トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 台風5号 奄美~西日本に接近、上陸か

台風5号 奄美~西日本に接近、上陸か

2017年8月3日 16時38分

吉田 友海吉田 友海
[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員

非常に強い台風5号は奄美地方にかなり接近、その後、九州など西日本に接近、上陸の恐れ。動きがゆっくりで、影響が長引く恐れがあります。

◆台風5号の進路と特徴

台風5号は暴風域を伴って、5日(土)にかけて、奄美地方にかなり接近し、その後、向きを北よりに変える予想です。その後の進路はまだ予報円が大きく、幅があるような状況ですが、昨日までの予想よりやや東よりに変わり、予報円の中心を進めば九州を縦断する恐れがあります。

台風5号の特徴は、今後も海水温の高い海域を進むため、「非常に強い勢力」を保って、奄美付近にかなり接近する恐れがある点。また、動きがゆっくりなため、影響が長引く恐れがあるという点です。

◆各地の警戒点・注意点

【奄美】4日(金)の午後から暴風域(風速25メートル)に入る恐れがあります。5日(土)にかけて走行中のトラックが横転してしまうような暴風が吹き荒れる恐れがあります。次第に台風本体の活発な雨雲やカミナリ雲もかかり、非常に激しい雨の降る所もあるでしょう。海上は猛烈なしけになる見込みですので、海岸付近には近づかないようにして下さい。台風の動きが遅く、大荒れの天気が長い時間続く恐れがあります。

【沖縄】本島地方は5日(土)から風が強まり、海上は大しけとなるでしょう。台風の外側の雨雲がかかり、雨や雷雨になりそうです。

【九州~近畿】台風の接近前から台風周辺の湿った空気が流れ込むでしょう。4日(金)から5日(土)にかけて、太平洋側を中心に所々で雨雲やカミナリ雲が発達する見込みです。局地的な大雨に注意が必要です。6日(日)から7日(月)にかけては九州を中心に台風本体の活発な雨雲がかかる可能性があります。先月発生した九州北部豪雨で被災した地域も再び大雨となる恐れがあり、警戒が必要です。風も強まり、大荒れの天気となる恐れもありますので、交通機関への影響にもご注意下さい。海上は、しばらく、うねりを伴った高波に注意が必要です。

※この予想は3日の資料をもとに作成しています。台風の進路によっては影響が大きく変わりますので、最新の台風情報をご確認下さい。日直予報士でも随時、最新情報をアップします。

(2017年8月3日 16時38分)

最新の5件

図の中にサンタは何人いるかな??

冬将軍が一時休憩 あすは再び力を発揮 NEW!

12月16日 8時7分

16日、関東甲信越や東北で寒さ少し緩む。そのほかは寒さ続く。17日、再び寒気。全国で一段と寒さ厳しく。  [詳細を見る]

平年4倍の積雪も 週末は再び冬の嵐

12月15日 18時36分

今週前半の寒波の影響で、日本海側は積雪が急増し、平年の4倍もの積雪の所があります。16日、土曜日の夜から17日、日曜日にかけては再び冬の嵐に...  [詳細を見る]

11月の世界平均気温 過去3位

12月15日 17時49分

気象庁は14日、2017年11月の世界の月平均気温を発表しました。平年より0.30度高く、1891年の統計開始以来、3番目に高い値となりまし...  [詳細を見る]

今年は関東でホワイトクリスマス?

12月15日 16時35分

今年、ホワイトクリスマスになるのはどこか、最新情報です。関東の一部で雪が降る可能性があり、都心でもサンタさんから雪のプレゼントがあるかも?  [詳細を見る]
池袋サンシャインからの様子

よどむ 東京都心 逆転層で

12月15日 14時44分

今日(15日)の東京都心は下層ほど空気がよどんでいます。風が弱いうえに、地面付近が冷えて、地上より上空の気温の方が高く、逆転層になっているた...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

16日06:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ