トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 年末年始も雪と寒さ注意 1か月予報

年末年始も雪と寒さ注意 1か月予報

2017年12月7日 16時36分

吉田 友海吉田 友海
[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員

この先1か月も寒気が流れ込みやすく、日本海側は雪の量が多くなり、太平洋側も平年を下回る厳しい寒さに。年末年始ごろも雪や寒さに注意が必要です。この先1か月の天気傾向をまとめました。

◆平年を下回る寒さが継続

【1週目(12月9日~15日)】
次々と強い寒気が流れ込むでしょう。北海道と本州の日本海側は雪や雨が降り、雪の量が多くなる可能性があります。特に11日(月)ごろは冬型の気圧配置が強まり、北海道や東北は大荒れの天気となる恐れがあります。太平洋側は晴れる日が多いですが、冷たい季節風が吹きつける日もあるでしょう。沖縄や奄美は平年より曇りや雨の日が多い見込みです。気温は全国的に平年より低い予想で、厳しい寒さが予想されます。朝晩は一段と冷え込み、東京都心でも氷が張るほどの冷え込みの日もあるでしょう。

【2週目(12月16日~22日)】
引き続き強い寒気が流れ込みやすいでしょう。北海道と本州の日本海側は雪や雨の降る日が多く、特に北海道から北陸は平年より雪の日が多くなりそうです。太平洋側は冬晴れの日が多くなるでしょう。沖縄は曇りや雨の日が多そうです。気温は全国的に平年並みか低く、特に北海道や東北で低い可能性が高く、凍えるような寒さが予想されます。

◆年末年始 雪や寒さに注意

【3~4週目(12月23日~1月5日)】
寒気の流れ込みやすい状態が継続しそうです。北海道と本州の日本海側は平年より雪や雨の日が多いでしょう。年末年始ごろも大雪や冬の嵐に注意が必要です。太平洋側は晴れる日が多いでしょう。沖縄や奄美はすっきりしない天気の日が多そうです。気温は北海道や東北、関東、北陸、東海で平年並みか低い予想です。例年、寒さが厳しいころですが、いつも以上に万全な寒さ対策が必要になりそうです。近畿から九州、沖縄や奄美は平年並みで、例年通り空気が冷たいでしょう。

※この先1か月もシベリア高気圧の勢力が強く、日本付近に寒気が流れ込みやすい状況が続く見込みです。日本海側は向こう1か月も平年より降雪量が多い予想ですし、気温も広く平年より低い予想です。忘年会やクリスマス、帰省など忙しい時期ですが、いつも以上に雪や寒さに注意が必要です。

(2017年12月7日 16時36分)

最新の5件

今日(11日)朝9時頃の札幌中心部は水たまりが 撮影:日本気象協会北海道支社蝦名生也

北海道 路面状況の変化に注意 NEW!

12月11日 12時50分

今日(11日)の北海道は、道央や道南などで気温が高くなっています。そのため札幌市内では雪が解けて、濁った泥水の水たまりができています。車の運...  [詳細を見る]

関東朝から暖か 千葉は9時に約16度 NEW!

12月11日 12時16分

日本付近には強い寒気が迫りつつありますが、きょうの関東は朝の冷え込みが緩み、神奈川県や千葉県ではきのうの朝に比べて10度近く高くなった所も。...  [詳細を見る]

週間天気 大雪 収まってもまた雪や雨

12月11日 11時43分

13日にかけて強い冬型の気圧配置が続きます。北日本と東日本の日本海側では大荒れの天気に。大雪となる恐れがあります。その後、いったん雪が収まっ...  [詳細を見る]

近畿 大荒れの天気に

12月11日 8時1分

11日は、日本付近は冬型の気圧配置が強まり、近畿地方の上空に真冬並みの強い寒気が流れ込んできます。日本海側では大雪になり、風も強まって大荒れ...  [詳細を見る]

11日 暴風雪や高波に警戒 大雪も

12月11日 6時43分

きょう(11日)は次第に冬型の気圧配置が強まり、上空に強い寒気が流れ込む見込みです。日本海側の各地は雪や雨で、あす(12日)にかけて大雪とな...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

11日12:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ