トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 2018年春の花粉飛散予測 第1報

2018年春の花粉飛散予測 第1報

2017年10月3日 13時11分

吉田 友海吉田 友海
[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員

日本気象協会は2018年春の花粉飛散予測を発表しました。東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みです。

1.2018年シーズンの花粉飛散傾向

2018年春の花粉飛散予測は、東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みです。特に、東北、関東甲信、四国地方では、「非常に多い」飛散量の都道府県があり、注意が必要です。中国地方は前シーズン並み、北海道、九州地方は、前シーズンと比べると少ない予測となっています。
一方、例年比でみると、東海と近畿地方ではやや多く、東北と関東甲信、九州地方では例年並みとなるでしょう。北海道、北陸、中国、四国地方では例年を下回る見込みです。

2.飛散量の予測予想根拠

花粉の飛散量は前年夏の気象条件が大きく影響します。気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散量が多くなるといわれています。2017年の夏は、全国的に気温が高く、日照時間も多くなりました。降水量は、北海道、東北、北陸で多くなりました。

3.2017年シーズンの花粉飛散状況まとめ

2017年シーズンの花粉の飛散量は、北海道では例年並み、東北から中国、四国では例年より少なく、九州では例年より多くなりました。
また、東京と大阪の過去10年の飛散傾向を見てみると、2014年までは、前年に比べて「多い」と「少ない」を繰り返していましたが、東京では2015 年以降は飛散量に目立った増減がなく、例年の半分ほどの飛散量で推移しています。大阪では2015 年、2016 年は例年の約半分の飛散量でしたが、2017年は例年並みでした。また、花粉飛散量をスギとヒノキで分けてみると、西日本ではヒノキの飛散量の割合が東日本に比べて多く、特に近畿地方は、ヒノキの割合が50%を上回る年もありました。

(2017年10月3日 13時11分)

最新の5件

台風21号 高潮にも警戒が必要 NEW!

10月21日 15時17分

超大型で非常に強い台風21号は日本列島に大荒れの天気をもたらすおそれ。暴風や高波、大雨に加え、高潮にも警戒が必要です。  [詳細を見る]

台風21号と前線 西日本に活発な雨雲 NEW!

10月21日 12時54分

超大型で非常に強い台風21号が日本の南を北上中。台風はまだ本州からは離れていますが、秋雨前線の活動が活発になり、すでに西日本では激しい雨の降...  [詳細を見る]
台風21号の雲(午前11時現在)

台風21号 首都圏は日曜夜から暴風域

10月21日 11時59分

台風21号の進路はだいぶ定まり、日曜夜から月曜に首都圏直撃の恐れ。日曜は雨・風強まり、夜遅くには暴風域に入る所も。月曜の未明には首都圏の広い...  [詳細を見る]
今日(21日)昼前の大通り公園 撮影:日本気象協会北海道支社 杉山友衣可

北海道 週末は嵐の備えを!

10月21日 11時13分

今朝(21日)の道内は、高気圧の張り出しの中となり、日本海側やオホーツク海側を中心に秋晴れとなりました。札幌中心部も雲一つない気持ちの良い朝...  [詳細を見る]

台風21号 近畿地方も大荒れに

10月21日 9時4分

超大型で非常に強い勢力の台風21号は、近畿地方には23日の未明から明け方に最も近づく見込みです。台風の北側に停滞する前線の活動が活発になるた...  [詳細を見る]

台風21号(ラン)

21日15:00現在
台風21号(2017年10月21日15:00現在) 中心気圧 925hPa
大きさ 超大型
強さ 非常に強い
最大瞬間風速 70m/s

超大型で非常に強い台風21号が南大東島の南約400kmを北東に進んでいます


iPhoneアプリで確認 - iPadアプリで確認

今日の天気(全国)

21日14:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ