トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 火曜から水曜 梅雨入り後一番の雨量か

火曜から水曜 梅雨入り後一番の雨量か

2017年6月19日 18時40分

吉田 友海吉田 友海
[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員

20日(火)以降、活発な梅雨前線は次第に北上。20日(火)は九州で、21日(水)は関東にかけて大雨のエリアが広がるでしょう。非常に激しい雨や猛烈な雨の恐れも。沿岸部を中心に風も強まりそうです。

◆梅雨前線 本州付近へ

19日(月)も梅雨前線は沖縄付近に停滞しました。沖縄には活発な雨雲がかかり、那覇では昼過ぎに1時間に40ミリ以上の激しい雨が降りました。

20日(火)からは次第に活発な梅雨前線は本州付近に北上し、大雨のエリアは西日本や東日本へ移りそうです。特に暖かく湿った空気が入りやすい太平洋側を中心に非常に激しい雨猛烈な雨の降る恐れがあります。非常に激しい雨や猛烈な雨とは傘が全く役に立たないような雨で、土砂災害や川の増水の恐れがあるほか、都市部では地下街に雨水が流れ込んだり、マンホールから水が吹き出ることもあるような降り方です。梅雨入り後、一番の雨量となる恐れがありますので、警戒が必要です。

◆各地の警戒・注意ポイント

九州は、20日(火)は南部では朝から、北部も午後は次第に雨が降るでしょう。南部を中心に夕方以降は非常に激しい雨の降る恐れがあります。21日(水)も断続的に雨が降り、降り始めからの雨量が200ミリを超すような大雨となる恐れがあります。
四国、中国地方は20日(火)の夜になると雨が降り出し、次第に雨脚が強まるでしょう。雨のピークは21日(水)の午前中で、雨量が多くなる恐れがあります。
近畿、東海は21日(水)は広く雨が降り、日中が雨のピークとなるでしょう。ザーザー降りや土砂降りの雨となり、傘をさしていてもぬれてしまうような雨が降りそうです。雨量が多くなる恐れがあり、注意が必要です。
関東は20日(火)までは晴れて暑いでしょう。21日(水)は昼頃から雨で、次第に雨、風ともに強まるでしょう。お帰りの時間帯は交通機関の遅れなどの影響に注意が必要です。22日(木)の明け方にかけて活発な雨雲のかかる可能性があります。
北陸、東北も21日(火)は次第に雨が降るでしょう。その後も北陸を中心に雨の降る日が増えて、梅雨入りの一つのタイミングとなりそうです。

(2017年6月19日 18時40分)

最新の5件

真冬並みの寒さの日曜日

12月16日 18時32分

あす17日(日)は、日本付近は冬型の気圧配置となり、上空1500メートル付近にはこのまえと同レベルまたは、この冬一番の寒気が流れ込む見込みで...  [詳細を見る]

日曜 日本海側で大荒れ 交通に影響も

12月16日 16時37分

あす(17日)日曜日は、日本海側で大雪に警戒が必要。暴風が吹いて大荒れの天気になる所もありそうです。  [詳細を見る]

関東南部 南風で気温上昇

12月16日 15時34分

日本の南の海上を進む低気圧の影響で、関東南部には暖かい空気が流れ込んでいます。南風が強く吹きこんだ、神奈川県や千葉県では最高気温は15度以上...  [詳細を見る]
富士山に笠雲(12月16日) 写真はテレビ山梨さま提供 富士河口湖町から撮影

富士山に「笠雲」 これは何のサイン?

12月16日 12時44分

16日(土)昼ごろ、富士山に笠雲がかかりました。「富士山が笠をかぶれば近いうちに雨」ということわざがあります。ことわざ通り、このあとは、太平...  [詳細を見る]
昨日(15日)の札幌中心部の歩道 撮影:日本気象協会北海道支社 杉山友衣可

北海道 年末にかけて要注意!

12月16日 8時42分

今週の札幌は、日中はプラスの気温で氷の表面が解け、朝晩は氷点下で凍結するという日が多く、つるつる路面でこわい思いをした方も多かったかもしれま...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

17日04:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ