トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 関東 今週前半 雨や雪、荒天も

関東 今週前半 雨や雪、荒天も

2017年3月12日 18時38分

吉田 友海吉田 友海
[日本気象協会本社] 気象予報士

関東地方は晴天は続かず、13日(月)は沿岸部を中心に雨。14日(火)から15日(水)は雨で、雪のまじる可能性も。沿岸部を中心に風も強まり、荒れた天気となるでしょう。

◆関東 雨や雪 強風も

12日(日)は関東地方は穏やかに晴れましたが、今週前半は雨や雪が降ったり、風が強まる日もあるでしょう。

13日(月)は気圧の谷の影響で、雲が広がりやすく、千葉県など沿岸部では雨が降る見込みです。内陸部でも朝晩を中心に所々で雨が降るでしょう。急な雨にぬれないよう外出の際は折り畳み傘をお持ちになると良さそうです。

14日(火)から15日(水)は低気圧が本州の南の海上から東へ進むでしょう。関東地方には湿った空気が流れ込みやすい上に、上空には一時的に強い寒気が流れ込んでくる見込みです。関東地方は14日は次第に雨が降り、気温の下がる14日の夜から15日の朝は標高の高い所を中心に雪の降る所もありそうです。路面の凍結する所もありそうですので、車の運転はご注意下さい。平野部でも一時的に雪のまじる可能性があります。今のところ、平野部で雪の積もる可能性は低いですが、今後も最新の気象情報をチェックして下さい。
また、15日は、低気圧が関東の東の海上で発達するため、関東では沿岸部を中心に北風が強まり、荒れた天気となる可能性もあります。15日は気温の上がり方が鈍い上に、冷たい北風が吹きつけて、冬のような寒さになるでしょう。

3月も中旬ですが、まだ雪の降る可能性があったり、冬のような冷たい北風が吹きそうです。寒さ対策をしっかりとなさって、体調を崩さないようお気をつけ下さい。

(2017年3月12日 18時38分)

最新の5件

26日午前9時の予想天気図

九州雨量増加 来月梅雨前線日本海へ

6月25日 18時33分

25日(日)は、梅雨前線の影響で、九州や四国の沿岸部、紀伊半島の一部の主に西日本の太平洋側で大雨になりました。同日未明には、和歌山県で記録的...  [詳細を見る]
雨が強まった札幌(2017年6月25日) 撮影:日本気象協会北海道支社 岡本肇

今月の札幌 107年ぶりの大雨に!

6月25日 17時37分

今日(25日)の北海道は、付近を通過している低気圧の影響で広く雨が降り、札幌でも昼頃には雨脚が強まりました。 今月の札幌は、今日の午後3時の...  [詳細を見る]

今週の天気 梅雨空続き蒸し暑い

6月25日 16時36分

今週は、前半は九州から関東甲信・北陸で梅雨空、後半は東北も梅雨空に戻りそうです。湿度が高く、蒸し暑い日が続くでしょう。  [詳細を見る]
土砂災害や河川の氾濫などに警戒

大雨続く 土砂崩れ、川の氾濫に警戒を

6月25日 8時30分

全国的に雨の日曜日。九州から東海は局地的な大雨。関東も沿岸部の一部で激しく降る。北海道も雷を伴う所あり。  [詳細を見る]
紀伊半島の雨雲の様子

和歌山県で記録的短時間大雨

6月25日 4時1分

和歌山地方気象台は、和歌山県内で記録的短時間大雨を観測したと発表しました。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

26日04:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ