トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 2018年春の花粉飛散予測 第1報

2018年春の花粉飛散予測 第1報

2017年10月3日 13時11分

吉田 友海吉田 友海
[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員

日本気象協会は2018年春の花粉飛散予測を発表しました。東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みです。

1.2018年シーズンの花粉飛散傾向

2018年春の花粉飛散予測は、東北から近畿、四国地方までの広い範囲で、前シーズンの飛散量を上回る見込みです。特に、東北、関東甲信、四国地方では、「非常に多い」飛散量の都道府県があり、注意が必要です。中国地方は前シーズン並み、北海道、九州地方は、前シーズンと比べると少ない予測となっています。
一方、例年比でみると、東海と近畿地方ではやや多く、東北と関東甲信、九州地方では例年並みとなるでしょう。北海道、北陸、中国、四国地方では例年を下回る見込みです。

2.飛散量の予測予想根拠

花粉の飛散量は前年夏の気象条件が大きく影響します。気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散量が多くなるといわれています。2017年の夏は、全国的に気温が高く、日照時間も多くなりました。降水量は、北海道、東北、北陸で多くなりました。

3.2017年シーズンの花粉飛散状況まとめ

2017年シーズンの花粉の飛散量は、北海道では例年並み、東北から中国、四国では例年より少なく、九州では例年より多くなりました。
また、東京と大阪の過去10年の飛散傾向を見てみると、2014年までは、前年に比べて「多い」と「少ない」を繰り返していましたが、東京では2015 年以降は飛散量に目立った増減がなく、例年の半分ほどの飛散量で推移しています。大阪では2015 年、2016 年は例年の約半分の飛散量でしたが、2017年は例年並みでした。また、花粉飛散量をスギとヒノキで分けてみると、西日本ではヒノキの飛散量の割合が東日本に比べて多く、特に近畿地方は、ヒノキの割合が50%を上回る年もありました。

(2017年10月3日 13時11分)

最新の5件

20日 北は真冬 沖縄は4月並み

2月20日 6時43分

20日は、北海道や東北、北陸は引き続き、真冬並みの寒さ。雪でふぶく所があるでしょう。一方、関東から九州は各地で晴れて19日より最高気温が上が...  [詳細を見る]
19日の河津桜 提供:河津町観光協会

河津桜 見ごろ近い 寒さの影響は?

2月19日 18時43分

静岡県河津町の河津桜はきょう(19日)、川沿いは1〜2分咲き、発祥の記念木は3分咲きとなっています。見ごろは例年通り2月下旬から3月上旬。あ...  [詳細を見る]

あす3月並み花粉注意 週末冬で雪注意

2月19日 16時35分

あす(20日:火曜)は関東地方は雪や雨は降らず、日中は晴れて3月上旬並み。花粉症の方は対策万全に。週後半は再び真冬の寒さで雪の心配ありです。  [詳細を見る]
札幌市北区の上篠路雪堆積場(2018年02月02日)撮影:日本気象協会北海道支社 蝦名生也

北海道 多雪地帯はなだれに注意

2月19日 12時51分

今日(19日)の北海道は、午後も道北では雪が降りやすく、道央や道南などでも雪の降る所があるでしょう。道北や道央の内陸の積雪は平年の約1.6倍...  [詳細を見る]

雨雲や雪雲 予想ほど陸地にかからず

2月19日 12時22分

あす(20日)にかけて本州の南を低気圧が東へ進むことで太平洋側は広く雨や雪を予想していましたが、雨雲はほとんど陸地にかからず経過しそうです。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

20日08:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ