洋側で大雪の恐れ

1月21日 21時0分

月曜日は、関東も含めて、普段あまり雪の降らない太平洋側で、大雪となる可能性。  [詳細を見る]
関東の降雪量予想(写真は2014年2月8日横浜市内)

東京23区 10センチ以上の降雪予想

1月21日 18時6分

関東地方は22日(月)昼頃から雪が降り始め、23日(火)明け方にかけて大雪となる恐れがあります。東京23区でも10センチ以上の降雪が予想され...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

22日10:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ