トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 台風18号 列島縦断へ 接近前も大雨

台風18号 列島縦断へ 接近前も大雨

2017年9月14日 16時45分

吉田 友海吉田 友海
[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員

非常に強い台風18号は15日(金)に進路を東よりに変え、3連休は日本列島を直撃の恐れ。秋雨前線の影響で、接近前から大雨の恐れもあります。

◆台風18号 進路と特徴

宮古島に猛威を振るった台風18号は15日(金)には東シナ海で次第に進路を東よりに変えて、17日(日)は強い勢力で、暴風域を伴ったまま九州に接近または上陸の恐れがあります。その後、予報円の中心を進めば、西日本を縦断し、日本海から東北、北海道へと進む予想で、3連休は各地で大荒れの天気となる恐れがあります。

また、本州の南岸沿いには秋雨前線も停滞する見込みで、台風の接近前に九州から関東の太平洋側を中心に雨量が多くなる恐れもあります。

◆各地の警戒ポイント

【九州】九州は前線の影響で15日(金)は雨が降り、激しい雨の降る所があるでしょう。16日(土)も雨が降り続き、雨脚が強まりそうです。17日(日)には台風本体の活発な雨雲がかかり、雨量がさらに多くなるでしょう。暴風が吹き荒れ、大荒れの天気となる見込みです。ベランダの飛ばされやすいものはしまっておいたり、食糧の買い出しをしておくなど、早めの台風対策を心掛けて下さい。

【四国~近畿】16日(土)には前線の影響で雨が降るでしょう。太平洋側を中心に湿った空気が流れ込み、雨量が多くなる恐れがあります。17日(日)は次第に台風本体の活発な雨雲がかかるでしょう。風も強まり、大荒れの天気となる恐れがあります。交通機関に影響がでる可能性もあり、注意が必要です。

【東海~関東】16日(土)の午後は前線の影響で雨が降りだすでしょう。17日(日)にかけて雨が降り続き、大雨となる恐れがあります。湿った空気の流れ込みが続き、18日(月)にかけて雨で、さらに雨量が多くなる恐れがあります。17日(日)夜から18日(月)の午前中にかけては風も強まりそうです。なお、台風が予報円の東側のコースを進む場合は、台風が直撃して、大荒れの天気となる恐れもあります。

【東北・北海道】18日(月)は台風の接近や上陸に伴い、広く雨や風が強まり、大荒れの天気となる恐れがあります。交通機関への影響にも注意が必要です。

各地、海上は大しけや猛烈なしけとなる見込みですので、海岸付近にはむやみに近づかないようにして下さい。

※なお、この情報は14日現在の資料をもとに作成しています。台風の進路によって、影響を受ける期間は変わってきます。今後も最新の台風情報にご注意下さい。大荒れが予想される期間は自治体から出される避難情報などにも注意をするようにして下さい。

(2017年9月14日 16時45分)

最新の5件

「強烈寒波」 23日以降大荒れ

1月20日 18時40分

関東に雪をもたらす南岸低気圧は、23日(火)にかけて急速に発達。その後、冬型の気圧配置が強まる。雪の範囲は日本海側へ移り、大雪になる所も。全...  [詳細を見る]
2014年2月14日の大雪(練馬区内にて撮影)

月曜の関東 雪の降る時間と影響は

1月20日 16時55分

22日(月)の関東地方は、早い所では昼頃から本格的に雪が降りだし、夜の帰宅時は平野部でも積雪か。23日(火)朝の通勤時も凍結や積雪により交通...  [詳細を見る]

「南岸低気圧」 大雪のおそれ

1月20日 16時3分

22日(月)は南岸を通る低気圧の影響で、関東や東北の太平洋側を中心に雪となりそうです。関東では平野部でも積雪、東北の太平洋側では夜は雪でふぶ...  [詳細を見る]

「大寒」だけど3月並み 春の陽気

1月20日 15時27分

きょう20日(土)は二十四節気のひとつ「大寒」ですが、きょう20日の最高気温は全国的に平年と同じか高く、3月並みの気温となった所が多くなりま...  [詳細を見る]

月曜 都心でも積雪か 交通の乱れ注意

1月20日 12時20分

穏やかな週末から一転、22日月曜日は関東の沿岸部では荒れた天気に。平野部でも積雪の可能性が高くなっています。通勤通学の時間帯は問題なくても、...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日02:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ