トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 台風18号 列島縦断へ 接近前も大雨

台風18号 列島縦断へ 接近前も大雨

2017年9月14日 16時45分

吉田 友海吉田 友海
[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員

非常に強い台風18号は15日(金)に進路を東よりに変え、3連休は日本列島を直撃の恐れ。秋雨前線の影響で、接近前から大雨の恐れもあります。

◆台風18号 進路と特徴

宮古島に猛威を振るった台風18号は15日(金)には東シナ海で次第に進路を東よりに変えて、17日(日)は強い勢力で、暴風域を伴ったまま九州に接近または上陸の恐れがあります。その後、予報円の中心を進めば、西日本を縦断し、日本海から東北、北海道へと進む予想で、3連休は各地で大荒れの天気となる恐れがあります。

また、本州の南岸沿いには秋雨前線も停滞する見込みで、台風の接近前に九州から関東の太平洋側を中心に雨量が多くなる恐れもあります。

◆各地の警戒ポイント

【九州】九州は前線の影響で15日(金)は雨が降り、激しい雨の降る所があるでしょう。16日(土)も雨が降り続き、雨脚が強まりそうです。17日(日)には台風本体の活発な雨雲がかかり、雨量がさらに多くなるでしょう。暴風が吹き荒れ、大荒れの天気となる見込みです。ベランダの飛ばされやすいものはしまっておいたり、食糧の買い出しをしておくなど、早めの台風対策を心掛けて下さい。

【四国~近畿】16日(土)には前線の影響で雨が降るでしょう。太平洋側を中心に湿った空気が流れ込み、雨量が多くなる恐れがあります。17日(日)は次第に台風本体の活発な雨雲がかかるでしょう。風も強まり、大荒れの天気となる恐れがあります。交通機関に影響がでる可能性もあり、注意が必要です。

【東海~関東】16日(土)の午後は前線の影響で雨が降りだすでしょう。17日(日)にかけて雨が降り続き、大雨となる恐れがあります。湿った空気の流れ込みが続き、18日(月)にかけて雨で、さらに雨量が多くなる恐れがあります。17日(日)夜から18日(月)の午前中にかけては風も強まりそうです。なお、台風が予報円の東側のコースを進む場合は、台風が直撃して、大荒れの天気となる恐れもあります。

【東北・北海道】18日(月)は台風の接近や上陸に伴い、広く雨や風が強まり、大荒れの天気となる恐れがあります。交通機関への影響にも注意が必要です。

各地、海上は大しけや猛烈なしけとなる見込みですので、海岸付近にはむやみに近づかないようにして下さい。

※なお、この情報は14日現在の資料をもとに作成しています。台風の進路によって、影響を受ける期間は変わってきます。今後も最新の台風情報にご注意下さい。大荒れが予想される期間は自治体から出される避難情報などにも注意をするようにして下さい。

(2017年9月14日 16時45分)

最新の5件

冬の嵐 交通障害注意 太平洋側も雪雲 NEW!

11月18日 18時35分

19日(日)は冬の嵐で、北日本の日本海側は大雪や吹雪の恐れ。北陸から山陰、九州北部も山は積雪が予想され、交通障害に注意が必要です。東北など太...  [詳細を見る]

冬が来た! 冷気に包まれる日本列島

11月18日 17時32分

日曜日は真冬並みの強烈な寒気が入り、今シーズン一番の寒さになる所が多いでしょう。全国的に北西の季節風が強く、寒さが身しみそうです。  [詳細を見る]

今季一番の寒さ 名古屋10度に届かず

11月18日 16時12分

きょう18日、関東から中国地方は曇りや雨で、最高気温は今シーズン一番低い所が多くなりました。名古屋の午後3時までの最高気温は9度8分と、今シ...  [詳細を見る]

西から北よりの風が強まってきました

11月18日 14時53分

きょう18日は、九州や中国地方など低気圧や前線から離れた所は北よりの風が強まってきました。今夜にかけては、さらに広い範囲で北または西よりの季...  [詳細を見る]
今朝(18日) の札幌中心部 撮影:日本気象協会 森 和也

北海道 嵐のあとは冬将軍!

11月18日 12時6分

今朝(18日)の道内は、札幌を含めた道央圏などで雪が降り、一面冬景色で驚いた方も多かったかもしれません。日付が変わる頃まで雪がなかった札幌市...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

18日20:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ