トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 2018年春の花粉飛散予測 第1報

2018年春の花粉飛散予測 第1報

2017年10月3日 13時11分

吉田 友海吉田 友海
[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員

日本気象協会は2018年春の花粉飛散予測を発表しました。東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みです。

1.2018年シーズンの花粉飛散傾向

2018年春の花粉飛散予測は、東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みです。特に、東北、関東甲信、四国地方では、「非常に多い」飛散量の都道府県があり、注意が必要です。中国地方は前シーズン並み、北海道、九州地方は、前シーズンと比べると少ない予測となっています。
一方、例年比でみると、東海と近畿地方ではやや多く、東北と関東甲信、九州地方では例年並みとなるでしょう。北海道、北陸、中国、四国地方では例年を下回る見込みです。

2.飛散量の予測予想根拠

花粉の飛散量は前年夏の気象条件が大きく影響します。気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散量が多くなるといわれています。2017年の夏は、全国的に気温が高く、日照時間も多くなりました。降水量は、北海道、東北、北陸で多くなりました。

3.2017年シーズンの花粉飛散状況まとめ

2017年シーズンの花粉の飛散量は、北海道では例年並み、東北から中国、四国では例年より少なく、九州では例年より多くなりました。
また、東京と大阪の過去10年の飛散傾向を見てみると、2014年までは、前年に比べて「多い」と「少ない」を繰り返していましたが、東京では2015 年以降は飛散量に目立った増減がなく、例年の半分ほどの飛散量で推移しています。大阪では2015 年、2016 年は例年の約半分の飛散量でしたが、2017年は例年並みでした。また、花粉飛散量をスギとヒノキで分けてみると、西日本ではヒノキの飛散量の割合が東日本に比べて多く、特に近畿地方は、ヒノキの割合が50%を上回る年もありました。

(2017年10月3日 13時11分)

最新の5件

関東 初真冬日へ 東京では冬日か

12月12日 18時49分

関東地方は、12日(火)は年末年始の寒さとなった所が多くなりました。午後5時までの最高気温は、群馬県草津町や栃木県日光市などで0度に届かない...  [詳細を見る]

記録的な大雪 一日に60センチ以上も

12月12日 17時54分

きょう12日は上空に強い寒気が流れ込み、東北の日本海側から山陰にかけて、所々で大雪となっています。福井県大野市の九頭竜では午後4時までの24...  [詳細を見る]

九州 今シーズン一番の厳しい寒さ

12月12日 17時21分

きょう(12日)の九州は強い冬型気圧配置で、今シーズン一番の強い寒気が流れ込んでいます。九州の北部や東シナ海側は雲が多く所々で雪や雨が降り、...  [詳細を見る]

寒波の影響 長引く 木曜日まで

12月12日 16時32分

寒波の影響が長引きます。あす水曜日も全国的に真冬並みの寒さで、日本海側は大雪や猛吹雪に警戒。木曜日は、風は収まってきますが、雪と厳しい寒さは...  [詳細を見る]

えっ?冬なのに台風のたまご発生

12月12日 15時20分

きょう12日、日本列島は各地で真冬並みの寒さ。一方で、日本の南、フィリピンの東には台風のたまごが発生しました。夏のイメージが強い台風ですが、...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

12日22:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ